日記

去年、6か月間の海外滞在中、
日記を書いていました。

英語教室をどんなものにしようと考えていた時、この日記をかなり読み返しました。

そんなチャレンジをして何になるの?と言われるようなチャレンジにめっちゃ学びがある
アヒルの卵、食べてやったぜ~!
太陽でろ!

とか。色々書いてありました。

もっといいこと書いてあるんだけど、埋もれちゃって見つからなかった。

日記では、日々感じたことをそのまま書いていました。
変に学びにはしませんでした。

だから、臨場感たっぷりです。感動とか愚痴とか、喜怒哀楽がすごい出てる。
不思議な感覚だけど、今読んでみると、生きてるね~!!と思います。

やっぱり帰国してしばらく経つと
日常の中で、どんどん忘れて行ってしまうんだな、と実感しております。

いい思い出 の一言になってしまうというか。
それはそれで素敵なんだけれど、仕事で生かすには、書いといてよかった~!!と心底思ってます。

日記から背中を押してもらえる時もあります。

去年帰国した2月17日、日記の最終ページには、

『夢が叶いました。叶うもんですね。』とありました。

うえい!いいこと言うね!1年前の自分に背中を押してもらえた今日でした。