アメリカ留学

アメリカ留学

レベル分け

Contents

FLS Internationalのレベル分け

アメリカ留学。そう、多くの人が留学に行こうとしている国ですね。そんなアメリカで人気の語学学校がFLS Internationalですね。アメリカの語学学校というと比較的規模の大きい学校が多く、対応が粗くなってしまうということが少なくないのですが、FLS Internationlの対応の細かさはとても定評があります。
通常の語学学校であれば6〜8つのレベルで分かれていますが、FLS Internationalはなんと18個!!細かい!!細かいということはそれだけ人数も国籍もばらけるということです。レベル分けが粗いと同じようなレベルの同じような国籍の人が集まってしまうデメリットがあります。そのためレベル分けは一般的に多いほうが好まれるのですが18個はすごいですね。相当細かく留学生の英語力を分け、対応していることがわかります。
もちろん初級からしっかり学んでいきたいという方もOKですし、大学院入学などを目指すレベルまで幅広く用意されています。英語を学ぶ全ての人に対応できるようにしているのが特徴です。

給付型&貸与型


アメリカに行きたいと考える留学生の多くは奨学金や支援金が出る制度を探すはずです。なぜならアメリカの留学費は高く、高いだけでなく年々上がっているからです。なかなかすんなりと留学費を出せる人は少ないはずです。さまざまな奨学金、支援金制度があります。それらを大きく分けるとするとそのお金が給付型なのか貸与型なのか、ということでしょう。

給付型奨学金

給付型奨学金というのはその名の通り給付されるため返済義務がありません。もちろんみなさんが狙っているのはこの給付型奨学金でしょう。アメリカへの奨学金制度で給付型奨学金を提供しているものに選ばれるのはこれは相当難しいです。少しチャレンジしてみてどうにかなるレベルのものではありません。

貸与型奨学金

貸与型というのは支援金を留学後に返済しなければならない奨学金です。つまり一時的に費用を立て替えてもらっているような形になります。貸与型奨学金の場合はさらに有利子型、無利子型に分かれることになります。アメリカの貸与型奨学金はもちろん給付型奨学金よりは選ばれる可能性は上がりますが、それでも簡単ではありません。

ブログ留学奨学金

給付型奨学金も貸与型奨学金も小額ならなんとかなるかもしれないですが、小額だけ支援する奨学金制度があまりないです。相当レベルの高い奨学金制度しかないということです。弊社ではこの現状が問題だと思っています。もっと容易に少しでもなんとかできる形があるべきだと考えています。そこで勧めているのがブログ留学奨学金です。留学体験をブログで広めていくことに対して弊社が支援金を給付するという形です。これは給付型のためあとから返済して頂く必要はありません。留学費以上をブログ留学奨学金で稼ぐ人も少なくありません。アメリカ留学のように特に費用がかかる留学ならなおさら、そうでなくても留学費に悩んでいるなら、自分の経験を広めていく努力ができるなら、きっと役に立つはずです。

FLSを選ぶ10の理由


アメリカ留学の中でも高い満足度を維持し続けているのがFLSです。そんなFLSはなぜ満足度が高いのか、いくつかのポイントに切り分けて見てみましょう!

アメリカ留学FLSのポイント1 校舎数

なんとFLSでは全米に6つの校舎を展開しています。しかもそのうちの4つの校舎は4年制大学やコミュニティカレッジ内に位置しているため、留学生だけでなく現地の大学生とも交流を持つことができます。しかも大学の設備だって地元学生と同じように使うことができるんです。

アメリカ留学FLSのポイント2 レベル分け

語学学校では基本的に英語のレベルによってクラスを分けています。8〜10のレベルに分かれていればしっかりとレベル分けされていると考えられるのが一般的ですが、なんとFLSではその数18。ここまで細かい指導を展開しているからこそ1人1人をしっかりと指導することができるのです。

アメリカ留学FLSのポイント3 国籍数

アメリカと言えば世界各国から留学生が集まる国です。20〜30カ国から集まっていれば一般的には国籍が多めの学校と考えられます。しかしながら、FLSは世界70カ国以上の国の留学生が集まってきます。この数字こそ世界各国からその授業の質の高さが認められている証拠でしょう。

アメリカ留学FLSのポイント4 大学進学数

FLSでは英語を学ぶという留学では終わらず、その後に大学やコミュニティカレッジに進学する留学生が多くなっています。もちろんしっかりとした英語力がないと進学できません。語学学校から大学に進学するというのは100名もいれば多いです。ただただ、ここはFLS。なんと毎年500名もの留学生が進学をしています。しっかりと留学生の英語力、実践力を高めなければついてこない数字です。

アメリカ留学FLSのポイント5 受け入れ留学生数

国籍は70カ国、大学進学数は500名、それではFLS自体ではどれほどの留学生を受け入れているのでしょうか。その数なんと毎年6000名以上!!毎年ですよ。いままでの累計じゃないですよ。

アメリカ留学FLSのポイント6 英語プログラム数

もちろん英語のプログラム数も重要です。一口に英語と言ってもいろいろな目的があります。日常英会話の人もいれば、大学進学、資格試験などさまざまです。そんなニーズに対応するためにFLSでは11ものプログラムを提供しています!普通は5個もあれば多いのですが、さすがFLSです。

アメリカ留学FLSのポイント7 日本人比率

アメリカ留学は日本人にはとても人気で普通の学校ではクラスの半分が日本人になってしまうなんてことも珍しくありません。人気だからこそそのようなことが起こってしまいます。そんな中で気になるFLSの日本人比率は、、、なんと9%!!これはうれしいですね!日本だけでなく、世界各国から高い評価を受け、留学生が集まるFLSだからこそ成立する数字でしょう。

アメリカ留学FLSのポイント8 提携校数

FLSでは、留学中にFLSのコースで一定のレベル以上になればTOEFLなどの条件なしで入学ができる学校を150校も提携しています。その後の進学も考えている留学生には嬉しすぎる仕組みですね。FLSでの頑張りがそのまま自分の未来に直結していきます。

アメリカ留学FLSのポイント9 学校認定機関

語学学校ではその品質を保つために学校認定機関という第三者機関に正当に評価を受けることが通常となっています。アメリカではACCETとCEAという2つの機関が主要な語学学校認定機関になります。ほとんどの語学学校はこの2つのうちの1つから認可を受けます。どちらかに認可を受けていれば、語学学校としてちゃんと品質を保っている1つの証明になります。そしてFLSはと言うと、、、なんとこの両方から認可を受けています。どこまでも徹底しています。ちなみにこの2つから認可を受けている語学学校は全米でFLSともう1校のみの計2校のみなんです。それほど権威のある、簡単には認可の下りないものとなっています。

アメリカ留学FLSのポイント10 アクティビティ

勉強ばかりでは飽きてしまいますよね。世界各国からの留学生との交流、アメリカという土地、文化もしっかりと吸収、体験できるのが留学の醍醐味です。つまりは授業だけでなく、授業後に開催されるアクティビティも充実していることが重要です。語学学校の中ではアクティビティは週1,2回のところもありますが、FLSでは週3〜5回もアクティビティを開催しています。授業だけでなく、このようなアクティビティの中で英語を実践的に使う機会が用意されています。非の打ち所がない、というような語学学校です。アメリカ留学に興味があるのならFLSはとてもおすすめの学校です。

FLS International emblem

アメリカの世界遺産


どの国に行ってもその国の世界遺産は巡りたいと思いますよね!!他の観光地は置いといたとしても、世界遺産はだけは!という人も多いハズ!ただただ!アメリカはでかいです!!アメリカにある世界遺産、自然遺産、文化遺産の数はなんと20個以上!!どっから周るのか計画を立てるのが必須でしょう!

コロラド州 文化遺産 メサベルデ国立公園 Mesa Verda National Park

白人が入植するはるか以前の遺跡がメサベルデ国立公園。ネイティブアメリカンによって作られた断崖の住居跡などを観ることができます。

アイダホ州 自然遺産 イエローストーン国立公園 Yellowstone National Park

世界初の国立公園としても知られるイエローストーン国立公園。森には野生動物も多く生息している自然が溢れる国立公園です。たくさんの間欠泉も見逃せないポイントです!

アリゾナ州 自然遺産 グランドキャニオン国立公園 Grand Canyon National Park

コロラド州によって侵食された大峡谷がグランドキャニオン国立公園。朝日や夕暮れどきに刻々と色を変化させるその景色は自然芸術作品のようです。

フロリダ州 自然遺産 エバーグレーズ国立公園 Everglades National Park

フロリダ州みなみ野亜熱帯にある巨大な湿原がエバーグレーズ国立公園。バクテリア、亀、蛇、鳥、ワニへと続く食物連鎖の舞台と呼ぶにふさわしいほど自然が溢れている。

ペンシルバニア州 文化遺産 独立記念館 Independence Hall

独立宣言が採択されたフィラデルフィアにある独立記念館です。近くには自由の象徴として知られるリバリティベルがあるのでそちらも要チェック!

カリフォルニア州 自然遺産 レッドウッド国立&州立公園 Redwood National and State Parks

レッドウッドとはセコイアの一種である高い木のことです。カリフォルニア州北部の森にあるレッドウッドは高さなんと100mまで成長する超巨大な木なんです。

ケンタッキー州 自然遺産 マンモスケイブ国立公園 Mammoth Cave National Park

世界一長い洞窟として知られるマンモスケイブ国立公園です。その全長はなんと590km以上にもなります!洞窟内を巡るツアーもあるのでぜひ参加してみましょう!

ワシントン州 自然遺産 オリンピック国立公園 Olympic National Park

アメリカ本土の北西端にあるオリンピック半島がオリンピック国立公園。ジャングルかと思ってしまうほどの温帯森林から氷河まで自然の変化を表現して楽しませてくれる。

イリノイ州 文化遺産 カホキア墳丘群州立史跡 Cahokia Mounds State Historic Site

ネイティブアメリカンであるカホキア族の遺跡がカホキア墳丘群州立史跡。マウンドと呼ばれる土を盛った墓が多く残る。

テネシー州 自然遺産 グレートスモーキーマウンテンズ国立公園 Great Smoky Mountains National Park

アメリカ東部を縦断するアパラチア山脈はいまからなんと2-3億年に誕生!相当人生の先輩です。グレートスモーキー先輩ですね。世界最古と言われる山並みには多くの野生動物も生息しています。

ニューヨーク州 文化遺産 自由の女神 Statue of Liberty

おそらく日本で一番知られているアメリカの文化遺産が自由の女神でしょう!ニューヨーク湾に浮かぶリバティ島に立つまさにニューヨークのシンボルですね。アメリカが作ったものではなく、フランスがアメリカ独立100年を祝って贈ったものなんです。どんな贈り物。。。すごいなフランス。

カリフォルニア州 自然遺産 ヨセミテ国立公園 Yosemite National Park

季節で変化する自然の中でハイキングやキャンプなど楽しむことができる。晴れた日などを狙ってぜひ友達みんなで行きたい場所!

ニューメキシコ州 文化遺産 チャコカルチャー国定史跡 Chaco Culture

850-1250年ごろのネイティブアメリカンの遺跡がチャコカルチャー国定史跡。住居などの建物は高度な石積みの技術が使われていると言われています。

バージニア州 文化遺産 シャーロッツビルのモンティチェロとバージニア大学 Montichello and the University of Virginia in Charlottesville

アメリカ建国の父として知られるトーマス・ジェファソンの家と彼が創立したバージニア大学。アメリカも建国するし、大学も創立するし、すごすぎです。

ニューメキシコ州 文化遺産 プエブロ・デ・タオス Pueblo de Taos

ネイティブアメリカンの部族の一つでタオス・プエブロの住居はなんと現在も人が住んでいるんです。

ニューメキシコ州 自然遺産 カールスバッド洞窟群国立公園 Carlsbad Caverns National Park

内部は地下489m、長さ209kmもある世界最大級の鍾乳洞。5月から10月の日暮れ時には数十万匹にもなるコウモリが一斉に出てくるんです!一匹でも怖いけど数十万匹!!さすが自然遺産です!

モンタナ州 自然遺産 グレイシャー国立公園 Glacier National Park

氷河が作り上げた国立公園がグレイシャー国立公園。カナダとの国境にまたがっており、その景色は圧巻。留学だけではなく、世界遺産も巡ってブログに書いて稼いでしまおう!!

アメリカ留学奨学金事情

アメリカと言えば留学先として多くの人が憧れを持つ国の1つですね。それは日本だけではなく、世界各国から留学生が集まる国です。また、世界経済の中心地でもありますね。そんなアメリカに行きたい人が多いにも関わらずなかなか行けない理由の1つに費用面の問題があります。アメリカは他の留学国と比べると留学費、生活費が高い国です。そのため行きたいと思ってすぐに行けるという国ではありません。この費用面の理由でフィリピンへの留学が人気が出てきていますね。アメリカの費用問題を解決するために日本でも奨学金はいくつかあります。しかし、このアメリカ留学に向けた奨学金はとてつもなくハードルが高いです。選ばれる人数は当然ながらどの奨学金も数人。そしてその選考基準は相当高いものです。アメリカに留学に行きたいという思いだけで叶うものではありません。そして留学自体を諦めてしまう人が多いのが実情です。
弊社では多くは支援できないかもしれないけれど、できるだけ多くの人に留学費を少しでもおさえ行きやすいようにするためにブログ奨学金を提供しています。留学という貴重な体験をブログにまとめ、そのブログが見られた量によって支援金を提供するという形です。当然ながら書かないと1円にもなりません。書いたからといって見られなければ1円にもなりません。純粋にどれだけ見られたかによって支援金を提供する形です。上限支援金額はありません。そのため留学費以上を稼いでしまう人も珍しくありません。
みなさんの貴重な経験、体験が次の留学生を作っていきます。みなさんの伝えたいことが次の留学生を作っていきます。その思いが支援金となります。弊社は留学生のみなさんの経験、体験を重視しています。広告費を使用しない代わりに、みなさんへの支援金へ投資しています。自分の経験を伝えることに全力を尽くす留学生のみなさんを私達も応援します。少しずつ、留学が身近になれたら嬉しいです。留学って本当に楽しいんですよ。英語を学ぶとかそういうことじゃないですよ。世界を感じるって楽しいんですよ。世界が近づいてくるみたいで楽しいんですよ。世界に出る日本人が増え、その経験がちゃんと次の世代に伝わる。そういう未来を作りたいんです。

ルート66


アメリカに行ったらしたいことランキングにいつも上位ランクインするのが「ルート66をドライブする」というものです!

ルート66(U.S Route 66)

1926年にアメリカ合衆国が最初に整備した国道の1つがこのルート66なのです。イリノイ州のシカゴからカリフォルニア州サンタモニカまでの2448マイル(約4000km)もの距離があり、8つもの州を結んでいました。インターステイトの発達により1985年に廃線となるまでの59年間もの間大陸を横断する物流のメインとしてアメリカの反映を支えていたのがルート66なのです。いまは一部がHistoric U.S Route66として景観道路に指定されています。イリノイ州シカゴからスタートし、途中のスプリングフィールドに寄り名物のビールとアメリカンドッグを食べ、ミズーリ州セントルイス、オクラホマ州オクラホマシティ、テキサス州アマリロ、ニューメキシコ州アルバカーキ、アリゾナ州フラッグスタッフを通り、セリグマンでルート66の復興運動を始めたディガルディーロ兄弟の店に寄って、最後の州であるカリフォルニア州ロサンゼルスに繋がっていきます。
1週間もあれば十分に観光することができます!こんなルート66巡り経験してみたいですよね!英語を勉強するだけでなく、観光やその国の文化に触れるのも留学の醍醐味!そんな有意義な経験をブログに残して少しでも費用をおさえてみるのはどうですか?

無料留学相談
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

生年月日

住所

メールアドレス

電話番号

予定出発時期

予定留学期間

留学検討中の国

希望カウンセリング方法

備考

内容を確認
 


関連記事

  1. 【人妻留学】一生に一度はするべき!本気でオススメしたいアメリカ横…
  2. イギリスのオシャレなアフタヌーンティー No.31
  3. アメリカ留学〜Going-to-the-Sun Road〜
  4. 【どうやって予約?】NYブロードウェイミュージカルのチケットの取…
  5. Let’s Enjoy A Great ExperienceⅡ …
  6. Oneprojectに興味を持っている人に読んでほしい!【夢追い…
  7. 【留学について語ろう~♪】SoftBank本社にお邪魔してきまし…
  8. [KIMIKADOOR]9代目フィリピンOne シアトル留学体験…

ランダム 運命の10記事

婚活看護師ナカダの6回目の留学〜タイでゾウを洗う〜

TTC SPA Schoolでは授業がない日や授業後に先生が色々企画してくれたり、他の生徒と一緒に遊…

アイルランドのPENNEYS(PRIMARK)って実際どうなの?

Hi Kahoです!最近少し仕事にも慣れてきてまた飲んでばっかりいます笑前回はちょっ…

One project~お祭り~

   こんにちわ  先週末「 Bubble Run沖縄 」 スタッフ側で参加しましてきました♪♪ ん…

バルセロナの南国感溢れるレイアール広場🏝

✔︎Plaça Reial, 9, 08002 Barcelona, Spainバルセロナに…

オーストラリア留学〜フレーザー島〜

みなさんこんにちは。ブリスベン近郊にはオーストラリア屈指の絶景ポイントがあります。それが世界…

ニュージーランド留学〜アーサーズ・パス国立公園〜

Hi, Yukaです。ニュージーランドの南島に横たわるサザンアルプスの山並みの北の橋に位置す…

勇気が君を拒んだら、

オンライン英会話を受けてみた③~eigox編~

こんにちは、hatsueです!久しぶりの投稿になってしまいました。。出発までもう少し(^…

初寄港のプリンセス!ー函館通訳滞在記④ー【Tales of Letters】

皆さん、1週間ぶりですね :-)無事にベトナム🇻🇳から帰国いたしました!みなさんにも…

ナースのギリホリ留学 〜語学学校のススメpart 3〜

こんにちは!すぐ体調崩す、Mihoです!はい、またです。またなんです。…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. トルコのクラブ事情と闇。

    トルコに来ました!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 🇹🇷   実は昔からターキッシュカルチャーに強い憧れがあって。 ...

  2. リル、Forever🐱

    マイメン・プーリーから     “ねえねえ、エミー。この間の誕生日にね、ジャックからオコウ貰ったんだー。” ...

  3. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  4. ダブリンからみるロンドン🤪

    Flybe(イギリスのLCC航空会社)が オータムセールを期間限定で開催🛩 特に旅行の予定がなかったものの、なんとはなしにちらっと航空券をチェ...

  5. 新居は○○なお家

    こんにちはAKIEです! 今月ずっと書き続けていた家さがし・・ 先週ついに契約が出来ましたーー!! てなことで、今日は私の新居について 書きた...

  6. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  7. シェアハウスを内覧したら・・・だった

    こんにちはAKIEです 今回も、、、続!!! モントリオールで家さがし!!! 伝えたいことが多すぎる(笑 現在フルタイムで学校に行っている私は...

  8. デンマークの保育園に行ってみたらこんなとこだった

        どーも! 世界一周中の旅する保育士ともひろ(@tomtomtomohiro)です!   ...

  9. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  10. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

PAGE TOP