英語教室のなまえ

Liliです。

英語教室の名前が決まりました!

JAM’s English

ジャムズイングリッシュです。

JAMというのは音楽用語で
ミュージシャンが集まって準備なしに一緒に即興で演奏を行うことの意味があります。
違うメロディや音がまじりあい、それぞれの表現によって、新しくてすごい音楽が生まれちゃうかもしれない。わくわくしますね。

そんなJAMで生まれる音楽のように
子どもたちに、型にはまった誰かのまねやお勉強の英語ではなく
自分の英語に自信をもって使い、海外の人との出会い・交流を楽しんでほしい。

そんな思いを込めて決めました。

去年、世界に出てみて感じたのは、

世界にはいろいろな英語を使う人たちがいて、どれが正しくてどれが正しくないということはなく
英語は違っていい。違った方が、オモシロイ。
日本人が話す英語だって、ジャパニーズイングリッシュとまとめず
それぞれ違ってもいいんだとも思いました。日本国内のなまりみたいに。

JAMというのは、私の愛犬の名前でもあります。
むかしからこの響きも好きなんですよね。運命の名前だ、JAM’s English♪