アイルランド留学

Tomの世界一周体験記

幼稚園なのに園舎がない?森のようちえんって知ってますか?〜

みなさん幼稚園や保育園と聞いてどんな場所を想像しますか?なんとか幼稚園って書いてある門や柵に囲まれていて、園舎があって、園庭に滑り台とかブランコとか遊具があって。よく目にする幼稚園や保育園ってこんな感じだと思うんです。
しかし、僕が今まで見学に行った園の中で「森のようちえん」と呼ばれるところへ行ったことがあります。森のようちえんとは、自然体験を軸とした保育、子育て、教育の総称です。幼少期の子どもを対象としており、「幼稚園」だけでなく、保育園、学童保育、自然学校、子育てサークルを指すそうです。
森のようちえんはデンマークの一人のお母さんが森の中で保育をしていたことが発祥ですが、ドイツで特に発展していて、デンマークよりドイツの方が森のようちえんの数は多いです。
そして、日本でも豊かな自然環境を活かして森の中で保育するところが多くなってきています。僕は山梨と長野にある森のようちえんに見学をしてきました。今回は特に衝撃を受けた長野の森のようちえんの様子を紹介します。森のようちえんは、その名の通り森の中で保育をしていました。僕が行った時は二月下旬だったので、まだ雪もあって結構寒かったです。そして驚きなのが、ここには園舎がありません。子ども達はずっと外で遊んで、外でご飯を食べ、外で絵本の読み聞かせを聞き、外で帰りの集まりをします。

しかし、そんな中子ども達は元気良く遊んでいました。手作りのブランコがあったり、

IMG_4137
雪の滑り台があったり、

IMG_4125
切り株に座ってみんなでごはんを食べたり。

IMG_4119
森の中で遊んでいる子ども達は森の妖精のようでした。本当に。僕に子ども達と雪の中で思いっきり遊びました。雪は溶けかけだったのでどろんこになって遊びました。子どもと遊んで今までで一番楽しかったなと思う環境はここがナンバーワンです。長野にあるので冬はめちゃくちゃ寒いらしいです。
氷点下10何度になることも。しかし、そんな中子ども達は元気良く遊んでいるそうです。むしろ大人達の方がきつくなってくるとか。

冬は寒くて風邪をひいてしまうから子どもを外に出さないっていう保育園もあるなか、この話を聞いて、寒さへの強さだけではなく、やっぱりどこか大人の都合や常識、ものさしで子どもの可能性を決めつけてしまっているところがあるんじゃないかなと思いました。子どもってすごいなと改めて感じるお話でした。また、森はほとんど手つかずの状態なので、トゲがある木とかあるんですよ。僕も実際知らずにその木を掴んで痛い思いをしました。普通に考えたらこんなの生えてたら危ないと思いますよね。それ以外にも森ならではの危険もたくさんあります。それを園長先生に聞いたところ、「子ども達は何が危険か分かっていて、大きなケガや事故は1度もない。」と仰っていました。もちろん死に直結するような環境は論外ですが、ある程度の危険を子ども達に経験させることで学習し、将来的に危機管理能力が身に付くということですね。

そして、もう1つ驚きだったのが、職員さんがこども達と同じ14時や15時くらいに帰ること。今の日本では、保育士の仕事の質や量と給料がつりあっていないということがが問題になっていますよね。僕の知り合いでも、7時には園に着き、家に帰るのは22時過ぎという人もいます。この森のようちえんでは給料は高くはないものの、自分の時間を多く持つことで、ストレスが少なく働けるという環境になっています。北欧あたりでは、このように子どもと同じ時間に早く帰り、ストレスを少なくすることでクリエイティブな仕事ができるという考え方だそうですが、日本ではまだまだめずらしい労働環境だと思います。

なぜこんな早く帰れるかと言うと、出来るだけ書き物や事務的な仕事は作らないそうです。保育士が労働時間が長くなる要因として、こうした事務作業があることが挙げられると思いますが、その仕事は本当に保育士を過酷な状態にしてまで必要なのを考えなくてはいけないと思います。「大学でやるように教わったから」「他の園もやっているから」「上司にやれと言われているから」僕は、自分のしている保育や作業がこれらの言い訳にあてはまってしまうならば、保育は進化していかないと思います。もちろん雇われている保育士がいきなりやり方を変えるのは不可能でしょう。僕も多分言いなりになっちゃいます。

だから今回の森のようちえんのように、自分のやりたい保育を自分で作るという考えがとても重要なんだと思います。この森のようちえんの園長先生も、もともとは都内の保育園で働いていて、保育士もこどもも息苦しい環境に疑問をもっていたそうですが、自分でこの森のようちえんを立ち上げ、今ではこの園に通うために県外から引っ越して来た人が半分を占めるそうです。

ロンドンでイケてるOLがスタバのカップを片手に通勤している頃、イケてる僕はぎっくり腰

そう。それはロンドンで日系幼稚園にアポをとり、ボランティアをしていた3日目の朝のことだった。僕はいつものように朝6時に起床した。ドミトリーのルームメイトはもちろんまだ寝ている。彼らを起こさないように、二段ベットから忍び足で降りる。幼稚園に行くのだから、最低限の身だしなみには気をつけなければと、簡単にシャワーを浴びて、ひげを剃る。

なんともスマートな朝だ。そろそろ僕もロンドンが似合う男になってきたということか。スマートともひろここに誕生。さてさて、スマートともひろはその後朝食を食べに、ホステル内の公共スペースへ降りていくと、パンやシリアルがブュッフエスタイルで準備されていた。トーストとジャム、オレンジジュースをテーブルに用意し、「さて、頂きますか」というところで、従業員のおばちゃんが近づいてきた。

「はいチケットみせてくださーい。」「はい?」「チケットだよ朝食のチケット。はよ出せナス。」「これ有料なの?」「たりめーだナス。5ポンドだ。受付で払って来な!」

やられた。ロンドンで滞在した前のホステルは無料で朝食付いてたから、そのノリで食べてしまった。5ポンドっていったら結構高いぞ。マックでセットメニュー食べれるし、スーパーで買っておけば1ポンドくらいですんだのに。これは実にノンスマートだ。だが、仕方ない。スマートともひろ、時にはこんな時もある。気を取り直して朝食を食べ終え、ホステルを出る。

半袖短パンで過ごせるくらい、とてもいい天気だった。幼稚園へ行く足取りも軽い。イギリスは電車運賃が高いので、毎日幼稚園まで片道1時間半歩いて通っていた。イヤフォンでお気に入りの曲を聞いて、「今日は幼稚園でどんな活動をするのかなー。」とウキウキで考えていた、まさにスマートともひろ絶好調。
そんな穏やかなで平和だった瞬間。その時は突然訪れた。むずむず…へ…へ…へっくっしょーーーーーーーん!!!!ゴキッ!!

「ぐぬぉぉぉぉぉぉぁあああああへへへあdcjdぴjゔぁhゔぁhpっvはfvはふvh!!!!!!!!!!!!」

集約されたくしゃみの反動全てが、腰にぶつかって爆発したような言葉に出来ない痛みに襲われた。痛みのあまり、立つこともままなくなり壁に手をついて寄りかかる。ぐうう、痛過ぎる…。これもう歩けない。幼稚園行けないかも。一瞬そんな弱気な自分が出て来た。しかし、いや、まだだ!3秒ルールだ!!3秒ルールはケガにも適用できる!!

この腰の痛みの3秒の間に歩き出せば…治る!!!!!(根拠ゼロ)「うおららららあああああ!!!!」碇シンジが初めてエヴァンゲリオン初号機の1歩目を踏み出した時の如く、右足を前にだs…「ぎぃぃぃややややあcうs;あうdfhゔぁうでゃうhぱるhぱう!!!!!!!!」

膝から崩れ落ちる程痛かった。そこから10分くらい壁に寄りかかったまま動けなくなった。足を動かそうと力を入れるだけで痛む。激痛は収まらないが、なんとか歩けるくらいになってきたので、幼稚園目指す。一歩が自分の足のサイズくらいしか進めない。道中のパン屋さんも「休みな」って言ってくれてる。

ぞれでもなんとか、地獄の2時間を歩ききり、幼稚園にやっと着いた。子ども達は外で遊んでいるみたいだ。先生方に挨拶をして、子ども達のところに向かう。「今日は出来るだけ、全体の様子を伺いつつ、年齢の低い子達と落ち着いた遊びをしよう。」

なんて思ったのも束の間。年長の男の子が人差し指を突き上げて、猛ダッシュでこっちに向かってくる。

「サッカーする人この指とーーーーまれっっっっっ!!!!!!」いや、俺しかいないから。周り俺しかいないから。明らかに俺に言ってる。綺麗な瞳が微動だにせず俺の方を見ている。彼はあくまで自主的にサッカーをさせるように仕向けたいようだ。これはこれで彼にとっては、強引に誘わないというやさしさなのかもしれない。

くっ。今日がボランティア最終日だしな。やるしかない。そう決断した俺は気づけば、年長の彼の人指し指を力強く握っていた。地獄はまだまだ続きそうだ。

みんな。腰は大切にな。

さよならマンチェスター。こんにちはロンドン。〜

マンチェスターを離れ、ロンドンに向かうことにしました。Googleマップで検索すると、「マンチェスターからロンドンまで、鉄道で2時間半くらいかぁ。ふむふむ〜。」案外早く着くんだなー。と思いながら、ゆっくりと朝の支度をしていると、Airbnbのホストがヨーグルトとチョコレートドリンクをくれた。

このチョコレートドリンクは、スーパーではよく見かけていたけど、まだ未知のドリンクだった。でもまあ、僕はチョコレート大好き小僧なので、喜んでぐびっと飲むと、「あ、あ、あ、あんまぁぁぁああああ」甘過ぎる。チョコレートにをそのまま溶かしたみたいなドリンクだった。1週間分の砂糖入ってそうな味だった。さすがに、全部飲み切れないのでお持ち帰り。そして、ホストとお別れをして、マンチェスターピカデリー駅を目指す。

駅に着くと、券売機に人が並んでいたので、僕もチケットを買おうかと並ぶ。いざ、チケットを買おうと、券売機に今回の目的地であるロンドンのユーストンと打ち込む。£81「£81?え?大体1万円超えてる?え?」

冷や汗をかきつつ、購入せず券売機をあとにする。調べてみると、イギリスの鉄道は事前予約しておかないとこれくらいバカ高くなるらしい。計画性のない人間に厳しい国だ。それでも、今夜はマンチェスターに宿はないし、今日中にロンドンに着かなければ。電車は諦めて、バスでロンドンに行く方法を探す。バスも予約してないから高いだろうけど仕方ない。

バスステーションにいくと、ロンドンまで£21だった。まあ、電車よりは安いからいいとしよう。大体6時間くらいでロンドンに着いた。到着したのは夜8時半くらい。長かった。そして、高かった。荷物が重い。はやく宿に行きたい。そう思って、改めて宿の予約メールを見てみると、予約してるのは28日。今日は27日。

あれ?これ予約してんの明日じゃね?

今夜、宿ありませんでした☆わざわざ高い運賃で来たってのにやっちまった。とすると、やるべきことは今夜の寝床探し。この前のアデアと違って、今回は都市だったからちょっと抵抗はあったが仕方ない。東京で野宿してもなにもなかったから大丈夫だ。

そして、良さげなベンチを探しまわること10分。みつけたぁ〜。手すりも背もたれもない最高のベンチ。

「いやもうベットじゃん!いやもうベットじゃん!」と大盛り上がりの僕。ロンドンは野宿に優しい都市かもしれない。しかし、まだ時間も早かったので、夜のロンドンを回って見ることに。夜のビックベンとロンドンアイ。

ビックベン撮影しているときに、隣で筋肉マッチョの屈強な三人の男がパンイチでダンスをしてたり、若者がけんかしてたり、少し騒がしい夜だった。というわけで、おやすみなさい。

【サッカー日本代表】初めて海外でサッカー観戦!!日本vsブラジル!!

世界一周でしたいこと。海外でサッカー観戦をする。日本人で活躍している選手はもちろん、海外のスーパースターも見てみたい。そう思っているとき、なんと日本vsブラジル戦がフランスのリールで行われるという情報が!!これは行くしかねええ!!すぐさまインターネットでチケットを取りました。1階席の角で手数料込みで約50ユーロ。そして、11月9日。Airbnbで予約しておいた宿に到着。

めちゃかわいい先客。

そして、次の日。試合会場のスタジアムへ。

スタジアムに行くときは、メールで届いたチケットをプリントアウトして、係員さんに見せて入場します。食べ物はOKだけど、飲み物は持ち込みNG。入場の際に荷物検査と身体検査があります。そして、いざ入場!!スタジアムで飲むビール最高。フィッシュ&チップスとともに。会計はクレジットと現金どっちでもいけます。


キックオフ40分前くらいになると、選手がアップを始めます。テレビで見ていた選手が続々と。鳥肌とまらん。同じプロでもアップメニューが全然違うんですね。日本はランニングや体操しているなか、ブラジルはすぐさまボールを使ったアップをしてました。

そして、アップが終わり、スタメン発表。個人的に大迫が見たかったので、スタメンで嬉しい。そして、ネイマールが発表されたときの歓声すごい。フランス開催ということもあって、パリサンジェルマンのユニフォームを来てるひともたくさん。親善試合ということもあってか、ブラジルが良いプレーしても、日本が良いプレーをしても、みんな拍手でたたえます。試合は1−3で日本が負けましたが、日本代表もブラジル代表も見れて良かった。ネイマール合気道してるみたいな体の使い方、ボール持つ度に観客の歓声が起こるカリスマ性、全部すげえ。試合終わりには、長友を先頭に日本選手団がピッチを回ってサポーターに挨拶してました。かっこいい。

スペイン行くときも、サッカーみたい!!海外サッカー観戦楽しい!!というわけで、これからオランダ行きます!!

世界一周体験記〜人生で初めて旅動画作ってみた〜

今回はもうタイトルの通り。人生で初めて旅動画なるものを作ってみました。旅動画って旅欲をかき立てるような楽しそうなものが多いですよね。僕自身結構そういう動画好きで、世界一周するにあたってかなりモチベーションになります。

でも、1人旅となると楽しいことばっかりではないですよね。寂しくなったり、辛くなったり。それも間違いなく、1人旅の大きな魅力です。そういうセンチメンタルな旅の一面や、遠い異国の地にも関わらず、不思議と湧き出るノスタルジックな感情を表現してみたいなと、ふと思いました。まだ素人感満載の荒々しい動画ですが、こういう旅の表現も世界一周の中で発信していきたいなと思います。YouTubeの説明欄にもありますが、今回の動画は、世界に何かを求めるように、世界から何かを探し出すように、1人旅をする主人公を思い描いてつくってみました。BGMあるので、是非音楽と合わせて見て下さい。

https://youtu.be/RqHosRy8iuo


ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. 無料留学One project〜Tミオ持ち物編その3・お土産品〜…
  2. 無料留学 One project 〜合法!???〜
  3. オンライン英会話・留学準備〜6代目ireland one〜
  4. ラオスから被災地「熊本の人々へ」~50000キップのTシャツに込…
  5. One project~写真でコロナ~
  6. 日本で英会話スクールの無料体験を受けてみました。その2
  7. なぜ?イースターに卵とうさぎ?
  8. アイルランドのこんなところに日本人!

ランダム 運命の10記事

婚活看護師ナカダ、カナダで看護師への道②~アセスメントテスト~

書類を学校に出願すると、オンラインでテストが2つありました。1つ目は、3時間ほどかかるテスト。…

カナダ留学〜市内交通〜

こんにちは、Yukaです。バンクーバーでは市内交通が発達しているので市バス、スカイトレイン、…

One project~沖縄での出会い~

こんにちは!!!梅雨明けした途端すんごくいい天気ただ湿度が高すぎ( …

【リスニング力&ボキャブラリーup!】バイリンガルニュースって何?

 みなさんこんにちは、Keiです🍎 最近はまってること・・・それは今日のテーマである『バイリ…

留学中に差別を受けました

こんにちは!Tomoです!今日は、留学中に少し嫌な体験をしたので…

アメリカ留学〜気候:西海岸北部〜

こんにちは、ギアです。西海岸北部:シアトル、ポートランドなど太平洋岸北部の主要都市であるシア…

無料留学One project~夢を広げる使い方~

ブログを昨晩書いたのに、下書きが消えていて朝から悲しかったLiliです。ひよ~(;o;)&n…

【マンハッタンからJFK空港への行き方】〜留学前にアメリカに行く話〜⑥

こんにちは!10代目アメリカOneのきっちーです😎今日は僕が使ったマンハッタン市内からJFK…

留学するにもビザが必要なの?

〜留学に必要なビザがある?〜ビザ(VISA)についてお話をしていきます。旅行に良く行く人…

無料留学 One project 〜旅に出よう!!〜

こんにちは!!"世界一周" 興味はありませんか?(^_^)☆私…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. エターナルサンシャインアレルギー

      わたしが今住んでいるシェアハウスについて。   今私はポーランド人の女性とイタリア人の男性と3人で暮らしてい...

  2. さよならONRA…

        待ちに待ったALL CITY presents  メインアクトにONRAが登場だなんてワクワクします。 ...

  3. Hello Everyone! I’m Nanapz!!!

    Hello everyone! はじめまして!アメリカとデンマークに留学します、Nanapzです! ブログを始めるにあたり、私が何者なのか...

  4. ホームステイしてみたら…

    こんにちはAKIEです 😛  少々ご無沙汰しておりました!! というのも語学学校で クラスチェンジをすることになり ほかのみん...

  5. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  6. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  7. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  8. 中世の街並みが残るケベックシティー

    こんにちはAKIEです 😛  カナダと言えば! メープル!!!そう、 モントリオールのメープル達は、まもなく 紅葉のピークを迎えるのです♥...

  9. 婚活看護師ナカダ、JBとお別れ編。~バンクーバーで婚活を~

    カンボジア編をいったん休止しまして。JBのことを。 彼は結婚する気がない。一緒に住む気もない。日本に会いに来てくれたくらいだから遊びじゃないと思...

  10. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

PAGE TOP