アメリカ留学〜学校の選び仕方〜

こんにちは。ギアです。この記事に入ってきたってことは、アメリカ留学を検討しているのでしょうか^^?
アメリカ留学と一口に言っても様々な留学ありますね。今日はアメリカ留学を2つの切り口で見てみたいと思います。

学業特化型の語学学校

「学業特化型」は英語の勉強に特化した語学学校です。「英語に浸し付けで、英語力をおもいっきり伸ばしていきたい!」と考えているあなたにはピッタリな学校形態といえるでしょう。「学業特化型」は、もともと大学への進学を目的とした生徒のために作られています。生徒の能力に応じてレベル分けが行われ、規定のレベルに達すると短期大学や4年制大学への入学資格が与えられるというシステムです。しかしデメリットとしてはやはり、学校設備や授業内容などがしっかり構成されているということもあり、他のタイプの語学学校に比べると、授業料は安くないです。アメリカ大学進学を目的としているため、授業内容は限りなく大学の授業に近いといえます。大学進学後も、ちゃんと授業のペースについていけるように、スピーキング、リスニング、リーティング、ライティング、すべての能力を伸ばすことができる授業が組まれています。

会話特化型の語学学校

「会話特化型」は英語を学びながら人と触れ合うことに特化した語学学校です。短期滞在(人にはよりますが半年以内)が目的で、気軽に語学留学を楽しみたい、という方にとても人気の学校形態といえます。「会話特化型」もレベル分けシステムを採用していて、一定のレベルに達すると短期大学への入学資格を得ることができます。ただ、生徒全員が短期大学を目指しているわけではないです。どちらかといえば、趣味として学校に来ている方のほうが多いと言い切ってもいいでしょう。日本からの留学もほとんどがこの会話特化型に入ります。授業内容としては一応、スピーキング、リスニング、リーティング、ライティングを勉強しますが「学業特化型」ほど詳細に決められていません。そのため、柔軟な授業が各語学学校でされています。一概には言えませんが、授業と教科書の内容は「学業集中型」よりも簡単めに作られていることが多いです。

留学を検討し始めているのであれば、まずは無料相談をしてください。

留学ギアの奨学金情報はこちら