アイルランドという国について-事前情報-

 

みなさんこんにちは!

Koheiです!?☀️

 

最近福島県は寒い日が続いていて雪も30cm強は積もってますよ!

上の写真は自分家の近くです!

田舎ですね(笑)

さてっ、今日はアイルランドの季節について書いていきたいと思います!(最後には僕が使っている教材もちょろっと?)

 

 

アイルランドに行くってことを周りに伝えると、アイスランドと勘違いされる方が結構いるなーって思いました!

国名を間違われるのはもちろん、「すごく寒いんでしょ?」とか、「雪はすごく積もるんでしょ?」とか!

 

その度にアイルランドのことを説明してたんですけど、改めてこのブログでも説明しますね(^^)!

 

 

アイルランドの首都ダブリンは北緯53度に位置し、こちらでいう樺太島ぐらいなんですよね!

想像すると寒そうですねぇ〜(>_<)

ちなみに今の時期の樺太島の平均気温・・・−20度前後 😆 笑

アイルランドのダブリンの平均気温・・・5度前後

 

その差25度(笑)

ではなんでこんなに暖かいのか?!

まず、アイルランドの気温のグラフから!

真冬でも氷点下を下回ることはないんですよね(^^)!

夏もそこまで暑すぎず!過ごしやすい気候じゃないですか!!!

実はアイルランドの近くには暖流(メキシコ湾流)が流れてるんです。暖流の影響で過ごしやすい気温を保ってられるみたいです。

暖流すげー(笑)

実は隠れた避暑地的な場所なんですね☺️

そんなアイルランドなんですが、ひとつだけ難点が…。

 

 

雨が多い( ̄▽ ̄)

 

 

年間を通しても雨が多く、一時的に降る雨が多数とのこと!

だから傘は欠かせません!

 

以下でも詳細が載っていますのでぜひ!

アイルランド wiki 地理参照

 

 

そんなアイルランドでの服装についてなんですが、アイルランドは「1日の中に四季がある」と言われているほど天候がコロコロと変わります!

 

そのため、折りたたみ傘や雨具は常に持っていてもいいかもしれませんね!

 

ただ、年間を通しての服装についても書いていきます!

 

まず、

気温は10度前後で東京の3月ごろの気温。

長袖のシャツや薄手のコートなどがあればよし!

こんな感じ。

 

ついで

アイルランドは最も暑い日でも30度を超すことはありません。だいたい平均で15〜18度ぐらい。日中は半袖でもOKですが、夜は冷え込みますので羽織るシャツがあればいいですね!

こんな感じ。

 

そして

10度を下回る日もあるため、ニットやマフラーは必需品。日によってはコートがあってもいいかもです!

こんな感じ。

 

最後に

たまに氷点下を下回ることもあるため厚手のニット、コート、マフラー、手袋、靴下は欠かせません!

最高気温は5度前後。

こんな感じ。

 

いやー、やっぱり外国人のコーデは参考になりますね。

あ、趣旨が違うか。

 

 

でも、参考の服装は上記に書いてあるような内容プラス雨具や傘などです!参考程度に(^^)

 

 

ちなみに最後ですが、僕が使っている教材をちょろっと!

表紙からそそられますよね(^^)笑

これはフレーズで覚えていくので、頭の中で考えずにすっとフレーズが出て来ます!

発音もダウンロードできますのでいいですね!

また、内容も面白くて飽きずに進めることができますね(笑)

よかったらぜひ!

Amazon.co.jp 基本の78パターンで 英会話フレーズ800

 

インスタグラムも是非!

Instagram

大河原康平のInstagram

 

最後に!

もし留学に興味があるという方は以下のフォームで会社の方にお問い合わせください!

 

ではまた!

Kohei

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考