One project

ベルギー旅行アントワープ編〜ミーハー美術巡りの旅〜

前回に引き続きベルギー観光編、

今回はブリュッセルから電車で1時間くらいの小さな港街、

アントワープでのミーハー美術旅編です。

 

この街はフランダースの犬の舞台になったことで有名。

そこまでフランダースにも、ルーベンスに興味もない私が

ミーハーな気持ちで美術館賞をした記事です。

 

 

ここでは3つの美術館・教会をメインに回ったよ

 

①聖母大聖堂

まず最初はアントワープの駅、豪華でテンション上がりました。

週末はお得な切符が出ていて、通常の半額7€ほどでブリュッセルから往復できました。

駅ナカの、「世界で一番美しいカフェ」と言われているところでちょっと贅沢に休憩もしたよ。

お値段は良心的でした。

こういう「世界で一番」って、言ったもん勝ちだよねえ…

 

 

さて、駅から歩いて約20分、大きな教会が見えて来ます。

 

ご存知フランダースの犬で、ネロが召される教会です

これが…ネロの死に場所…

これが、ネロが見たかった絵…(ピンボケ)

 

でも正直フランダースの犬って、アニメも見たことないし、話もよく知らないんで、

調べたのでまとめたよ

 

5行でわかるフランダースの犬

・ネロ、母親が亡くなり、捨てられて死にかけてたパトラッシュ(犬)とおじいさんと暮らす

・ネロん家、貧乏。アントワープまで牛乳を売りに行って細々暮らしている。

・ネロ、絵の才能がある。画家を目指してる

・ネロ、おじいさん死に、放火の疑いまでかけられ、家賃も払えず追い出され、

・ネロ、最後の望みだった絵のコンクールにも落ち、失意のまま教会で死ぬ。

 

ど、どんだけ不幸やねん…

作者ドS??

だいぶ軽くまとめちゃったけど、怒られませんように。

 

そんな有名な物語の舞台とあって、日本人がたくさんいました。

日本語の解説もあったよ。

うーん、「日本の」ってとこだけちょっと惜しいね!

 

ちなみにフランダースの犬は地元では評判いまいちらしい。

俺たちそんな冷たくねえ….的な感覚らしい。

どん底まで突き落とすもんねえ、ネロかわいそうだよね。

 

②ルーベンスハウス

やっぱりルーベンス推しのアントワープ村。

 

私、正直、ルーベンスは…

 

そんなに…

 

なんですが、この日は各所美術館がタダだったので入館。

ミーハーノリできた私は超ラッキーでしたよ。

お庭が綺麗だったし、チケット売り場には返金式のコインロッカーがあったので、

ここで荷物を預けてアントワープの街をゆっくり散策するのがいいかも。

 

ここで得た豆知識

*ルーベンスは53歳で16歳と再婚したんだって

う、うーん、、、?ロリコン…

 

③聖パウルス教会

これもルーベンスの絵があるということで行きました。

個人的には有名で人の多い聖母大聖堂より、比較的こじんまりして落ち着いたこの教会の方が好きでした。

教会の前で子供たちがバスケしていたり、生活に溶け込んでいる感じも良かった。

ちなみにこの教会は無料でした。

すご〜い、無料でこんだけ静かに、ゆっくり巨匠の絵が見られるとは…

お金が払えなくて絵を見ることのできなかったネロのこと考えると…辛いわね

 

 

あとね。

ブリューゲルの「狂女フリート」を見るためだけにマイエル=ヴァン何ちゃらっていう美術館も行ったのだけど

でも…その絵、なかった(^▽^)

 

美術館巡り旅行あるあるだよね。

大学の時にわざわざイギリスまで見に言った絵が、NYに貸出中って言われた時の

ショックに比べれば…

その代わり美術館に行く途中、半ケツ少年に会いました。

ナイス半ケツ

 

ちなみにルーベンスの墓のある聖ヤコブ教会に行くのは忘れて、

アントワープ王立美術館は改装中?のため、中に入ることができませんでした。

いつか機会があれば再訪しましょう。

 

アントワープの感想まとめ

 

どうしても美術館を巡る使命に駆られてしまうけれども、

ちょうど私が訪れた時は天気の良い日曜日で、あちこちに屋台が出ていたので、

フリッツ片手にのんびり散歩したり海を眺めたりと、気持ちよく過ごせました。

私の感想としては

「なんか…坂のない横浜…?」

 

はい出た出た〜

横浜の人、す〜ぐ横浜に例えてくる〜

 

でも港町だし、お城の中改装してギャラリーにしてる感じとか、

山手の洋館とかと似てる扱いだし…

雰囲気のいい落ち着いた感じが、どことなく横浜に似てるなと思いました。

そんな感じで、アントワープのミーハー巡りはさりげなく横浜アゲして終わりますね。

 

次回はベルギー観光最終回

「行ってよかったブルージュの街&みんな大嫌い入国審査Part3」

9月9日(土)更新予定です。

 

よろしくね〜〜!


ティーミオ

投稿者の記事一覧

美大を出て社会人辞めてアイルランドに来ました。
留学前の英語力は中学生。This is a pen.
世界で一番うさぎが可愛い。11ヶ月で11kg太りました。

関連記事

  1. OneProjectに落ちた皆さん、これから受ける皆さんへ。On…
  2. Hawaii19日目♡サルサをしてみた~ShiiのHyggelo…
  3. 【カナダBLI】レッスンとペナルティとまーくん
  4. ITパークにあるおしゃれレストラン(^^♪
  5. 【人妻留学】一生に一度はするべき!本気でオススメしたいアメリカ横…
  6. 搭乗口で職員とバトル 〜初海外Part2〜
  7. 「One project~10代目ハワイOneに選ばれました!~…
  8. 『Best Teacher』 オンライン英会話 体験レッスン特集…

ランダム 運命の10記事

海外保険について!アイルランド編

[email protected]たびほお申込みページへ AIG保険ページへども…

IELSのすゝめ【道産子おちほ】

Hi,おちほです!帰国してからというもの、忙しい日々を送っています。まだ余韻に浸っていた…

NYで着物を着るぞ👘【夢追いOneのSakana’s life】

  こんにちは!  7代目アメリカOneのSakanaです!  最近、身体中筋肉痛で…

【動画】語学学校ってどんな感じ?生徒に直接インタビューしちゃった話

こんにちは!tomoです!帰国後、とうとう大学が始まってしまいましたが まだ慣…

セブ留学 AYAKA☺︎ School Trip 行ってきました〜!

こんにちは〜、セブ島留学中のAYAKA☺︎です!!セ…

世界一周体験記〜インスタ女子必見のオスロ空港に2泊3日〜

どうもTomです!イギリスを後に…

One project~応募開始~

こんにちは第2回のOneが決まりましたねヽ(*^^*)ノ郷間さんおめでとうございます!!!自分のした…

ドイツ旅行〜普通に観光編〜

はいということで、ドイツ・観光編!!ドイツにドイツと行ったのか編はこちら…

DTゆいのの奮闘記٩( ‘ω’ )و → ③世界で活躍できる国家資格、歯科技工士

こんにちはああああああああああ!!!!…

ヨーロッパの学生が多い!!という特徴の本当のメリット

どうも、宇野ちゃんです。いよいよマルタ留学まで残り4日となりました。今日は、様々な留学スタイ…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

campaign One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ワセジョ、羊飼いになる??? -Part 52 ブログの収益はベジマイトいくつ分???-

    こんにちは、Kanarisaです( *´艸`)💛 よくインスタグラムやTwitterで質問があるブログの収益について 今回はお話しようと思います!...

  2. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  3. ダブリンのクラブ事情とよくある勘違い🇮🇪

    以前にもダブリンのオススメなクラブを紹介致しましたが https://ryugaku-gear.com/2018/06/emiishigeta/...

  4. [#留学] 夏休みの宿題を溜め込むタイプは留学で失敗する

    Hi     オクラは英語でOkraなのが可愛いと思うKetaです   前回、前々回と「ラ...

  5. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  6. ブログの収益ってどのくらい🧐

    アイルランドに来てあっという間に半年経ちました🇮🇪 東京で暮らしているベースと何ら変わって居ないので(レコ屋行ったり映画館行ったりな毎日) ...

  7. スペイン美男美女問題!!

    こんにちは RIKA です!!     留学に=ではない記事ですが。   私が外人好...

  8. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  9. M.I.Aになりたい。

    ”KARA”が発売された時(2007) 私は当時高校生で、これまで全くhip-hopを聞いて育って来ないちゃったので。   ...

  10. 【渡航前に…】場面緘黙症について

    ニュージーランドへ行く前に、 遅ればせながら、私の場面緘黙症を患っていた小学生時代について記事にしたいと思います。 今回のメインテーマである「場面...

PAGE TOP