【アイルランド留学】私、27歳だった〜ワーホリ後を考える①〜

こんばんは、こちらでは初めまして、ティーミオです!

この記事からブログを移動しました。

自己紹介記事はココ

今までのブログはコチラ

 

アイルランドでワーホリ生活11ヶ月目、そろそろ帰国が迫っています。

そんななのに、帰国後、どうするか決めていない、むしろ、見失っている、自分を!

 

これがワーホリロス…

(あるのか知らない)

 

バイト先の同い年3人とこの前、「私たちもうalmost 30だね」って話をしたんです。

そこで、そうだよね〜26歳だもんね〜って何気なく話してたら

「何言ってんのミオ、私たち、27歳じゃない」って

 

ま〜たブラジル人はすーぐ人をからかうんだから…と信用してなかったんですけど、

ハハハ…

2017-1990してみたら、あら本当、

 

私、27歳だった。

 

今の私にぴったりな画像

 

猿も木から落ちる。

ツリーも強風に倒れる。

ミオもアラサーになる。

 

はあ…マジ卍…(言葉だけでも若返りを図る)

 

ちなみに

将来何がしたいかわからなくなっちゃったよ、と彼氏に相談したら

彼氏「まあミオはまだ26だからね〜」

 

この人も間違ってた。

 

27歳。

なんだか重たい響きです。

 

転職、結婚それから、妊娠出産と、友人たちも色々奮闘しております。

経験したことのある年齢には戻れないから、いつも「自分も◯◯歳かあ」という感覚になりますが

年齢の話は人生を考えるいいきっかけになりますね。

 

夢とか目標は作れるけど、例えばそれを叶えたら幸せなのかっていうと、

それはイコール幸せとはならないんじゃないかって最近思うんですよね。

 

それよりもっと、毎日をどれだけ満足して過ごせるか。

日常の中にどれだけ楽しいことを詰め込めるか、

そういう生活の充実度を上げていくことが、自分の求めているものなんじゃないか。

 

 

とはいえ、達成感と充実感を得るための目標は、生活にハリを出すために必要だと思う。

 

そして生活するにはお金を稼がなくてはいけない。

自分が満足できる理想の生活をどうすれば送れるのか、

何が自分にとって居心地のいい生活なのか。

 

「ワクワクする」「ワクワクしない」

「面白い」「面白くない」

だけで突っ切ってきた20代前半を、振り返る時期にあるのかなと思います。

 

 

・・・

 

 

とかしみじみ書いたけど今ダブリン体感温度-9℃とか極&寒なもんで、

どうしても冬モードになってるだけで、また夏になったら

「イエーーーイ今を生きるーーーーー!!!!!刺激が欲しいぜ旅に出る!!!」

みたいに言ってそうなんだけどねー!!!!

 

という今回はしょっぱなからジメッとした記事でした。

だって寒いんだもん

冬季鬱だよもう。

 

次回はスペインの記事に戻るよ!

またね〜!!!!!!

 




留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考