海外体験記〜『可能性への一旅』〜

Contents

海外体験記〜『可能性への一旅』〜

名前:池田さん
場所:バーレーン / マナーマ
目的:語学留学

日本人がなかなか行くことのないバーレーン。国土は東京23区の広さとほとんど変わらない。そんな小国でどのような経験を積んだのか。海外での経験を多く持っている彼女だからこそ、彼女なりの海外経験への考えがあった。

なぜバーレーンに行きたいと思ったんですか?

日本政府のプロジェクトでバーレーンの子が私の家にホームステイしていたんです。仲良くしている内に、その子が今度は「バーレーンのうちにきなよ!」と招待してくれたんです。このことがきっかけでバーレーンに行くことを決めました。

実際に行ってみてどうでしたか?

私は海外で異国の文化に触れることが大好きなのですが、イスラム圏はこれが初めてでした。私にとっては映画の世界でどんなところなんだろうと想像を膨らませていました。そして経験したことはどれもこれも初めてのことばかりでした。砂漠のドライブや服装、食べ物など本当に日本では味あうことのできないものばかりでした。

どんなところが良かったですか?


国民の人はほとんどイスラム教なのですが、イスラム教と聞いてどういうイメージを思い浮かべますか?きっとあまりよくないイメージを持つ方が多いのではないかと思います。そしてそれはおそらく世界的に見てもそうで、現地の人もそのことを改善すべき問題として捉えていました。私が現地で知り合った人たちはみんな優しかったです。みんなイスラム教のイメージを良くしようと、みんなにちゃんと知ってもらおうという気持ちで接していると言っていました。そしてバーレーンはとても小さな国で人口も少ないのですが、そのためか一人一人が国の代表としての意識を持っているんです。みんな日本から来た私に対して、バーレーンでいい思い出ができるようにとても歓迎してくれました。

イメージと違ったところはありましたか?

イスラム教のみんなは稼いだお金を恵まれない人に分け与えることがよくあります。これは日本とはとても違うところです。日本ではホームレスの方々に個人が直接何かを与える機会はほとんどなく、助けようという文化はあまりないように感じます。それが良い悪いではなく、違った文化を知ることができとても新鮮であり、イスラム教のイメージがとても変わりました。

悩んでいる人に一言


人生の選択肢が広がります。それは本当にとても広がります。友達にしても、情報にしても、仕事にしても、何かを選ぶとき、自然と選択肢が広がっています。そしてその選択肢が広がるということは、可能性が広がるということです。選ぶ選ばない自由。どうせなら選ぶことのできる範囲が広い方がいいですよね。ぜひ一歩を踏み出してください。

海外体験記〜『ずるむけ』〜

名前:都志侑希さん
場所:アメリカ
目的:語学留学

大学3年生の時に、半年間アメリカ留学した都志さん。今回の海外体験記の題名は『ずるむけ』。都志さんは、一皮剥けるって言葉以上にべろんべろんになった。脱皮を何回もして、成長したなと感じる。自分自身で成長したなって思うことは少ないけど留学は数少ない自分を褒めてあげれるくらい成長したって人に言えることじゃないかな、と、その成長ぶりについてお話していただきました。

なぜ留学に、アメリカに行きたいと思ったんですか?


大学で留学プログラムがあり、自分の学部は全員参加だったため。そもそも留学があるからそこの大学に入ったんだけどね。なんで英語に興味を持って、その学部に入ったのかは高校の時に英語のテストがとてもよくできたから。すっごい単純な理由なんだけど、高校生くらいになってくると自分の長所が見えてくると思うんだよね。それで自分のいいところを伸ばせる手段として英語を伸ばそうと思って、さらに次のステップろして外国へ行って、自分の良さを伸ばそうと思った。ロシア、中国、イギリス、ドイツ、フランス、カナダなどから選択できたけど、そもそも英語圏のところっていうところとアメリカは人種の坩堝って言われるくらい色んな人種がいるからアメリカにした。自分が学生の時に、世界の人に幸せを聞いて周る、という活動をしていたので色んな人種の幸せをきいたいと思ったのもあるね。小さいことでいえば、色んな国選択できたけど、半年間だし、平日は学生寮で土日はホームステイっていうプログラムがあったからアメリカのミシガンっというところを選択した。

実際に行ってみてどうでしたか?

アメリカ人はフレンドリーだなあってすごく感じた。アジアだと色んな国に行ったけど、日本人もそうだけどシャイな人も多くて気軽に話しかけてくれるっていう環境じゃなかったんだよね。でもアメリカ人はそうじゃなくて、なかなか英語にも自信ない自分に気にせずに話しかけてくれたし、いい意味で積極的だった。

留学で学んだことを教えてください

アジア人、特に日本人・中国人・韓国人はみんな同じような顔をしてて初対面のときには、日本人としては見られていないんだよね。Chinese?Korean?っていうのをすぐに聞かれた。ただ見分けがつかないから聞いてるのかその奥に何かを考えているのかはわからない。でもJapaneseっていうと相手にとってはよいサプライズでだったように感じた。アメリカに住む最初の文化の違いだよね。人種を気にするっていうことは。これはもうカルチャーショックでしかなかった。

悩んでいる人に一言


どうにかなるってみんな言うだろうけど、どうにかならないことももちろんたくさんあるよ。それを判断しに行くためにいくのもいいんじゃないかな。

海外体験記〜『海外強制更正』〜

名前:森脇奈緒さん
場所:アメリカ / オクラハマ
目的:大学留学

アメリカのオクラハマにある大学に入った森脇さん。行く前の英語力はコミュニケーションを取れるレベルではなかった。英語がぜんぜんできずに友達も勉強もできずに苦しんだ彼女。どのように乗り越えていったのでしょうか。そしてどのように変わっていったのか。

なぜニューヨークに行きたいと思ったんですか?


英語が次の時代に必要だと思っていました。日本だけではこれからは勝負していけない。周りの国の留学生をニュースなどで見て焦っていました。アメリカを選んだ理由は非常に単純で、英語の本場で学ぼうと考えていたからです。今思うと、もっといろいろ考えて選べばよかったな、とも思います^^;

実際に行ってみてどうですか?

自分の性格や行動がどんどん変わっていきました!世界中から学習意欲の高い人々が集まっていました。日本では当たり前ですが周りは日本人です。文化的な背景はほとんど同じです。でも、海外ではそれは当たり前ではありません。その逆。いろんな国籍の人々がいることが当たり前なんです。そんな今までと全く違った経験を積むことによって、英語能力以外の面でとても変わっていきました。

イメージと違った部分は?


アメリカにはとても多様な人種の人々が生活しています。人種差別がまったくない。というとうそになります。白人と黒人のケンカもあれば、アジア人とのケンカももちろんあります。最初は私も友達がまったくできませんでした。とても辛く、どうしていいのかまったくわかりませんでした。

辛い時期をどのように乗り越えましたか?

私は歌やダンスが大好きだったので、黒人の人たちとずっと遊んで気づいたら仲良くなっていました。友達ができてからは生活も自然と楽しくなり、勉強にも集中できていきました。ただ、海外の宿題というのはとてつもない量なんです。。。英語をぜんぜん勉強せずに行った私はとても苦労しました。

どういう風に乗り越えたか。それに特別なテクニックはありません。ただ机の前に座り、ただがむしゃらに取り組んでいきました。結局、私は甘かったんです。自分の基準で辛さを感じていたけど、世界を見るともっともっと辛い人がたくさんいました。こんなんで悩んでいないで、もっとがんばらなくちゃいけない、と強く思いました。世界を見て、強制的に更正されました。

海外に行こうか悩んでいる人に一言

とりあえず行ってみてください。気になった国に行ってみてください。間違いなくいい経験になると思いますし、万が一、ぜんぜんいい経験にならなかった時は戻ってくればいいじゃないですか。行ったら行ったきり、というわけではなく、いつでも戻ってこれます。行っていやだったら戻ればいいと思います。行けばどうにでもなるもんです。行ってみてください。

海外体験記〜『なんとかなる』〜

名前:田中 あゆみ
場所:オーストラリア(メルボルン)
目的:ワーキングホリデー

現在オーストラリアのメルボルンという都市でネイリストとして働いている田中さん。ネイルサロンでは世界中のお客さんを接客し、マネージャーとしてサロンをまとめあげている。なぜ彼女が海外に飛び立ったのか話を聞くことができました。

なぜ留学に行きたいと思ったんですか?

日本でネイリストとして仕事をしていたのですが、どこか物足らなさを感じていて、何かしたいなって思ってたんですよね。仕事もプライベートも一度リフレッシュしたかった時だったんでしょうね。そんな中、家族で話した際にたまたま、ワーキングホリデーってのがあるって聞いたんです。はじめは”ワーホリ”って何!?って感じでした(笑) 海外!?仕事!?遊び!? いろいろ調べてみるとオーストラリアに魔女の宅急便の舞台になった都市があるって聞いて、綺麗な街並みが想像できて楽しめるかもって思って決めたんです。家族からも行けばなんとかなるって聞いていたので。

実際に行ってみてどうでしたか?

大自然、綺麗な街並みが素敵でした。でも、最初の半年間は本当に大変でした。学生時代に英語の勉強を避けてきてたので、単語を聞き取ろうとしても全然わからなかったんですよね。メルボルンは日本人が少ないってところも気にいって選んだんですがそれが失敗でした。誰も助けてくれない。買い物の際に買いたいものが見つからない。語学って本当に重要だなって実感しました。幸いにも、海外の人々に恵まれたので、半年ほど経った時にはある程度余裕を持って生活できるようにはなったんですけどね。さっきは、失敗って言っていた日本人の少なさですが、今振り返ってみると良かった点です。例えば、シドニーとかだったら恐らく日本人と一緒に時間を費やしてしまって、なかなか英語を習得できなかったと思いますし、もしかしたら、オーストラリアの魅力に気づけずすぐに帰ってきてしまったかもしれないです。大変でしたけど、それだけあの時期の経験は思い出として自分の中に強く残ってます。

日本との違いは感じましたか?

まず物価が高いところですね。本当に高い。お酒とか飲みに行くとビール一杯で1000円以上です。その分、賃金も高いんですけどね。ちょっとしたものでも高いから節約癖がつきました(笑) あとは公共交通機関にはビックリです。電車が時間通りに来ない。日本だと定刻にくるのに・・・って、本当に日本の環境の良さを異国で感じました。今はメルボルンにあるネイルサロンで働いていますが、不思議とストレスがないです。日本と比較すると物足らないこともたくさんあるんですが、毎日が楽しく、最高の環境だなって感じてます。

迷っている人に一言


少し前まではまさか私が、英語を喋って、海外で生活をしているなんて想像もしなかったです。大変な時期もありましたけれど、人生の選択肢が広がりました。留学・ワーキングホリデーって聞くと固いなって、難しそうだなって思ってましたし、悩んでいる人のなかにもそう思っている人もいると思います。でも、意外となんとかなります。もう少し若いうちに行けば良かったと私は感じてます。友人関係も一気に広がりました。国境を越えた出会いがたくさんです。ちょっとした勇気を持って挑戦してみてください。

海外体験記〜『頑張ってよかった』〜

名前:J.M
場所:アメリカ(ワイオミング州)
目的:大学留学

某有名IT企業でのコンサルを経て、現在はWEBデザイナーとして活躍しているMさん。彼女は、大学時代をアメリカで過ごしている。なぜアメリカに、そして海外で得た経験を伺ってみた。

なぜ大学留学に行きたいと思ったんですか?

大学は絶対に行きたいなって思って、高校2年生の時に日本の大学を調べていたんですけど、授業料の高さにビックリしました。見間違えであってほしいくらい何回見ても0が多くて(笑) それで一度は大学を諦めようかなって思ってたんです。そんな時に知り合いから、海外ならばもっと安く大学行けるって聞いたので調べ始めたんです。辞書並み厚い英語のアメリカ大学一覧を毎日眺めてました。そしたら、ワイオミング州にある大学なら費用的に行けそうだったので、もうここだと思って決めました。

実際に行ってみてどうでしたか?

大自然との出会いでした(笑) 田舎の中の田舎ってところで、自然に恵まれていたんですけど、買い物とか行くのにも車で遠出しなきゃいけないくらいのところでした。ネガティブなギャップはなくて、買い物とか遊ぶところ以外は申し分のないいいところでしたよ。

印象に残っていることはなんですか?

本当に田舎なので、日本人がほとんどいなかったです。その分大変なことはたくさんあったけれど、英語上達も早かった気がするし、海外の友人もたくさんできましたよ。逃げ場がなかったので、何事にも全力で挑戦できました。日本人がいる環境はいいですが、自身の甘えになってしまったら意味はないかなって思うのでEnginnierが手がけるアイルランドのような環境に日本人は行くほうが経験量は大きいと思いますよ。

日本との違いは感じましたか?

やっぱり学校の制度ですね。知っている方も多いと思いますが、アメリカの大学って入学は簡単なんですけれども、卒業するのが本当に大変なんです。どの学生も単位を取るために図書館に缶詰状態になるんですよ。学校の図書館は24時間空いているので、テスト前は席確保が大変です。日本の大学は受験が大変だけど、卒業はしやすいって聞きますし。私は日本の大学に行ったことがないので、実際のところはわからないですけどね。これでもかと思うくらい勉強しました。単位落とすと別途でお金がかかってしまうので(笑)
あの学生生活の環境での経験が、社会人になった今、自分の強みにつながっている気はしてます(笑)

迷っている人に一言


お金があるなら使うべき!!私の場合はお金の悩みがあったので、留学を手助けしてくれる様々なサポートを使うことはできずに、いろんなことを自分で一個一個調べて準備してやったわけですが、本当に時間がかかりました。もしも、両親、親戚がサポートしてくれる環境にいる人は、全面的に協力をしてもらっていいと思います。一番重要なのは、海外に行きたい(行かなければ行けない)理由をしっかりと突き詰めることかなと思います。海外は本当にオススメです。

海外体験記〜『内向きベクトル』〜

名前:榊原 敬治さん
場所:フィリピン
目的:語学留学

大学3年生の時に、1年間フィリピン留学した榊原さん。彼は中学1年生から高校卒業まで韓国に留学しており留学経験豊富な方でした。フィリピン留学にタイトルをつけるとすると?という質問には「内向きベクトル」とお答えいただきました。留学中は、何か決めるときでも周りの誰にも頼れないから考え方が内向きになりますよね。第三者的な視点で自分自信をみつめられます、自分ってなんなんだろう、って自分を知ることができるようになりました。これも留学の一つの醍醐味だと思います、とお話していただきました。

なぜ留学に、フィリピンに行きたいと思ったんですか?


韓国に7年留学していて、もっと留学刺激がほしいなと感じたからです。韓国ではサイエンススクールに通っていたから英語のカリキュラムが全くなくて、be動詞も知らないくらい英語ができないことがコンプレックスだったんです。大学生になって英語の授業があったんですけど、一番下のレベルのクラスだったので、それが悔しくてとりあえず語学留学したらなんとかなるだろうって思って留学を決意しましたね。お金が全くなくて、英語圏で安いっていったらフィリピンしか思いつかなかったんです。留学の目的は、人並みの英語力がほしいということだったので特に国にはこだわりませんでした。でもここで大変だったのがフィリピンのどこに留学するかだったんですよね。まずは大学で姉妹校がないか探しました。でも通っていた大学が、留学サポート全くできてなくて、指導教員もフィリピンのこと全く知らなくて、自分でビザのこととかホームステイのこととか、調べないといけなかったんですよね。入学許可証も出なかったので、先に現地に行ってとりあえず観光ビザとって入学許可証もらって入学しました。

実際に行ってみてどうでしたか?

英語が全くわからない状態で飛び込んでしまったので授業が全然わからず、苦戦しましたね。日本にいた時は、物理と生物を専攻していて、フィリピンでも同じものを専攻していました。日本で習ったことを英語でおさらいという感じで物理と生物はなんとかなりましたね。 でも大学でも生活よりも私生活の方が大変でした。友達とパーティーなどで騒いでわいわいして留学してるって感じではあったんですけど、人並みに英語ができるってことはクリアできたけど、英語で深い話をすることはまだ難しいですね。

留学で学んだことを教えてください

やみくもでも生きていけるんだなって思いました。想像を絶するような生活をしていて、え?!っていうようなことでも現地の人はそれが当たり前で、今までもそうやって生きていて、ってすごく当たり前のことなんですけどカルチャーショックを受けましたね。良かったことは、自分が設定した目標はクリアできたことです。日常会話は問題なく話せるようになりました。留学サポートが全くなかったので、無駄といっては語弊があるあもしれませんが、無駄な作業が多くて英語だけに集中できず葛藤するときもありました。留学で目標を設定するのは、留学を行ってる間に背中を押してくれる大切なことだと思います。悪かったことは、環境に慣れるのに事案がかかってしまったことですね。現地ではデング熱に2回も感染してしまって合計で6週間寝込んでしまいました。いかに自分のコンディションを管理できるかっていうのも留学で大切なことだなって感じましたね。

悩んでいる人に一言


留学は日本じゃないのでうまくいかないことにありふれています。そこでいかに日本の誘惑に負けずにイライラしないで、うまくいかないということを念頭においてほしいですね。ハプニングもつきもので、ハプニングがあったときにいかに冷静に対処するのかっていうのは、友達と喧嘩したときとか上司とぶつかったときに、自分で処理する能力が身につくと思います。絶対に将来役立ちます!

海外体験記〜『グローバル化ってやめよう』〜

名前:中崎太歩さん
場所:アメリカ / ニューヨーク
目的:ビジネス英語

幼少期をハワイで過ごし、英語は既に話せる彼がなぜアメリカのニューヨークへ行ったのか。どのような考えで自分の世界を広げたのかインタビューしました。

なぜニューヨークに行きたいと思ったんですか?


ビジネス英語を学びたいと思っていました。自分はハワイで暮らしていたことがあるので、英語は話せるんです。ただ、言葉として通じるものがビジネスとして通じるものではないと考えています。世界の経済の中心で実際に使われている生のビジネス英語に触れながら学びたいと思いました。

実際に行ってみてどうですか?

とってもよかった!そう思えるのは、ニューヨークが常に会話を楽しむ文化を持っていたことが大きいです。たとえば、日本で通りすがりに知らない人へ「おはよう」と言っても、「おはよう」と返されて終わりですよね?ニューヨークでは必ず1コメントあるんです。身につけているものや景色など、何かしらのやり取りがあってそれを楽しんでいるんです。

何が良かったですか?


やっぱり全然知らない人と偶然にも始まる会話がとても楽しかったです。印象深いのは、ブロードウェイのショーを見に行った帰りの時です。友人とタキシードをビシッと着てショーを見に行っていたのですが、おなかがすいたのでホットドッグを食べていました。タキシードにホットドッグというミスマッチな格好で信号待ちをしていたので、まあちょっと変な人ですよね。するとすぐ側にいた人が、「Really? Hotdog with a tux!? Cool!」そこから信号を渡るまでの間だけですが、ブロードウェイのショーの話しをしていました。そんなささいな偶然が楽しいんです。なかなか日本ではこういうことってないですよね。生きた英語ってこういうことだと思うんです。

日本と違うところはありましたか?

日本ではよくグローバル化って言いますよね。『世界に出て行く』っていうのを『グローバル化』って言うじゃないですか。アメリカのビジネスの中ではそういう意味の使い方はしないんです。グローバル化と言う時点で世界とは大きく違っているんです。世界に出るのは本当に当たり前の認識なんです。ビジネスを学ぶ、当たり前に世界のビジネスを考える、当たり前に世界に出ることを考える、そういう感じなんです。わざわざ行くべき理由とかを一生懸命考えるんじゃないんです。世界は今以上にもっと普通に世界に出るようになっていくと思います。日本もそうなっていかなければならないと感じています。

海外に行こうか悩んでいる人に一言

お金や時間で悩んでいることが多いと思います。僕の経験からしかアドバイスはできないですが、本当にその悩んでいる時間で行ってしまった方がいいです。お金なんてこの経験で将来余裕で稼げます。行こうかどうかで悩むのではなくて、どこに行こうか、何をしにいこうか、こっちに悩む時間を使ってほしいです。

海外体験記〜「自立の旅」〜

名前:中野彩芽さん
場所:アメリカ / ロサンゼルス
目的:語学留学

大学に進学し自分を変えたかった。自立するために彼女選んだのは留学だった。

なぜ留学に行きたいと思ったんですか?

私の留学のきっかけは「自立」でした。大学に入学し1年目の夏を迎えた時になにかを変えたいと自分の中で強く感じる出来事があり、思い切って留学を決断しました。留学するにあったってのネックは英語力で、 その点に関して大きな不安を抱えていましたね。留学先を決めるに上での決め手は留学会社のおすすめ国であったことや、自分でガイドブックを読んだりする中で気候も温暖で自分に合うと感じることが多かったからです。

実際に行ってみてどうでしたか?

留学会社の方に聞いていた内容と特に異なる点はありませんでしたた。現地の雰囲気もよく、気候だけでなく人も暖かかったことはとても良かったです。ホームステイ先の家族もとても良い方達で、ルームメイトの子とも仲良く過ごすことができました。ただ、語学学校に日本人が多かったのが少し気になりましたね。自分で強く意識なければ単なる旅行で終わっていたかもしれません。

印象に残っていることはなんですか?

一番印象に残っているのは海でみれる夕焼けが本当にきれいだったことです。留学を通して学んだことは、英語力が低くても笑顔や伝えたい気持ちが大切だという点です。コミュニケーションを取るために必要なことは言葉だけではないということを実感することができました。一方で、単語が出てこなくて会話中に辞書をひいてしまうことが多かったことは残念でもありましたので、もし次に留学をするならば文法や単語力をつけて多くの人と会話をしたいと思います。

迷っている人に一言


私の留学の目的には英語力のスキルアップもありましたがもうひとつ、「自立」というテーマもありました。もし少しでも留学を検討しているのであれば、短期間でも自分に足りないことが分かるので絶対に行ったほうがいいと思います。またその際に英語だけではない何かをもう一つの目標にできたら学ぶことも多いのではないでしょうか。

海外体験記〜『人生の夏休み』〜

Nick Name:Yuさん
場所:アイルランド
目的:大学留学

日本人がほとんどいないアイルランド。その国での1年間の留学、そしてインターン。英語という言語の違いだけでなく、食生活、気候環境など日本とは大きく異なるこの国でどのような経験を積んだのか。

なぜ留学、なぜアイルランドに行きたいと思ったんですか?


通っていた学部の必修で留学プロがラムがあったんです。そのプログラムでアイルランドへ1年間(交換留学9ヶ月、インターン3ヶ月)行きました。実際プログラムの期間は1年よりも短いのですが、インターンなどでより豊富な経験を積みたいと思い、延長して滞在していました。旅行がとても好きで、1カ所にずっといるのではなく、他の国にも行きやすい国がいいと思っていました。そうして探してみると、世界最大のLCC、Ryan airの拠点がダブリン空港であり、格安でヨーロッパの各都市に行けることを知ったのが最大の決め手でした。また、日本人が少ない英語圏かつその国の首都に行きたかったこと、当時の知識では一番イメージがわかない国がアイルランドだったため、どんな国なのか見てみたいと思いました。

実際に行ってみてどうでしたか?

一言で言うと「北海道みたい」というのが感想です。1日のうちでも天気の変化が激しいのが特徴で、青空が見えたと思ったらそのあとすぐに雨が降ってくるなんてこともあります。アイルランドはバス社会なので、時間通りにいかないことも多いです。そのため時計に依拠しない生活になり、のびのび暮らすことができました。アイルランドの人々はお酒が本当に大好きで、酔っぱらうととても話しかけてきて一緒に盛り上がります。ダブリンの中心街は路上ミュージシャンが多いため音楽に溢れているし、緑や花が多いから天気がいいととても気持ちがいいです。ちなみに、LCCは本当に安くて(LCCが故の不便さもあったけど)、大活躍でした。最初こそなかなか発言できなかったのですが、徐々にそれにも慣れてきて、議論に参加できるようになってから、どんな時でも自分の考えを伝えることの大切さを理解することができました。

イメージと違ったところはありましたか?

アイリッシュ=陽気な人というイメージで語られることが多いですが、いわゆるラテン系の国のような陽気さとは異なっていました。何が違うかというと、アイリッシュは日本人と感覚が近く、内・外の意識が強いため、一度友達になればとても陽気に接してくれるのですが、初対面や一期一会のシーンではこちらから積極的にコミュニケーションを取った方がいいと思います。

悩んでいる人に一言


なんでアイルランドなのか、せっかくアイルランドという少し変わった選択をして、そこで何がしたいのか明確にしてから行かないとなにも得られません。珍しい選択を存分に活かせるよう、目的意識は一貫することをおすすめしたいです。