ナースのアラサー留学 〜go!go!Ibiza!!移動編〜

こんにちは!根はまじめ人間、Mihoです!!

人生で初めて犬を洗いました。
いつまでも毛が抜けるので、洗い上がりがいつか分からない...
洗う前はぶるぶる震えて必死にわたしの後ろに隠れてましたが、
始終いい子でした。

前回の英語ストレスMAX編、閲覧ありがとうございました!
今の先生と話してから、ものすごく気にかけてくださり、
自信がつくように易しめの宿題とか用意してくれて助かってます。
早くこのレベルで50%まで理解できるようになりたい。

と暗い話題が続いていたので、
ここら辺で明るい写真出していこうと思います!!

先月、イビサ行ったんです\(^o^)/

地中海のパーティーアイランド、Ibiza島です!!!

まずは今回初めてryanair以外のLCCを使ったので、そのお話を...

その名も、Monarch航空(モナーク航空)!!

イギリスのLCC航空会社です。
なんとこの会社、102日に経営破綻しましたね 😯
ryanairも9月末に大問題勃発して収拾が大変そうですが、
Monarch航空経営破綻ではフライトキャンセルにより11万人もの人がイギリスに帰れない事態が起きたんだとか。
あぶねーあぶねー。
自分が搭乗して1ヶ月もたたないうちにそんなことが起きようとは...
世の中なにが起こるかわかりませんね。

ってことであんまり記事が少ないこの航空会社の感想とか書いてみようと思ってたのに必要なくなりました 笑
参考までにちょっと書くとしたら、

フライト予約、チェックインはwebで可能
ボーディングパスは全員印刷必須
webチェックイン時に、モバイルボーディングパスはまだ採用されてないから印刷しなきゃダメだよって書いてあったけど、実際搭乗口ではスマホ画面見せて乗っている人いました 笑)
ハブ空港はロンドンLuton(ルートン)
空港カウンターでのビザチェックはなし
預け入れ荷物がなければカウンターに立ち寄る必要なし
使用機はライアンエアよりも小綺麗な印象

くらいかなぁ...

Luton空港では2時間弱しか乗り換え時間なくて、
しきたりも知らなかったから大急ぎで外出てカウンター行ってまたセキュリティチェックして...って慌ただしかったけど、
今考えたらカウンター行く必要なかったんならそのまま中にいても良かった気がする。
夜だったのでセキュリティチェック場も混んでなかったから問題ありませんでしたが。

つぶれちゃった航空会社の話はこれくらいにして、

話をイビサに持っていきたいと思います!

日本にいる時、
スペイン本土の空港でイビサ行きの便を見かけた友達から、
「イビサに行く人とそうでない人、すぐ分かるよ!!」
と聞いていたのですが...

マジでした 笑

っていうかそもそも客だけじゃない!!!
ゲートアナウンスも、
すげーDJ風 笑
ちゃんとは聞き取れなかったけど、
「アルコール中毒のみなさん!イビサにいく飛行機はもう準備できてるんだよ!!早く乗り込んでイビサでパーティーしようよ!!急いで!!」
てなこと言ってました。
深夜0時近くの便だったので他のゲートにあまり人がいなかったというのもありますが、
こんなノリノリなアナウンスしちゃうなんてさすが 笑
ってか誘導がうまいな!

そして搭乗。
わたしは今回も友達と現地集合だったので、たった一人で搭乗。
その他のみなさんはもちろん、友達同士でパーティーしに行くわけですよ。

もー、みんなすげー怖い!!!

ギャルはめっちゃギャルだし、
ガイはめっちゃガイだし!!!

もうすでにナンパ始まってるし!!!!!笑

離陸するまでの間は誰もかれもが持参したスピーカーで爆音Music。
わたしはすみっこの方で怯える唯一のアジア人 笑

普通の飛行機ならまずはありえないアナウンス
「この飛行機内で持参したアルコールを開けることは禁止されています」

それでも隠れてお酒を飲むギャルを取り締まりに、
2人組の航空警察が離陸前に飛行機を巡回。

もーなんなの 笑

分かりやすすぎるくらいアドレナリン出まくってて、
テンションを抑えられない若者たち。

すでに胃が痛い32歳日本人。

幸い窓際の席だったので、
あらゆる騒音をできるかぎり遮断し、無視し...

無事イビサに到着!!!

そっからがまたLong wayなお話なんですけど...
いったんここで!

まだまだイビサの話は続きますのでよろしくお願いします!!!