【世界一周留学】【過酷】それでも行くべき世界最古のナミブ砂漠と注意点

 

どうもみなさんこんにちは!!
世界一周中のともひろです!!

 

今回はナミビアの世界遺産、世界最古の砂漠ナミブ砂漠に行って参りました。
ナミブ砂漠の様子と行き方、注意点などなどを書いていこうと思います。

 

ナミブ砂漠の行き方

ナミブ砂漠に個人で行くにはおそらくレンタカーで行く人が多いと思います。
ナミブ砂漠に入るには、セスリムという街のセスリムキャンプサイトにまず入らなければいけません。

 

ナミブ砂漠へのゲートがこのセスリムキャンプサイトの中にあり、このセスリムキャンプサイトのゲートも朝と夜に閉まるので、ここに泊まらないと朝日と夕日は見ること我で来ませんので注意しましょう。
宿泊施設は周辺にいくつかありますが、ナミブ砂漠を見るために来たのなら、このセスリムキャンプサイト一択です。

 

また、セスリム周辺は道路がなかなか劣悪な未舗装の道路なので、注意して運転してください。
僕らもハンドルが奪われて危ないことになりました。

 

ナミブ砂漠に入ることが出来たら、Dune45は4駆でなくてもいけますが、デッドフレイとソーサスフレイは4駆じゃないと途中までしかいけないので、途中で有料のバギーに乗り換えないと行けません。

 

ナミブ砂漠めちゃ楽しい

ナミブ砂漠の様子はこんな感じです。

 

 

 

 

砂漠はでっかい砂丘に登って「うおらぁぁぁぁぁああああ!!!」想いっきり降りるのがめっちゃ楽しいです。
買ったばっかりのスニーカーが砂まみれになっちゃいました。

 

しかも、砂漠って思っていたより植物も生き物もいるんですよね。自然科学も体感することも多かった。
ヨーロッパの森のようちえんに対抗して、アフリカは砂漠の幼稚園とかもありそう。

 

 

これはセスリムのキャンプサイトの夜景。
ナミブ砂漠は世界で三ヶ所しかないゴールドティアという星空がめちゃきれいな場所に認定されていますが、キャンプサイトからは光もあってそこまで見えんかったです。

 

ナミブ砂漠の注意点

ナミブ砂漠の注意点は、朝日と夕日が見たいなら、まず最初に言ったセスリムのキャンプサイトに必ず泊まることです。

僕らは近くの別の宿を予約してしまっていたので、セスリムのキャンプサイトとダブルブッキングせざるを得ない状況になってしまいました。

 

なので、車だけセスリムのキャンプサイトに泊めて、寝床だけもう一方の宿に行こうとしましたが、ゲートが閉まると別の宿にいくことができませんでした。最悪寝にいくことは出来そうでしたが、翌日の朝はゲートが開くまで入ることは出来ないとめっちゃ止められました。

 

また、ブログを見ていると2駆のレンタカーをしている人が多く、ぼくらもそうしましたが、出来れば4駆を借りることを強くおすすめします。

 

理由は4駆じゃないと本当に不便で本当に危ないです。
僕らは事故こそありませんでしたが、事故率75%はうなづける道路でしたし、砂漠には何回かハマって大変な思いをしました。

 

しかも、2駆でナミブ砂漠に来ている車もほとんどいません!!

 

安さも大切ですが、安全と快適さを考えると4駆がいいです。
もし、直接ナミブ砂漠行きの相談を受けたら絶対に4駆をすすめます。

 

まとめると、
・朝日と夕日を見るなら、セスリムキャンプサイトを必ず予約。
▶︎https://www.nwrnamibia.com/sesriem.htm
・セスリム周辺の道路は劣悪で、ほんとに事故るのでゆっくり走る。
・値段は高いけど、4駆のほうが絶対良い。

 

という感じです。

 

というわけで、ナミブ砂漠はすごく壮大かつ綺麗で楽しいけど、行くなら細心の注意を払って行って下さい!!

 

それでは!!

 

前回の記事

【クレイジージャーニー】ヨシダナギさんも訪れたナミビアのヒンバ族に会いに行く