【世界一周留学体験記】〜世界中から見学者殺到のあの幼稚園に行ってきました〜

 

 

みなさんは東京都の立川にある、「ふじようちえん」という幼稚園を知っているだろうか。

 

 

特徴的な園舎が話題となり、世界中から見学者が後を絶たない。

 

 

今日僕が見学に行った際も、日本人はもちろん中国人、欧米系の国の人達もいた。

 

 

そして、幼稚園の見学でこの賑わい。

IMG_3049

 

初めは、ふじようちえんの映像を見て、園の概要を知り、その後園舎の自由見学へ。

 

 

 

この楕円形の園舎に屋上がウッドデッキになっていて、走り回れるようになっている。

 

IMG_3083

 

また、写真では分かりにくいかもしれないが、ウッドデッキ部分全体が若干傾いている。
そうすることによって、子ども達が自然に走り出すらしい。

 

これは楕円形の屋根の内側についていて、雨が降ると雨水が滝のようになって中庭に流れ落ちるようになっている。

IMG_3069

 

 

これは、中庭にある水道だが、水を受ける部分をあえて取り外したという。

水を受ける部分がないことで、水を出しっぱなしにしていると、子ども達は足に水がかかるので自然と水を止めるようになるのだとか。

IMG_3055

 

 

幼稚園で飼っている馬。

IMG_3059

 

 

職員室の写真。

開放的でとても風通しが良さそう。

IMG_3053

 

 

ふじようちえんの見学の後は、新設されたという0、1歳児用の保育室「スマイルエッグス」のお披露目会へ。

IMG_3082

 

 

こちらがスマイルエッグスの園舎。

IMG_3076

IMG_3071

 

ふじようちえんと同じくユニークな園舎で、傘をモチーフにしているらしい。

 

 

「0、1歳児はほとんどを寝て過ごす。

でも、その寝ている時間をただ預かっているだけではもったいない。

いかにその時間に子どもの脳の発達に寄り添えるか。」

 

理事長の加藤先生の言葉である。

そのため、この園舎では子どもが寝そべったとき、天井で見える景色を工夫し想像力などを育むようにしているらしい。

 

今回の見学を通して一番強く感じたことが、加藤先生の子ども達への熱い想いである。
常に子ども達のことを考え、子どもの育ちに取って最善な環境を提供している。
そして、その最善を考えるための努力が滲み出ていた。

 

常に子どものことを考えるなんて、保育者として当たり前だと思われるかもしれないが、加藤先生は子ども達の育ちに対してのこだわりというか、信念のようなものが特に強い印象だった。

 

ここまでの想いと実力があるから、あそこまで世界中に注目されるような園が出来るのだと思う。

 

これが寝そべったときの天井。

IMG_3074

 

この写真だと分かりにくいかもしれないが、子ども達にとって木の模様が様々な形に想像がかき立てられるのだという。

 

 

そして今回は、理事長の加藤先生と建築家の手塚さんと手塚さんの奥さんのトークも聞くことが出来た。

 

IMG_3070

今回の見学を通して一番強く感じたことが、加藤先生の子ども達への熱い想いである。
常に子ども達のことを考え、子どもの育ちに取って最善な環境を提供している。
そして、その最善を考えるための努力が滲み出ていた。

 

常に子どものことを考えるなんて、保育者として当たり前だと思われるかもしれないが、加藤先生は子ども達の育ちに対してのこだわりというか、信念のようなものが特に強い印象だった。

 

ここまでの想いと実力があるから、あそこまで世界中に注目されるような園が出来るのだと思う。

 

そして、このふじようちえんが有名になってから、手塚さんの建築事務所には、「楕円形の園舎を作って欲しい」という依頼が多くなったらしいですが、「どこでもこの楕円形の園舎を作ればうまくいくわけではない」と手塚さんは話していた。

 

「このふじようちえんの雰囲気は立て替える前からあったもので、その雰囲気や自然豊かな環境を活かすためのデザインとして楕円形になった訳で、それを他のところで同じことをしても、同じような園になるわけではない」

 

この話がとても印象に残っている。

僕自身も保育園が作りたくて、ふじようちえんの園舎にとても憧れた。

 

でも、僕が将来保育園を作る場所の雰囲気や環境を見て、それを活かす園を考える必要があるんだなと考えを改めることにした。

 

正直、今回の見学で園舎についても、保育についても書き足りないくらいの衝撃を受けた。

 

僕が行ったような見学は2ヶ月に1回ほど行われているそうなので、気になった方はふじようちえんのホームページをチェックしてみると良い。

 

気になったら絶対行った方がいい!!

 

僕ももう一度、保育をじっくり見に行く予定だ。