あけおめ!なのに、えっ…いつまで?クリスマス飾りinダブリン

Happy new year!!

あけましておめでとうございます。

去年は退社・留学と大きく生活が変わり怒涛の一年でした。

すぐ物事を忘れてしまうので、こうして記録でき、

さらにはブログを通してたくさんの方と交流でき、とても楽しい一年でした!

今年もそれを超える勢いで楽しめたらなと思います。

いつもお付き合いありがとうございます!

これはCustomhouse前で行われたカウントダウンの様子…なんだけど、

10カウント前から急に強めの雨が降り出して、おまけに強風だし、

つまりいつものDublin weather だったので

「あぁ…私今ダブリンにいるわね…」

と実感。。。(嬉しくない)

 

また、時差でダブリンは日本より9時間遅れているため、

日本の方がだいぶ早く2018年を迎えていたのですが、

「日本は未来にいるのね!」

と言われることが多くて、その響きがなんだかSFっぽくてお気に入りでした。

 

 

さて、新年早々時は戻って2017

それは12月27日の出来事…

我がホテルは営業はしていないものの掃除のために出勤。

クリスマス飾りを撤去するのかな?

と思いきや、せず

普段通りのことをして終了。

 

えっ…ではクリスマス飾りはいつまで…?

こいつら…

Lazyだとは思ってたけどここまでとは…???

 

と呆れながら恐る恐る同僚に確認したところ

同僚「何言ってるの?

   1月6日までは片付けちゃダメなんだよ!

 

ええー!!!

 

知らなんだ

 

なんでも

イエスの生誕は12月25日だけど、そのお祝いに三人の博士がキリストの元を訪れたのが1月6日だった。

とか

イエスが洗礼を受けた日が1月6日だった。

とか。

いずれにせよ、12月25日から1月6日までの12日間がクリスマスと捉えられているようです。

 

なーんだ、Lazyじゃなかったのね。

ごめんなさいね。

 

ちなみにこれはダブリンCity centreのど真ん中

Spireの横のクリスマスツリー

これは我がレストランのツリー

これはどうぶつの森のツリーです。

あんなにバタバタと飾り付けを変えるのは日本くらいなのかしらね。

クリスマスからお正月への衣替え(?)めちゃ忙しないものね。

いかに日本でのクリスマス文化が後から浸透したものか実感した一日でした。

 

年明けたものの、おせちも除夜の鐘も紅白もないお正月は、

交わす「Happy new year」以外で大した実感もなく…

(まして街はクリスマスのママだし)

日本の静かなお正月が恋しいティーミオでした。

 

今年もできるだけ楽しいブログを書いていきたいな。

よろしくお願いします!