海外マックの実態に迫る!

すっかり久しぶりの更新になってしまいました!ちんともです!

 

帰国後は何をしてるかというと…

ニート就活生ですね。笑

 

予約しておいた面接に行ったり、OB訪問したりと学校もバイトもインターンも行ってないくせにあわただしい生活を送っていたのですが、実家に帰省してようやく落ち着いたのでブログ書いてます。

 

今回は知らない人はいない、あのグローバルファストフードチェーンは外国ではどんなかんじなのか!ということをレポートしていきます!

 

・買い方

・イチオシ商品

・ご当地商品

・サイズ

 

・買い方

 

オランダ記事ですこし触れたのですがヨーロッパのマックはほとんどでこういう機械が設置されてます!

 

これ最初オランダだけかと思ってたんですが、フランスでもほかの国でもそうでした!

ちなみに、バーキンとかKFCでもこうです笑

 

カード社会なので、この機械で選んでカードでお支払してから、レシートに書いてある番号を頼りにオーダーが出てくるのを待ちます。

 

キャッシュで買うこともできますが、ほとんどの人がカード払いです!

 

私もともと日本でカード滅多に使わなかったんですけど、帰ってきて、交通費カードで買えないのめっちゃ不便やなと思うようになってしまいましたね、、、(^_^;)

 

 

・イチオシ商品

 

インスタのストーリーにあげたりしたのですが、私のイチオシ商品はコチラです♡

マックフルーリーLotus!!

 

日本でマックフルーリーと言えばオレオとあとたまに期間限定とかしかありませんが、ヨーロッパではオレオの他に

 

Lotus

 

M&M’s

 

KitKat

などなどめっちゃ種類が豊富なんです~♡♡

 

 

わたしはLotus狂なのでずっとLotus食べていました笑

€3と少しお高めですが、カードで現金なくてもいつでも買えるということもありついつい買ってしまう、、

 

てか、これこんなにおいしいってことはバニラアイスとLotus合わせて食べたら絶対美味しいですよね!?

Louts好きさんはぜひやってみてください~♪

 

 

・ご当地商品

 

ヨーロッパ各国で、取扱商品にも若干の違いがあります!

 

あ、ちなみに余談ですけど、バーキンでは、日本で大好きだったハッシュドポテト入りのバーガーがどこにも売ってなくて相当悲しかったです。。

↑この右上のやつ

 

で、マックの話に戻りますが

たとえばフランスの朝マックではクロワッサンのセットがあったり、

オランダは自販機で販売されてるほどコロッケ(クロケッタ)が有名なのでコロッケバーガーがあったり。

  

外国のちょっとした違いとかを知るの好きな人は、ちょっとマックに酔ってみるだけで絶対面白いと思いますよ!!

 

 

・サイズ

 

海外のファストフードといえば気になるのがサイズ…

 

たしかに、オーストラリアとか行ったときはハンバーガーの大きさの違いにかなりの衝撃を受けましたが(笑)、

ヨーロッパでは意外と日本と変わらないサイズです(^^)

 

全般的に食べもののサイズを気にしなきゃいけないのは、アメリカやオーストラリアだけだと思います!カナダ行ったことないけわからんけど。。

 

ヨーロッパは細くてスタイルいい人も多いし、1食の量はそんなに多くないですよ★

 

 

いかがでしたか?

私はこういう日本にもあるものとの違いを発見するのが、海外行くのが好きな理由の1つだったりもします(*^^*)

 

次は、最後の更新になりますので皆さんに役立つコンテンツってよりは自分の想いを書こうと思ってるんですが、たくさんの人に見てもらえたらうれしいです…♡