One project

夢に溢れた国に行ってみたくないわけがない!~Sakanaが考えるアメリカ留学の魅力~【夢追いOneのSakana’s Life】

 お久しぶりの更新になってしまいました 😥 

 2017年も今日で終わりです。

 時が過ぎていくのは本当に早い!

 みなさんにとってこの一年はどんな一年だったでしょうか。

 私の今年の一文字は、「乱」です。

 波乱万丈の乱です。

 私生活から仕事までいろんな波乱があった1年だったなと思います。

 辛い波乱もあれば、嬉しい波乱もあり。

 Oneprojectに選考していただいて、こうしてブログ更新をしたり、自分を発信する場を得たことは、嬉しい波乱ですね 😀 

 さて、そんな一年の締めくくりに、アメリカ留学の魅力について綴ってみたいと思います 😛 

 

 題して、

『Sakanaが考えるアメリカ留学の魅力!』

をお送りします。(ラジオパーソナリティみたい。なんちゃって)

 さて、

 私、Sakana的にアメリカといえば、

  ~自由~

  ~個性的~

  ~壮大~

  ~ユーモラス~

  ~アメリカンドリーム~

こんな感じです。(抽象的~w)

 みなさんが思うアメリカといえばはなんでしょう?

 アメリカといえば例えば...

  映画の本場 ハリウッド

  ミュージカルの本場 ブロードウェイ

  野球の本場 メジャーリーグ

  流行の最先端 ニューヨーク

  夢見るカジノ ラスベガス

  テクノロジーの最先端 シリコンバレー

いろいろありますよね!

 どれも自由で個性的で壮大で夢に溢れている!

 なぜなのか...私は考えました、

きっと国の成り立ちからなのだと!(笑)

 世界史で習ったとおり、アメリカ合衆国は、アメリカ大陸に移住した人々が作り上げ、独立した国です。

 そして、様々な人種や文化の集合体だともいえると思います。

 それぞれの人たちが、独立するために、自由になるために、それぞれの文化を繁栄させ、新しい文化を生み出し発展させてきた。

 そういう背景があるからこそ、今私たちがイメージする憧れを抱くアメリカの姿があるのだと思います。

 私は、アメリカを詳しく知っているわけでも何でもないけれど、私は『アメリカ』と聞いただけで、

 【夢を抱くのも、追うのも自由、何かを作り出すのも自由、人と違ったっていいじゃないか、せっかくの人生でっかく楽しく生きようぜ!】 

という、大きいパワーを感じる!!

 いままでにアメリカに滞在したのは、高校時代のたった三週間しかありません。

 でも、その滞在した三週間は、日本にいるときの殻に閉じこもっていて、他の人と違うことに恐れる自分から解放されていました。

 これはやっぱり、アメリカの空気を吸って、現地に住む人たちと過ごし、自由な文化に触れていたからだと思うんです。

 私のように、夢を抱いてアメリカに集まる人たちがたくさんいます。

 そういう国だから、夢を持った人たちが集まる国だからこそ留学する意味があると私は思っています。

 アメリカに行けば変わるものではないけれど、たくさんのドリーマーや、アメリカ独特の文化に揉まれながら、何かに染まるんじゃなく、自分もそこで個性を出していく。

 そういう留学ができれば、一皮も二皮も剝けて、自分らしい自分になれるんじゃないか、夢を追う覚悟が度胸が勇気がつくんじゃないかと思うのです。

 いや、絶対に変わるんです。

 

~個性を殺さない、そして個性を強みにできる留学~

 

 それが、 アメリカ留学最大の魅力 だと私は思います!!

 

 留学といっても、いろいろな留学があって、それぞれの目的があるように、アメリカ留学の魅力も理由も、アメリカ留学する人の数だけあるはず。

 留学の魅力は、この記事をここまで読んでくださったみなさんなら自分なりに感じているものがあると思います。

 私は幸運にも、7代目アメリカOneとしてアメリカに留学し、こうして発信する機会を頂いています。

 だから、来年の秋からアメリカに行ったときには、私が感じた 生のアメリカ留学の魅力 を惜しげもなく発信していきますので、今後もブログをチェックしてもらえたら嬉しいです!

 

 それでは、みなさん

よいお年をお過ごしください!! 😀 

instagram ⇒ @0_kana_sato_0

👆コチラもよろしくお願いします🙋


Sakana

投稿者の記事一覧

【Oneproject 7代目アメリカOne】🇺🇸

仕事を辞めて夢を追いかける、社会人留学🗽

blog ⇒【夢追いOneのSakana's life】✍️

秋からアメリカへ留学します!

1995年生まれ/福島県出身

Hobby⇒舞台鑑賞、写真を撮ること、神社巡り、カフェ巡り

《SNS》
instagram→ @0_kana_sato_0
twitter→ @0_kana_sato_0

👆コチラもお気軽に♪👆

関連記事

  1. レコードショップ番外編
  2. ここまでやれる?ドンズー式勉強法とは!?
  3. 【人妻留学】一生に一度はするべき!本気でオススメしたいアメリカ横…
  4. CNE1の施設とルームメイトを勝手にご紹介っ!
  5. [留学のカタチ]NGOCatalyst/法政大学4年 一場翔貴さ…
  6. One project~まだ間に合う!!~
  7. 🤺🐨~ロンドンでの出会いと生活!!①〜🐶🍚
  8. アメリカ留学〜サウス・リム・ビレッジ〜

ランダム 運命の10記事

無料留学 One project〜GNIB外国人登録〜

こんにちは!今日は今は無き 外国人登録の長蛇の列について まとめてみました(o^^…

【シドニー留学】La Lingua language schoolってどんなところ?

こんばんは☆/イルミネーションに行ってきました\もうすぐクリスマスですね!この時期は…

あまり必要のなかった荷物はこれ!

こんにちは、アキナです!最近、荷…

オンライン英会話② 〜 English Central 〜

こんにちは!ミイです :-Dオン…

留学までに日本でできることって🤔?

9代目オーストラリアoneのSAEです💁🇦🇺💗休みの…

脳に働き掛ける「リプロ」トレーニング-英語学習-医学生SuzuBLOG⑦

こんにちは!Suzuです! :-PSuzuの自己紹介へ☞突然ですが、…

アイルランド留学、実際にかかった初期費用公開します!

Hi Kahoです!仕事→学校→パブで生活が定着してきた留学生活です。笑…

婚活看護師ナカダの6回目の留学〜タイでゾウを洗う〜

TTC SPA Schoolでは授業がない日や授業後に先生が色々企画してくれたり、他の生徒と一緒に遊…

登壇します!

10代目フィリピンのさとkです。2018年9月29日(土)に大規模イベントを主催します。そこ…

[KIMIKADOOR] フィリピンの偉人3選!①

こんにちは! 9代目フィリピンOneのきみちゃんです🇵🇭フィリピンへの出発が約2週間後に迫っ…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

campaign One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ダブリンのクラブ事情とよくある勘違い🇮🇪

    以前にもダブリンのオススメなクラブを紹介致しましたが https://ryugaku-gear.com/2018/06/emiishigeta/...

  2. ブログの収益ってどのくらい🧐

    アイルランドに来てあっという間に半年経ちました🇮🇪 東京で暮らしているベースと何ら変わって居ないので(レコ屋行ったり映画館行ったりな毎日) ...

  3. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  4. ワセジョ、羊飼いになる??? -Part 52 ブログの収益はベジマイトいくつ分???-

    こんにちは、Kanarisaです( *´艸`)💛 よくインスタグラムやTwitterで質問があるブログの収益について 今回はお話しようと思います!...

  5. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  6. [#留学] 夏休みの宿題を溜め込むタイプは留学で失敗する

    Hi     オクラは英語でOkraなのが可愛いと思うKetaです   前回、前々回と「ラ...

  7. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  8. スペイン美男美女問題!!

    こんにちは RIKA です!!     留学に=ではない記事ですが。   私が外人好...

  9. [#留学] ホームステイで繰り広げられる最強の頭脳戦 ~しょくぱんマンは2枚目~

    Hi     どんな上の句にも、「ころもほすてふ あまのかぐやま」の下の句がしっくりきてしまうKeitaです。 ...

  10. 【渡航前に…】場面緘黙症について

    ニュージーランドへ行く前に、 遅ればせながら、私の場面緘黙症を患っていた小学生時代について記事にしたいと思います。 今回のメインテーマである「場面...

PAGE TOP