One project

フィリピン留学のゆうちゃんブログ

フィリピンで〇〇を食べたら、あとでとても後悔した話。

ど〜〜も〜〜!ゆうちゃんです!

近況報告!

先日、人生初めてのサーフィンに行ってきました!その結果、日焼けしすぎて、ぬわあああああってなってます。でもでも!めっちゃ楽しかったですよ!またこの話もブログにしていきますね!
それでは行ってみましょう!今回は「フィリピンで〇〇を食べたら、あとでとても後悔した話。」
この話の始まりは、仲良くしていただいているフィリピーノファミリーとの会話から始まります。「農作業するけど来る??」お母さんが思いついたかのように提案してきました。農作業、めちゃ興味がありましたし、何より。。。もらってばかりで恩返しができてなかったので、これは恩返しのチャンスだ!!と思い二つ返事で「行きたいっ!」と答えたことから始まりました!
次の日!農作業やる気満々で集合して、


あたり一面畑でいっぱいの田舎道を歩いて畑へ向かいます。


牛なんかも普通に歩いてます笑


奥に奥に行くと道路もなくなり。。


ちょっとした川を渡り(もうわくわくしてる笑)、


やっと着きました!笑
ここまで来て、農作業している人と話して初めて知ったのですが、今日、農作業できないらしい!笑
いろいろあって、収穫を翌日にしたそうです。あーだこーだ話している時、「水が溢れ出しているポンプ?」を見つけてはしゃぎ始めた子供達を見て、毎度のことのように子供達と遊び始めました!


走り出す子供達!笑


私も服を脱ぎ捨て走り始めます!(もちろん上だけっ!笑)水に飛び込んだ感想は。。。「めっちゃ気持ちい!!!!」フィリピンめちゃくちゃ暑いので、これは最高の遊び場です!子供達とわいわい倒し合いをして楽しんできました!笑
その後、お昼ご飯?を食べに別の場所に移動。


わんこが近寄ってきました!可愛すぎる!奥には猫も鳥も豚もいて、なんか秘密基地みたいなとこに着きました!
︎遊ぶ子供達!


ここで昼ご飯を食べるらしいです!キャンプみたい!(結局またもらってばかりになってるやん!ってのは、突っ込まないでください。笑)
到着してすぐ、勧められたので初めましてのおじさんとお酒を飲み始めます。


ジンかな??なんか美味しかったです!
そして、みんながいろんなフィリピン料理を作ってくれました!フィリピン料理は、日本人の口に合うものが多く、どれも本当に美味しいものばかりです!魚や野菜の炒め物?みたいなもの等、いっぱい作ってくれました。


一緒にお酒飲んでるおじちゃんも、たけのこ?(たぶん)を切り始めます。


ちなみに変わろうとしたけど、下手くそすぎて却下されました。みんなで笑いながら時が進みます。
楽しいですね!こういうの!フィリピン人のこんな陽気なところ大好きです!そして食べながら、ふと気になったことを質問します。


「これ何????」「あぁ!それ犬の肉!」・・・・・・・・・・・・・・「犬の肉!?!?」噂程度で、海外では犬を食べる文化がある。という事は知っていましたが、実際にこの事実に直面するとフリーズします。とはいえ、動物系の大学出身の私。「犬を食べる事は良いか、悪いか。」大学時代散々悩んだ結果、そこにはもう答えを用意していました。「食べる行為自体を問題視はしない。」私が出した答えです。何にもおかしい事じゃ無い。こっちの人はこれが普通なだけです。
私たちが豚や牛、鳥、イルカ、クジラ等を食べるのと同じです。なぜ犬を食べるか。「それが文化だからです。」考えるのから逃げているように見えるかもしれませんが、私に、他の地域の人に、この行為を否定することはできません。
もう少し私の考えを掘り下げると、「生態系に影響しない範囲の食文化」は、良い(否定できない)と思っています。
「やめろ!」といったところで、価値観の押し付けにしかならないですし!(仮に生態系に影響しても押し付けですが。。止める理由には個人的になるのかな思います。)
もちろん、動物福祉的な面は大事にしてほしいと思います。※動物福祉とは動物福祉(どうぶつふくし、英語:Animal welfare)とは、一般的に人間が動物に対して与える痛みやストレスといった苦痛を最小限に抑えるなどの活動により動物の心理学的幸福を実現する考えのことをいう。(wikiから引っ張ってきました!笑)
戻します。『食べるために育て、殺す。』これは否定できませんが、その中にも尊重しなければいけないものがあります。「食べるために育てる」その中でも、動物の飼育環境等にはこだわるべきだと思います。「食べるために殺す」その中でも、苦しませずに殺す手段を選ぶべきだと思います。
食べる行為に対しては受け入れますが、色んな場面で動物への配慮は必要だと思っています。何が良くて何が駄目なのか。自分の意見を持って他の文化に触れると面白いですよ!(あっ!でもぶつかることはお勧めしません!あくまで文化を知る上で面白いという意味です!文化の問題は、価値観の押し付けにしかなりませんからね。。笑)
話を戻しましょう!おじちゃんが「これ、きれいな犬!」と言いながら犬肉の料理を追加で持ってきました!


良い機会なので、人生初「犬肉」に挑戦!!!!!・・・・・・・・・・・・・・「・・・うそやん。めちゃおいしい。。笑」いや、ほんまにうまかったんですよ!ちょい臭みはあるけど、柔らかくて良い感じの食感でした!お酒のおつまみに最高な感じ!笑
若干緊張していた私。犬肉を食べて、お酒を飲んで、力が抜けてあることを思いました。


私「えーーーーと、、あの犬はペットで飼ってる?それとも食用?」おじさん「ん?わっはっは!食用だ!!」わーーーーーーーーお。異文化体験すぎて、フリーズしてしまいました。笑
まぁこの奥に豚とか鳥も飼っているので、確かにそうだろうなとは思いましたけども。これぞフィリピンカルチャーー!貴重な体験ができました!
ちなみに、まとめというか後日談。「犬食った!!!」って先生たちに報告すると、「は!?!?」ってびっくりされました。
どうやら、フィリピン人の中でも食べる人、食べない人がいるらしいです。そして、食べない理由がびっくり。てっきり食べない理由は「かわいそうだから」だと思っていたのですがそうではないらしく、
簡単に言うと、「危険すぎるから!!!!」だそうです。。
食用じゃない犬は
・狂犬病
・その他の病気
・寄生虫を持っていることが多いらしく、犬の肉は料理しても菌が死滅しにくいとかなんとか。
(ちなみに心配になって調べた結果。狂犬病にはかからないらしい。理由は菌が胃酸で死滅するから!)
おじさんは「クリーンドッグ!」って持ってきたから、多分ちゃんとした食用の犬(そこらへんの野良犬じゃなくて)だと思います。いや、信じてます。笑
ってことで、このブログを読んでくれているそこのあなた!!!!犬食べる時はめっちゃ気をつけてくださいね!!笑
お店とかで食べるのは良いともいますが、そこらへんのローカルで食べるのはちょい怖いのでお勧めしません!こういう知識も持った上で、異国の文化を楽しんでくれたら嬉しいです!

YouはなぜCNE1へ??〜噂のエージェント「フィリピン留学ラジオ」をご紹介〜

近状報告っ!最近めっちゃ生徒さんが増えました!
この時期は、大学や高校が夏休みということもあり、どこの学校も人でいっぱいになりますね!自習室やご飯の席が毎回争奪戦です!笑
この時期に語学留学を考えられる方も多いと思いますが、そういう方は3,4か月前にはもう学校に予約しておくことをお勧めします。じゃないと評判が良い学校はきっと埋まってしまうので。1つ学校を決める知識として知っておいて欲しいです!それでは行ってみましょうっ!
今回は、「YouはなぜCNE1へ?? 〜噂のエージェント「フィリピン留学ラジオ」をご紹介〜」というタイトルで書かせていただきます。
今回、私は「One Project」の代表として来ているので、学校選びはしなかったのですが、数多くの学校の中からこの学校を選んだ他の生徒さんの話を聞ける機会があったので、みんながなぜCNE1を選んだ経緯を聞いてみましたっ!
みんながCNE1を選んだ理由「フィリピン留学ラジオ」にお勧めされたから!
フィリピン留学を考えた時に、最初に取り組むのがエージェント探しだと思います。
エージェントの種類としては、
・学校へ生徒を紹介することでお金を得ている会社
・生徒からサポート料と学校への紹介料でお金を得ている会社
・サポート等はなく、情報だけ発信している会社などがあります。
私がお勧めしたいのは、・紹介料でお金を得ている会社 です。こういう会社は留学までや留学中のサポートもしてくれるので、色々と不安の多い語学留学では強い味方になります!(本当に個人的な意見ですが、)
留学フェア等に外国人教師を招いて盛大にしている会社は、生徒からのサポート料を取る会社が多くいるイメージがあります。他の会社より広告にお金かかってますからね!色々取らないとやっていけないでしょう。
上で「頼れる存在がいるのは心強い!」と言いましたが、有料のサポートが必要か?と言われれば、はっきりと NO!! と言えます。そんなに細かなサポートはいらないし使いません。なので、紹介料でお金を得ている会社のサポートで十分だと思いますよ!
話を戻しましょう!笑
今回、CNE1に来ている他の生徒さんに、「なんでこの学校にしたんですか?」と聞いたところ、ほとんどの人が「フィリピン留学ラジオで紹介されたっ!」という答えが返ってきました。


これがその噂のサイトですねっ!どうやらCNE1はここでの評価がめちゃいいらしいです。今回のブログでは、この「噂のフィリピン留学ラジオ」をふんわり紹介していきたいと思います。このサイトの特徴は、エージェントの中谷さんが各学校に行き、直接生徒にインタビューした生の声が知れることです。


ついでに中谷さんのプロフィールっ!笑
記事内容も会話形式となっており、本気の生の声感が感じられます!


こんな感じの記事がいっぱいあります。
また「よくある質問」では、エージェントの選び方や学校の選び方、語学留学の準備等についての知識が得られる場所となっており、語学留学を考えている人にはとてもおすすめのサイトとなっております。


どれもこれも留学前不安でいっぱいなものばかり。エージョントを選ぶ前に一度目を通しておくといいかもですね!そして最大の特徴!「中谷さんに直接相談できる!」


生徒さんの中にも相談された方が何人もいましたが、スカイプやLINEの電話で中谷さんに直接相談することができます。この相談、とても人気があり、「本気の人としか向き合えません!」との事です。事前に送るアンケート内容も、とても細かく記入事項があり、「こんなにあんの!?めんどくさっ!」って感じられる人もいらっしゃると思います。
ですがそれも込み込みで、サポートする人を厳選しているんだと思います。ですので、どうしても相談したい!!って思った方はアンケートに本気で思いをぶつけることをお勧めします!
︎本気度「9、10」の人だけって書いてますね!


相談中の電話の時間は、だいたい1時間以上で3時間くらい電話していた人もいました。自分の留学の目的や気になっている学校に合わせて、何箇所か学校を紹介してくれるらしいです。もし興味があるって方がいましたらぜひぜひ相談してみてくださいね!

まとめ!
いかがでしたか?実際にCNE1に来られた生徒さんが絶賛お勧めする「フィリピン留学ラジオ」フィリピン留学に興味がある人は一見の価値はあると思いますよっっ!

CNE1の施設とルームメイトを勝手にご紹介っ!

近況報告っ!ルームメイトがまた帰ってしまいました。もう何回目かな??毎回毎回寂しさを感じています。
⬇︎最後に撮った写真っ!うわ。これ見ただけで泣ける。笑


いつも拙い英語で会話して、熱く夢や将来を語り合って、遊びに行って、アホやって、みんなで笑って、ほんま楽しかったな〜!って気持ちでいっぱいです。みなさんも留学中に出会った仲間はほんまに大切にしてくださいね!きっとかけがえのない存在になると思います。
それでは行ってみましょう!
今回は「CNE1の施設とルームメイトを勝手にご紹介っ!」今回は動画を中心に紹介します!

1,学校の施設の雰囲気!

自分の住んでいる「ルゾン」と呼ばれる建物から、クラスルームまでの道をボーッと本当にボーーッと撮りました!笑

もう慣れてしまったのでこれが当たり前なのですが、この動画で伝えたいことは一つ。「CNE1って、ほのぼのしててめちゃいいでしょっ!」ってところです!
特に何があるってわけではありませんが、この「ほのぼのさ」に価値があると思っています。フィリピン留学を考えられる方は1ヶ月以上という長期滞在する方が多いと思います。この留学の特性上、その期間のほとんどを「学校や寮の中で過ごす日々」となると思います。
そうなった時にマニラやセブの中心街によく見られる「ビル型」の学校と、ちょっと田舎の方に飛ばされるけど「パーク型(勝手に命名)」の学校、どちらがストレスなく過ごせるか考えた時に、私は「パーク型」をお勧めします。ただでさえ慣れない環境で、色んな人との共同生活、おまけに毎日英会話との格闘の日々です
「どれだけストレスなく過ごせそうか。」
ここも考えながら学校を選んでみると、行った後に後悔することも少なくなると思いますよっ!

2,CNE1の食堂!

ここでは
・朝ごはん
・昼ごはん
・夜ごはんで毎日必ずお世話になる「CNE1の食堂」をご紹介っ!

ご飯の取り方は「ビッフェ」いわゆる「バイキング形式」ですね!気になるご飯について感想を言うと、「めちゃスタッフさん頑張ってるな〜!」って印象です!フィリピンにあるもので、どう日本食に近い食べ物にするか。毎日悪戦苦闘しながら作ってるイメージです!ちなみに、CNE1の料理は基本「日本食」中心の料理となっています!日本人にはとても嬉しい環境ですね!
頑張ってるのはわかったけど味はどうなん??私の個人的な感想となりますが、「んーーーーうん!食える!!」って感想です!笑
「めちゃ美味しいっ!」って時と「なんじゃこれ!?」って時があります!笑(別に私、CNE1の回し者じゃないので素直に答えます笑)まぁそれでも。全体的に見れば「好評価」です。
前の学校では「いやいやほんまに不味すぎる。」「え!?なにこれ猫の餌!?」とか言われていたりしました。付け加えると、フィリピンの先生!生徒が言っていました。笑
基本的にフィリピン料理はめっちゃ美味しいです!何回かいろんな家庭の誕生日パーティに呼ばれて行ってきましたが、どこの料理も全部日本人の口に合います。なので決してフィリピン料理が悪いわけじゃありません。料理に関してはその学校がHP等で謳っている「美味しいと評判ですっ!」「バイキング形式♡」みたいな宣伝文句は全く役に立たないので、出来れば「ご飯だけ」は口コミ等にこだわってもいいのかな?と思います。
とりあえず、CNE1の作る料理はめちゃ好評価です!スタッフがめちゃ頑張ってて、毎日アンケートも直接しに来て、試行錯誤されています。実際リターニー(2回目のCNE1留学生)の人たちは「ご飯めちゃおいしくなってる!!」と口をそろえて言います!
これからもどんどん良くなると思うので、個人的にもとてもおすすめできる学校ですよ!

3,ルームメイトに勝手にインタビュー!

ルームメイトに「自分の夢!」について語ってもらいました!(EOPルールがあるので英語だけの会話となっています。)

実際は3人のルームメイトにインタビューしたのですが、「じゅん」の部分だけがピックアップされてますね!笑
大まかな内容は、「なんで英語学んでるんー??」「過去にアメリカ行ったんやけど、 少しは話せるんやけど、聞き取りが全然できなくて。。。 もっと学びたいと思った!!」「ついでに夢なんなんー?」「不動産業界でこれから働くんやけど、 その知識や経験を日本や世界で使いたい。 んで将来は起業したいっ!」って会話をしてます!
この他の人も「外国人と話せるようになりたい!」「将来、外資系の企業で働きたい!」だったりみんな目標を持って留学してきています。
「どんな夢や目標が素晴らしいのか。」全部素晴らしいと思います。英語を学ぶのに崇高な理由なんかいらないと思っています。大切なのは、その夢や目標を自分なりに持ち、それ対して全力で行動すること。だからここに来ている人たちはいつも輝いています。
「英語を話せる姿」みんな真っ直ぐに突き進んでる。同じようにそんな姿に憧れを持ち、でも色々なできない理由を探して、自分の夢から目を背けていた過去の自分を恥ずかしいと思う。
もっと早く気づきたかった。でも今気付いてよかった。決して早くはなかった。でも、決して遅くもなかった。気付いて、決意して、行動した、そんな過去の自分を今の私は誇りに思っています。色々勝手にやらしてくれる両親や周りの人たちにとても感謝しています。
皆さんも一度、もう一度、自分の気持ちと向き合ってみませんか?きっと何かが変わるきっかけに思いますよ!

セブ島に語学留学した私が恋した島!「カモテス島」をご紹介っ!

近況報告っ!Oneとして、人生2度目となるこの留学もあと2週間。最近「将来英語を使って仕事をしたいな〜」と思うようになりました。「今まで思ってなかったの?」と言われると、実際は、漠然と昔から思ってました。でも、それを形にする能力がなかったので、気づいていて、気づいていないふりをしていました。このOneとしての留学は、私にその想いを口に出す勇気をくれたと思っています。ってこんなこと言ってると、ゆーためっちゃ話せるんやろな!とか思うかもしれませんが、ぜんっぜん話せません!!笑やっと「今、語学留学をし始めた日本人」と英語で話せるレベルです。笑
ですがまぁ、、、英語が大嫌いだった私にとって、英語を使って仕事をしたい。=  英語を学び続けたい。と思えるようになってきたのは、とても大きな財産だと思っています。あと2週間ですが、この気持ちを大切に!走り抜けていきたいと思っていますっ!それでは行ってみましょうっ!
今回は、「セブ島に語学留学した私が恋した島!「カモテス島」をご紹介っ!」私はセブ島にも留学した経験があるので、今回はセブ島への語学留学者向けにブログを書きたいと思いますっ!
セブ島留学中の休日の過ごし方は、
・街に買い物
・学校で勉強
・島へ遠征じゃぁあああ!!!の大体三択でした笑そんな中、数多くある島の中で私が5度も訪れた島がありました。それが「カモテス島」です!「いやいや、カモテス島とか聞いたことないし。。。」「いったい何がある島なの?何ができるの?どんなとこなの?」
今回はみなさんのそんな疑問に自称「カモテス島の現地民」ことこの私が、お答えしたいと思っています!

カモテス島攻略 其の1

カモテス島までは船を使えっ!!


カモテス島はその名の通り「島」です。なので、船を使っていくのが通常ルートとなります。所要時間は2時間ちょっとです!セブ島にある「Pear 1 」と言う船乗り場からカモテス行きの船が出ています。
⬇︎船乗り場になぜか置いてあった写真スポット笑


船のチケットは「アヤラモール」等のショッピングモールでも買えますが、船乗り場で直接買うのが一番安いと思います。(何ペソか忘れちゃった。。片道200ペソくらいだったそうな気がします。)


室内(エアコン、極寒、静か、映画もある)室外(灼熱で、排気ガス臭くて、音もうるさい)が選べます。見てわかるように、室内をおすすめしますっ!笑
そして、フィリピンで船やバスを使うときはいつもなんですか、「防寒着」は絶対持って行ってください!!本当に!凍え死ぬんちゃうか。と思うくらい寒い時があります。体調を壊してもあれなので、絶対持って行ってくださいね!
ちなみに。。。私たちはいつも朝の6時出発の船で行っていました。2時間おきに船があったような気がします。

カモテス島攻略 其の2

島ではバイクを乗り回せ!!!!!!


セブ島や他の島では、交通量も多いし危ないのでお勧めしませんが、このカモテス島だけは別です!とっても田舎なので安全に運転することが出来ます!また、結構移動が大変なのでバイクを借りると移動がスムーズに行えて便利です。それにそれに。。。バイクってなんか青春です!!笑
⬇︎男旅の時ですね!笑


基本二人乗りでいつも移動していました。1日あたり300ペソ〜400ペソ / 1台 くらいです。
大体「3、4台借りたい!」というと、港町ではなく近くの町まで連れていかれて、そこでバイクをゲットします。「バイク借りたい言ってんのに、 なんでどっか連れて行かれやなあかんの?」とか初めて来た時の私のようにアホな口論はせずに素直について行ってあげてくださいね!笑
⬇︎連れて行かれる街にはこんな置物があります!


⬇︎値段やらいろいろ交渉中。


⬇︎バイク練習中!!笑


ここでカモテス豆知識!


「え?コーラ入れてんの??」そう思いますよね!カモテスのバイク、決してコーラを燃料に走れたりはしません。笑これ、ガソリンなんですよ!


赤色の瓶緑色の瓶があるので、バイク借りるときにどっちの燃料なのか確認してくださいね!
ちなみにかもテス島では「ジプニー(トラックのような乗り物)」もチャーターすることができます。こちらも船を降りてすぐに交渉することができます。なので「バイク乗るの怖いっっっっ!」って人が多いグループはこちらを選択すれば安全に移動できますよ!


めちゃ綺麗ですよねっ!本当にのんびりしててめちゃ良い島なんですよ〜!
⬇︎自然でいっぱいです!ドライブに最高ですね!


まぁ見ての通り、カモテス島は基本ど田舎です!すっごい一本道とかなので、「スピード出したいな〜。。。」とか、「競争だ〜〜〜やっふぃ〜〜〜っ!!」とかしたい気持ちはわかります。ですがあえて言わせてください。絶対にしないでください!!本当に!!
カモテス島には急な坂やカーブ、砂利道等の不安要素がそこらじゅうに散らばっています。そんな中、変にはしゃぎすぎると。。。


調子にのってこうなります。。。バイクを借りる件のところで、「バイクってなんか青春です!!」とか言っていましたが、こうなっては青春もくそもありません。ましてや後ろに「めっちゃ好きな女の子」を乗せてたとします。
。。。いやほんまに絶望ですよ。笑い話にもなんないほどに笑
ドライバーになる方は、命を預かってる自覚を持って安全運転を心がけてくださいね!

カモテス島攻略 其の3!

男を見せに飛び込みに行けっ!!
⬇︎これは宿から見えた景色です!(飛込み台ではありません)笑


カモテス島にはいくつか観光スポットがあります。その中でもおすすめなのがこの飛び込みスポット!


こんな置物がこの場所の目印ですっ!入場料として20ペソくらい必要ですが、なかなか楽しめる場所です!


滑り台 や  走って飛び込める飛込み台。そして、、、、


めっっちゃ高い飛込み台があります!「いやいや、あんな飛込み台現地民以外無理やろ。」


安心してくださいっ。飛べますよっ!笑飛び込んだ先もちゃんと十分な深さはありますので、安心して飛んでくださいねっ!笑

カモテス島攻略 其の4!

ホワイトサンドビーチに行けっ!
⬇︎ホワイトサンドビーチ!


船乗り場からバイクで40分。ここには私の個人的な「人生で見た本気で綺麗なビーチBest3」にランクインするほど綺麗なビーチがあります。


もう水の透明度が半端ないっ!
そしてそして、ビーチから30mくらいまでは全然深くないっ!!


この写真、見返してみたら彼が面白すぎて載せたのもありますが、結構ビーチから離れているのに立てている!ってとこが重要です!決して「爽やかな顔して飛んで行っている彼」に注目してほしいわけじゃないですからね!笑
飛込み台は、泳げない人にはちょっと苦しいと思いますが、このビーチではめいいっぱい遊ぶことができますっ!水も砂も本当に綺麗で仕方がないビーチ。どこまでも浅く誰でも気軽に遊ぶことができるビーチ。入園料も何も必要がない完全無料なビーチ。
何が言いたいかって?とりあえず最高なビーチってことですよ!!笑
とりあえず、必ず訪れてほしい場所の一つです!!

カモテス島攻略 其の5!

観光スポットがいっぱいっ!!


「うわっ!こいつまとめやがった!!」とかは禁句です!!言わんといてくださいっ!笑
飛込み台ホワイトサンドビーチを紹介させていただきましたが、カモテスには意外に他にも多くの観光スポットがあります!ボートに乗って向かう小さな島があったり、

洞窟があったり、


白鳥ボートが漕げる湖があったり、
⬇︎後ろに湖とボートあります笑


それぞれ場所が離れているので一気に回るとしんどいですが、時間があれば寄ってみてくださいねっ!

まとめ!

いかがでしたか?色々紹介しましたが、カモテスの魅力はなんといってもその「喉かさ」セブ島のような騒音がうるさい環境ではなく、
この島には本当になーんにも無い、虫の鳴く声と波の音しか聞こえない世界があります。私のおすすめは、そんな中でボーッと夕日を眺めることっ!笑


ホワイトサンドビーチの近くの宿を取り、みんなでのんびり過ごす時間は本当に最高ですよっ!


ぜひぜひ!セブに留学した際は訪れてくださいねっ!

意外に大事!?有名なフィリピン留学の地域をご紹介します!

近状報告!!現在私は、旅関連の団体のスタッフとして活動させていただいており、先週は企画前の研修に参加してきました。「お金とか、何かがもらえるわけじゃない」みんなが、この活動に可能性を本気で信じていて、熱く語って、想いをぶつけて、笑いあって、しているのを見てやっぱこの団体おもろいな〜!って思いました。
どれだけしんどくても、自分達のやってることの可能性を信じて生きていく。将来も、こんな感覚で仕事をしていきたいな。とか思った週末でした。☺
それでは行きましょう!
今回は『フィリピンの各地域』について書きたいと思います。「フィリピン留学しよっ!」って決めて動き出した時に誰しもがぶつかる壁。「フィリピンゆーてもいろいろあるやん。セブ、バギオ、クラーク、どこですねん。」
実際私もぶつかりました。多くの人が数ヶ月という長期間滞在することになる留学地。どうせなら「あっちにしたら良かった。。」ってならないほうがいいですよね!ってことで今回は「フィリピン留学で有名な6つの地域」を簡単に紹介したいと思います!

セブ


言わずと知れた、フィリピンを代表するリゾート地 セブ島。現在、フィリピン留学の中で最も人気のあるエリアでしょう。167もの島々からなるセブ島は、美しい海が魅力的なのはもちろん、シティとしても発展しており、買い物等には困りません!語学学校の数は全地域の中でダントツに多く、自分にあった学校を見つけることが可能!旅行やショッピングがしやすく、どんな人でも比較的ストレスなく過ごせるのがセブ島の魅力だと思います!

バギオ


バギオは本気で英語を勉強したい人におすすめのエリアです。マニラの北部約200キロメートルの位置にある地域。年間の平均気温が20℃、最高気温も26℃以上には上がらないらしく、フィリピンの避暑地として人気のある地域です。マニラからバスで約7時間もかかる田舎な場所ということもあり、フィリピン留学特有のスパルタ式の学校が多いのも特徴!快適な気温と、誘惑の少ないバギオは『勉強だけに集中したい!!』という人におすすめの地域です!

マニラ


フィリピンの首都。ショッピングモールやデパート、おしゃれなカフェ等、日本の都会暮らしのような生活を送れる地域。また、遺跡や歴史的建造物もたち並び、一歩中心地を離れれば手付かずの大自然が広がっています。フィリピン有数の大学が多く存在するマニラの語学学校には、優秀な講師が集まりやすいのが特徴。他の地域と比べると費用は少し高めとなっていますが、「ホテル等に滞在できる!」と言った少し贅沢な環境を提供する語学学校も多数あります。
生活水準が高い便利な都会の中で留学したい!という方はぜひマニラへ!

イロイロ


あまり聞き覚えのない場所『イロイロ』には、大都市の様な華やかさはありませんが、生活に必要な物は全て揃います。フィリピンも有名な大学が多く所在しているため、有能な先生が多いのも特徴の一つ!また、アジアのベストビーチに選出されたこともある『ボラカイ島』へのアクセスも良好。
⬇︎ボラカイ島!フィリピン留学の際は是非訪れて欲しいリゾート地です!


物価も安く、留学費を抑えたい方にピッタリ!また、治安が良く、勉強に専念したい真面目な学生が集まるのも特徴です!あまり学校の数は多くない地域なので、自分にあった学校に出会えれば、この上ない留学地になるかも!!

クラーク


マニラから車で2時間の場所にあるクラーク。クラークは以前アメリカ空軍基地に支配されていたという歴史もあり、現在でもネイティブの方が多く住んでいるのが特徴です。そのためクラークは、『英語ネイティブ講師の授業が受けられる』数少ない地域。英語ネイティブからリアルな英会話や表現方法を学べるのが何よりの魅力ですねショッピングモールや飲食店も揃っているので、日常生活も快適に過ごすことができます。どうせならネイティヴの先生から英語を学びたい!という方にピッタリの地域です!

ダバオ


首都マニラから飛行機で1時間45分。マニラ、セブに次ぐフィリピン第3の都市ダバオ。ダバオは、現在のフィリピン大統領ドゥテルテ氏が知事を長年務めた地域で、フィリピン屈指の治安の良いエリアとして知られています。ビーチも近く、アクティビティも楽むことができるため、『なんかセブ島はなぁ。。』という方におすすめ!「フィリピンちょっと怖いな。」という方は、ぜひダバオで留学してみませんか?

まとめ

どうでしたか??ひとえにフィリピン留学と言っても色々な地域があり、留学地によって、学校の特色や生徒の雰囲気、生活の内容が変わってきます。長期滞在となる語学留学、せっかくなら自分が住む地域にもこだわってはいかがですか?



ページ:

1

2 3

関連記事

  1. [また食べたくなる😌] ダブリンでの美味しい出会い♡あなたはどれ…
  2. フィリピンセブから「カオハガン島」への行き方
  3. Sanra Monica brewing Works&BJ…
  4. 英語学習におススメのYoutuber2選-英語学習-医学生Suz…
  5. みんなが気になるあの話-医学生SuzuBLOG㊺
  6. hawaii49.50.51日目 時間がない!ハワイ3泊5日旅行…
  7. 【楽しく学べる!】オンライン英会話⑥ 〜 エイゴックス 〜
  8. CPI フィリピン語学学校の場所

ランダム 運命の10記事

無料留学 One project〜アイルランドのハロウィン〜

こんにちは!そろそろハロウィンですよ(^O^) ハロウィンといえばアイルラン…

無料留学 One project YORDAブログフィリピン

無料留学 One project いよいよ留学期間も一か月きってしまいました・・・本当に久し…

ハワイは、寒い!?

Aloha〜🌺 Hatsueです🎵季節は、冬の真っ只中!!…

世界一周体験記〜やっぱり子どもっていいなあ〜

最近ほぼ毎日子どもと関わる状況にいるのですが、やっぱり子どもっていい…

イギリス留学〜ドックランズ〜

ロンドン塔の東のセントキャサリンズ・ドックからグリニッジへと続く地域をドックランズと呼ばれている。…

【マルタ留学】決めたきっかけ~留学したい人へ~

今日仲の良かったブラジル人の友達が帰国してしまいました。毎週誰かが帰っていくと思うと…

慶應女子の武者修行日記

みなさん、こんにちは。青山です。無事、留学をスタートできている私ですが、留学行く前に…

セブ JY square近く カフェ【FUJINOYA】

こんにちは🙋‍♀️今日はお休みなので、学校近くのカフェに立ち寄ってみました☕JY s…

【ドイツ留学】ベルリンのクラブ事情と闇。

先週は日本のお盆休みとおんなじで。ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。せっかくなの…

セブ到着午前1時!!恐怖の深夜移動!タクシー乗ってみた

やほーーーーー\( ˆoˆ )/ついに明日!語学学校3D ACADEMYへ入学を控えておりま…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. 塀を乗り越えたけど、そこも世界の外ってわけじゃない話

    こんにちは、青山です。 今月も1位をいただくことができました✨ いつも読んだくださる皆さん、 本当にありがとうございます! パレスチナ...

  2. 【ドイツ留学】ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  3. 慶應女子の武者修行日記~ビルゼイト大学の学食~

    こんにちは、青山です。 今日は普段食べている学食について紹介したいと思います😊 ビルゼイト大学の学食名物と言えば、 経済学部の建物内のカフェ...

  4. 【フィリピン留学 釜山で乗り継ぎ編】釜山トランジット9時間!町に繰り出してみた。 〜沖縄からセブへ

    やっほーいいいいいいいい🌺 先走って語学学校入寮の4日前にセブ入り。 来て2日目の本日は、両替しに勇気だして街に繰り出したら、日本円を部屋...

  5. 【マルタ留学SIM編】マルタでSIMを買ったら….でびっくりーALL IS WELLー

    こんにちは!まきです\(^o^)/ 蚊に刺されて、かゆいです。いっきに10箇所やられました。     違う...

  6. 【英語留学者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Minaの自己紹介を...

  7. セブ到着午前1時!!恐怖の深夜移動!タクシー乗ってみた

    やほーーーーー\( ˆoˆ )/ ついに明日!語学学校3D ACADEMYへ入学を控えております ドキドキ💓 アサノです〜 &nbs...

  8. 訪問介護士ナカダのバンクーバー生活~嫁とののろけ話~

    バンクーバー来て、楽しくて楽しくて仕方ない生活!…とはほど遠く(笑)この町は好きになれないし、英語は上達しないし?(たぶん)、この町の人もあんま好きじ...

  9. 【イギリス限定】ニベアのリップバターを買ってみた

    こんにちは、青山です。 せっかく留学したらそこでしか手に入らない商品を買いたいですよね。 そこで今回、日本では手に入らない ニベアのリップバ...

  10. 【モントリオール留学移動編】トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

PAGE TOP