アイルランド留学

Tomohiroの世界一周体験記

【スロバキア】今のところ覚えにくい首都名No.1!!ブラチスラバが予想外に美しい!!

「チェコまで来たしせっかくだから隣のスロバキアも行ってみるかー」そう思った僕はスロバキアについて調べ始めた。「そういえばスロバキアって首都どこだっけ?」ブラチスラバ??言いづらっ!!覚えづらっ!!ブラチスラバなんて世界一周してなかったら一生出会ってなさそうな名前だ。プラハから鉄道で16ユーロくらいで来れました。ヨーロッパの鉄道にしてはかなり安かった。夜の10時くらいに着いたので、外で売ってたフライドチキンバーガーを頬張る。


レンジでチンしてくれたからほっかほかでおいしかった。うん。1口目だけ。空腹というスパイスにごまかされたが、ちゃんと食べてみると3日置いたファミチキみたいな味だ。しかもパンは乾ききっていてプラスチック食べてるみたいだった。深夜だったから相当放置させられたやつなんだろう。なぜかくせになって次の日の夕方くらいに食べたら1日置いたファミチキにグレードアップしていた。パンはもちもちだった。
ホステルで寝て次の日は街の中を観光。首都といってもかなり小さい街だ。まずはブラチスラバのシンボルとも言えるブラチスラバ城を目指す。街を見下ろす丘の上に建っていて、街中からでもその存在を確認することができる。


これはこの前行ったお隣のチェコのプラハ城だけど、ブラチスラバ城は見た目がかなりシンプル。


隣の国でもこんだけ違うなんておもしろいね〜。ブラチスラバ城からは街も見下ろせて、かなりの絶景ポイント。スロバキアの旧市街と新市街が一望出来て、その様相の違いが一目で見えるのでおもしろいです。
緑あたまが聖マルティン大聖堂。


ブラチスラバ城から丘を下っていくと、壁に旧市街が見えてきます。進撃の巨人みたいです。


壁の中に入るとこんな感じ。別の時代に迷いこんだかのような別世界。活気ある道は色とりどりで美しいところもありますが、


少し外れの道を行くと、さびれて朽ちかけてる家もちらほら。


石畳も結構ガタガタで歴史を感じますね〜。旧市街も観光地なので、レストランやお土産やさんもたくさんあります。ブラチスラバは街は小さいので、あまり時間かけて観光するって感じでもないですが、物価も安いので中欧に行く際はおすすめしたいですね!オーストリアのウィーンにもバスで1時間くらいで行けますからね!というわけで明日はオーストリアのウィーンに行ってきます!首都間がバスで1時間なんて隣の県の県庁所在地いくよりもお手軽だ。笑
バスはブラチスラバのバスターミナルから片道6ユーロで頻繁で出てるのでかなりアクセスも良いです!

【大自然】世界一の動物保護区クルーガー国立公園で大冒険!!

ヒンバ族やナミブ砂漠に行ったナミビアを抜けて、南アフリカにやって参りました。そして、南アフリカでどうしても行きたかったのが、どこかで世界一だと見たクルーガー国立公園!!なにが世界一で、どこが世界一かは分かりませんが、数あるアフリカの動物保護区のなかで、どうしてもクルーガー国立公園に来たかった!!ナミビアにもエトーシャ国立公園っていう大きな動物保護区があったんですが、そこには行かずクルーガーを選びました。
というわけで、縁あって出会った鈴木壮太さんがクルーガー国立公園のマレラネゲートの近くに住んでいるということで、数日家にお世話になり、一緒にレンタカーを借りて、クルーガー国立公園を含むムプラマンガ州を走り回ることにしました。僕は国際免許証を持っているものの、オートマしか運転出来ないのでレンタカーは少し割高になってしまいましたが、意外と南アフリカの方がナミビアよりレンタカー安い!!ちなみに、プレトリアの宿でクルーガーのツアーを見てみると、3泊とかで5万くらいかそれ以上はしたと思います。震え上がりました。
今回のレンタカー旅では、レンタカー代、保険、クルーガー国立公園入場料、宿泊費,食費、その他諸々含めて3万いかないくらいでした。
2人ということと、レンタカーがオートマだったので少し高くなってしまいましたが、それでもツアーよりやすく満足出来る旅でした。
マニュアルならばレンタカーは半額くらいになります。というわけで、クルーガー国立公園の情報も交えて、クルーガー体験記を綴ります。

クルーガー国立公園入場

僕らはクルーガー国立公園最南のマレラネゲートから入りました。ゲートでは1度車を降りて、入場料を払い、入場許可証を取りにいきます。その後、車に戻りゲートで警備員に車をチェックされて晴れて入場することが出来ます。公園内は50㎞厳守です。公園に入ると早速象やらキリンやらインパラやらが姿を現します。
「象だぁぁぁぁああああ!!!」


「キリンだぁぁぁぁぁあああ!!!」


やっぱりレンタカーで来て良かった。自分たちで見つけてる感が楽しくてしょうがない。ポケモンGOよりポケモンGO。サファリではBIG5と呼ばれる動物がいるんですね。象、サイ、バッファロー、ライオン、ヒョウがそれです。それとチーターやハイエナあたりもレアっぽいので、その辺を見つけたいところ。でも初日は何見つけても楽しいです。ライオンキングのプンバァことイボイノシシ。日本のイノシシよりちっちゃくて可愛いです。


世界で2番目に大きい鹿だと聞いたクドゥ。角が格好よい。


クルーガー国立公園は基本的に舗装された道で公園内を周ることができますが、未舗装の道も選んで走ることが出来るんですね。未舗装の道を走ってみると、もう象がこの距離。

最初はめちゃ怖いですが、こんな間近で野生の象を見ることなんてなかなか出来ないので、動物園では見られないような動きを見れますし、象の鼻さばきも間近で見ることが出来ます。1日目にして、サファリめちゃハマりました。

宿が幻過ぎるという緊急事態

この日はサイやバッファローも遠目では見ることが出来ましたが、肉食獣がまったく見れずに終了。しかしながら、サファリ自体かなり楽しく大満足して宿に行くことに。クルーガー国立公園の中にも宿はありますが、予約しようとしたのが直前だったため一杯で断念。クルーガー国立公園のちょうど真ん中の西側にあるファラボルワという街に近い宿にすることに。

しかもめちゃ安い。しかし、ナビを設定していざ宿に向かおうとすると辿り着かない。。。ナビが示す道はゲートが閉まっていて、あきらかに通れそうにないとこばかり。その間に日はどっぷりと暮れてしまいました。そこで、壮太さんが色んな人に話しを聞いた結果なんとなく道があきらかに。その道を進むと、またゲートが出てきましたが、壮太さんが聞いた話しによればこのゲートを通らねば宿には辿り着けないらしい。。。
そしてその重厚なゲートには、「なんたら自然保護区」みたいなのが英語で書かれているのです。ゲートの係員のおっちゃんが出て来て、ゲート内に入る手続きをします。
「あのー、この中はなんか動物でてくるの?」「もちろん。BIG5いるぜ。」「でぇぇぇええ!!!BIG5ぅぅぅぅぅううう!!???」こわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわいこわい
お昼のゾウでさえ至近距離でいたら怖かったのに、こんな夜中に来られたらちびるて。と、びびってる僕らを見てゲートのおっちゃんはケラケラするばかり。すると、そのおっちゃんが「宿はどこだ?電話してやる。」と、なにやら電話してくれて、英語でなにか話してる。「今ゲート前にその宿予約してる日本人2人いるんだが、怖がってるから迎えに来てやってくれないか?」いや、恥っっっっずっっっっ!!!!

すごくありがたいよ。すごく心強いよ。それで迎えに来てくれるなんて本当に優しいんだけど、大の大人男性2人が「怖いから迎えに来て。」って恥ずかし過ぎるだろ。宿からこっちに向かってくれるらしいので、僕らは僕らで走って途中で落ち合うらしい。おっちゃんがゲートを開けてくれて、ついにBIG5のいる真っ暗な森に突入。
びびりながら走っていると、次の問題発生。なんと、もう1つゲートが出現。しかも、そのゲートには「自分で開けて通ったらちゃんと閉めてね♡」的なことが書いてあるではないか。BIG5いるんだよねここ。ライオンとヒョウいるんだよね?地球の歩き方では、クルーガー国立公園の中でも窓すらそんな開けない方がいいって書いてありましたけど?なのに、車から出てゲート開けろって?しかし、僕はその時運転手。となると、必然的にゲートをあけるのは助手席の壮太さん。心から運転手で良かったと思った瞬間である。もちろん、何事もなくそのゲートを抜けることは出来たが、一生夜には来たくない。それから少し走ると、ようやく宿からの迎えと合流。「こいつらがびびりのジャパニーズか。」と思われたことでしょう。しかし、宿に着くと、部屋は広くて綺麗、迎えに来てくれただけあって宿の人も優しい。しかも、これだけの秘境にあるもんだから、大自然のなかにあって最高の宿でした。
「いやー、ここまで来るの大変だったけど、きれいな宿だね。」「ありがとう。でも、サソリとクモが出るから気をつけてくれよ。」「え……」こうして、僕らのクルーガーサファリの初日は終了したのでした

ヘルシンキでたまたまキングコングの西野さんとホームレス小谷さんと一緒に飲めることになった話

ヘルシンキに到着した2日目。ふとTwitterを見ていると、キングコング西野さんのブログが更新されていたので読んでみると、なんとフィンランドのヘルシンキで「えんとつ町のプペル」の屋外個展が開催されるらしい。せっかくこんなベストタイミングでヘルシンキにいるし、ベストタイミングだと思ってヘルシンキを駆け回って探すと、


発見!!これ絵画じたいが光るようになっていて、暗くなると暗闇に絵本の美しい世界が浮かび上がるようになってるんですよ!!めっちゃきれい!!この西野さんの個展は、現地在住の日本人の方にとっても貴重な機会のようで、日本人も多くいました。そして、そこでプペル展を見ていた日本人のお母さんらしき人に声をかけまくり、保育園だったり、ネウボラについて話しも聞くことが出来てプペル展最高でした。笑
西野さんありがとうございます。そして、お母さん達にも話しを聞けて、満足しながら帰ろうとしていたところ、ある人に突然、「日本人ですか?!」と声をかけられ足を止めた。そこで声をかけてくれたのが、なにやら西野さんからこのプペル展のフライヤーをもらって日本人に宣伝しまくってるという、中島兄弟さんという旅をしながらYouTuberもしている方々。話しかけられた瞬間にわかった。「この人たちおもしろい。」その時は兄弟2人だったが、話し聞くとお兄さんの真吾さんの奥さんと1歳の子どもも一緒に旅をしているらしい。かなり異色なメンバーに興味が湧きまくった。色々と話しを聞いていると、なんと泊まっている宿が同じということが判明し、一緒に帰っていると、前方に一際目立つ服装の人が。。。そう、そこで偶然、西野さんと小谷さんに出会ったのです。中島兄弟さんがフライヤーももらってたこともあり、「フライヤー全部配り切りましたよ!!」と声をかけると、西野さんが、「おお!ありがとう!今から飲むけど一緒に行く?」と誘って下さった。そう。ここでお分かりの方もいるだろう。僕は完全なるおこぼれだったのである。
偶然中島兄弟さんに出会い、偶然同じ宿で、偶然帰り道に西野さん達がいて、中島兄弟さんがフライヤーを配ってくれていたことによって、たまたま一緒にいた僕もご一緒させてもらえたという究極の幸運。


イナリの寒さに負けて帰ってきて良かった。。。飲みの席では、「こんなこと聞いてもいいのか?」みたいな話しも聞くことが出来て、最高に幸せな時間でした。。。僕はもともとキングコングでの漫才やバラエティで見てた西野さんが好きで、絵本や新しい活動を積極的に行う西野さんも好きだったけど、実は本やサロンに入って西野さん考えをきちんと聞いたことはなかった。しかし、この飲みの席やプペル展で現地メディアに話している内容を聞いて、西野さんの言う「ウォルトディズニーを倒す」という目標は、現実になるかもしれないと本気で思った。
バラエティで西野さんが出て「ウォルトディズニーを倒す」と言うと笑いが発生することもあって、あまり「どうやって倒すのか?」というところまでは聞いたことがなかったですが、西野さんは圧倒的な戦略家でした。それを知らなかった僕は、プペルがここまで売れた理由を西野さんというもともとの有名人が描いたからだと思ってましたが、おそらくそれは1つの要因に過ぎません。ほんの1時間弱会っただけですが、僕がもらった刺激や学びは相当なものです。西野さんは飲みの席でも、僕の質問に対してもしっかり答えてくださって本当に優しい方でした。後日、またプペル展に行くと、小谷さんからサイン入りの自叙伝を買わせてもらいました。


この本もめちゃくちゃおもしろいのでおすすめですよ!!自分を50円で売る小谷さんの人生について書かれてるのですが、笑えるところもあり、人間として学ぶところもあり、本自体は80ページくらいで軽く読めますが、内容はかなり深い内容になってます。僕もヨーロッパのどっかで50セントで一日を売ってみよっかな。と、まあこんな感じでヘルシンキで最高に楽しい出会いに恵まれ、かなり充実した旅になってます。まさか日本で会ったことない西野さんと小谷さんに会えるとは。笑 西野さんの最新書籍の革命のファンファーレは発売したら即読みます。僕もこれから新しいことを始めるので、最高のタイミングで西野さんと小谷さんにお会いすることが出来ました。もう少し現地で子育てや保育について話しを聞いて。そろそろエストニアに行きたい。
物価に殺されそう。

【エストニア入国】ヘルシンキからタリンへ行くフェリーが豪華すぎ!!

物価お化け地帯を抜けてエストニアに入国しましたぁぁぁ!!!ヘルシンキからタリン行きのフェリーは1日に何便か出ているので、すごい便利なんだけど時間帯や高速船によって価格が変わります。僕は見事に寝坊して、高い高速船に乗ることになっちゃいました。大体5000円くらいでしたねとほほ。。。しかし、フェリーが超豪華で1人でテンション上がってたので、ここをテンションのはけ口にさせて下さい!!!
日本ではあんまりフェリーに乗ったことがないからわかりませんが、ここでは当たり前のように子ども用のプレイルームが完備されています。


このプレイルームはラウンジと隣り合わせになっていて、隣のラウンジからモニターで子ども達の様子を確認することが出来ます。そして、このモニターの前あたりの席は、「ここは子ども連れの家族優先で!!」みたいな席も用意されていて、子ども連れへの配慮が感じられます。


中にはたくさんのレストランやバーがあり、気品あふれるおじいちゃんおばあちゃんが優雅にもぐもぐやっちゃっています。


ライブスペースもあって、ここで生演奏でもするのでしょう!


スポーツ中継も大画面で見れちゃいます!!くぅ〜、誰もみてねぇ〜!!


こんな感じのラグジュアリーな雰囲気のお店がたくさんあり、ゲームセンター、免税店もあり、一度の航海が約2時間なので、全部は楽しみきれないくらいもりだくさんなエンターテインメントに溢れた船でした。そしてエストニアに到着!!EU圏内なので特にチェックもなく入国。ヘルシンキでフェリーのチケットを買うときだけパスポートを見せました。エストニアの街並は今までで一番おもしろいかもしれない。。。エストニアのきれいな街並は次のブログでまとめてどっすんします。旧市街が世界遺産になっていて、物語の世界にきたみたいでした。
フィンランドでは物価が高くて手が出せなかったケーキ。エストニアにきて欲が爆発して、買っちゃいました。


でもあれですね。エストニア思っていたほど物価安くない。期待しすぎたぜ。。。にしても、やっと物価高い国から抜け出せたので、ここからバルト三国楽しみます!!!


ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8

関連記事

  1. How To Save Miles.マイルの貯め方 No.14
  2. キーワード3つーベトナム講座①ー【Tales of Letter…
  3. 留学はじまり
  4. なぜカナダに決めたのか
  5. ナースのギリホリ留学 〜こんなことが気になるの?〜
  6. 世界一美しい駅構内にあるロイヤルカフェ
  7. アイルランドワーホリまでの道のり 《Kahoが留学を決意した理由…
  8. [KIMIKADOOR] きみちゃんのオンライン英会話④ ~エイ…

ランダム 運命の10記事

マルタ留学総まとめ〜マルタの魅力とは〜

マルタ留学総まとめ〜マルタの魅力とは〜マルタから帰ってきて2週間近く経ちますが、毎日みんなと…

アメリカ留学〜キャニオン・カントリー〜

こんにちは。ギアです。イエローストーン湖の北に流れ出るイエローストーン川がありますが、その川がヘイデ…

カナダの語学学校のススメ。私の通うUBC ELI、オススメの学校です。

こんにちは!あれこれしている間に、学校始まってしまいました(笑)…

ダブリン在住者必見!ダブリンの安うまランチ6選!

Hi Kahoです!ただいまお仕事探しに奮闘というほど奮闘もしてないですが、ぼちぼちお仕事探し中…

【人妻留学】一生に一度はするべき!本気でオススメしたいアメリカ横断の旅を振り返る!!⑮

こんにちは!!Emiです!!!先月の人気留学ブロガー2位になり、びっくりしています!!…

One project~ダブリン~

こんにちは!!最近、暇があれば地球の歩き方を読みまくってますヽ(*^^*)ノ楽しい!もう、読んでると…

アイルランドのPENNEYS(PRIMARK)って実際どうなの?

Hi Kahoです!最近少し仕事にも慣れてきてまた飲んでばっかりいます笑前回はちょっ…

英国と日本って似ていた!? No.17

Hi! Yukiです!8月になりましたね!&…

CPIフィリピン語学学校の設備

語学学校に通うとなると設備がきちんと整っていてほしいですよね。特にCPIはフィリピン・セブでも有名な…

外国人登録に行ってきました!

先週の土曜日は、図書館(Central library/ILAC centre)で行われている…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. エターナルサンシャインアレルギー

      わたしが今住んでいるシェアハウスについて。   今私はポーランド人の女性とイタリア人の男性と3人で暮らしてい...

  2. 中世の街並みが残るケベックシティー

    こんにちはAKIEです 😛  カナダと言えば! メープル!!!そう、 モントリオールのメープル達は、まもなく 紅葉のピークを迎えるのです♥...

  3. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  4. JAZZ CLUB 🎶

      留学して人生変わった、とかは未だに感じることはないです。 結局は自分。 異国の生活はいろんなことが新しく、いろんなこと...

  5. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  6. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  7. マルタでSIMを買ったら….でびっくりーALL IS WELLー

    こんにちは!まきです\(^o^)/ 蚊に刺されて、かゆいです。いっきに10箇所やられました。     違う...

  8. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  9. 電車で一本!!ニューヨークからモントリオールまで電車の旅をしてきました!

        どーもーー!ゆうちゃんです!     前回、『カナダ行く前に起こった悲劇』を書かせていただい...

  10. 集合は深夜?21時なんて早すぎ!!スペインのクラブ事情

    RIKAです!!   バタバタとしていたら、10月ももう半分!!! 早すぎてぜんぜん毎日についていけないです。 後少...

PAGE TOP