One project 選考突破への道 はろブログ

こんにちは、はろです。

今回は、以前にお話ししたOne Projectについての続編です。前回の記事はこちら!

One Project 選考突破への道

今回は、僕がどのようにしてOneProjectを勝ち進んでいったかをお話しします。

前回、書いた通り、選考は書類選考・1次面接・2次面接と続きます。

まず、書類選考ですが

ここは本当に自分のそのままを書いてください。当たり前ですが内容の推敲は必要です。

あまりにも変なことを書いていなければ、ここで落とされることはないでしょう。

 

次に1次面接です

ここでは、書類に書いた理由について詳しく聞かれます。どうしてそう思ったんですか?やここにこう書いてありますが、どういうことですか?などです。

ここでは理由について、僕の場合は将来のことを熱意を持って話しました。

教師になった時、スカイプを使って海外の方と実際に話せる授業をしたい!そのために留学に行かなければならない。これが最後のチャンスなんだ!と話したのを覚えています。留学したい国については、日本人が少なくて英語を使う機会が増えるということ・学生数が多くいろんな国の人と仲良くなれる事をあげました。

1次面接では、自分の言いたいことをはっきりと伝える事が重要です。そのためには書類に書いた事を、さらに練り上げて自分の言葉として明確に話せるようにしておきましょう。

 

次に2次面接です。

2次面接では、面接官の方も変わり、より深く追及されたのを覚えています。理由については、今まで通り熱意を持って伝える事が出来たのですが、僕の場合、国を選んだ理由が弱かったのだと思います。ここで落ちてしまいました。

2次面接で必要なことは、私が思うに、留学したい理由のさらなる根拠付け選んだ国でなければならない明確な理由です。

留学したい理由については、2次まで進んだ方なら明確でしょうが、その国を選んだ理由は明確ですか?その理由は他の国でもできるのではないですか?このような部分をご自分でもっと深掘りしてください。そうすれば、2次も突破できるでしょう

私は、2次面接で落ちてしまったので、最終ステージのプレゼンテーションに進むことはできませんでした。

しかし、二人の面接官の方の強い推薦により、敗者復活のチャンスをいただき、代表の方と面接をさせていただくこともできました。何よりこうしてブログ留学生として活動させていただけています。全力で頑張れば、何かしらのチャンスは必ずやってきます。

頑張ってください。

応援しています。

はろ

Twitter: @halo_peacemaker

質問箱: 匿名の質問箱