Student Card

16日目
金曜日

 

朝起きたら雪。

アイルランドでは一年に一度降るか降らないかの確率である雪が降っていました。私はなんてラッキーな女なのだ(笑)

01c385eb3f6a2664ddb697b57eeff69d4969767f72

 

そして授業最終日です。

 

 

前日の夜から私のステイ先に、これから8か月間アイルランドで生活する日本人の女の子が来ました。

私と同じ年齢で大学三年生の子です。

日本で通っている大学も私の大学の隣の駅にある大学でした。

 

毎週金曜日はレベル分けテストがあり、それに合わせてきたみたいです。

自分も二週間前にそのテスト受けたなーとか

 

少し緊張している様子だったのがすぐわかったので、すごく気持ちわかるなーとか

 

たくさん質問されたので、分からないことだらけな気持ちもめっちゃ共感できるなーとか考えていました。

 

たまたまSEDAに通うみたいだったので、一緒に登校しました。

私もSADAを見つけるのは本当に大変だったのを思い出しました。(笑)

 

彼女の初日に少し協力出来て良かったです。

最初は右も左も何も分かりません。でも必ず助けてくれる人がいたり、素敵な友達がすぐに出来ます!!!!

 

 

ブログを読んでてくれたみたいで嬉しかったです。

 

えみか!!!数日間でほんとに仲良くなりました!

01801e683285c7568ee4880cb2fa49198bb5bfa8d2

 

 

とりあえずSEDAのガイダンスの日についてだけ少し。

基本的に月曜日に授業が始まるので、その前の週の金曜日にSEDAの基本的なルール説明とクラス分けのためのスピーキングのテストがあります。

 

 

 

ガイダンスは11時から始まります。

ガイダンスが一時間程度、その後にスピーキングのテストが2分くらい(笑)

 

 

そして全て終わったらSEDAのスタッフの方がダブリンシティセンターのガイドをしてくれます。これは参加したほうがいいと思います。

 

私はここで仲良くなった友達が一人います。☆また、ダブリン城とかクライストチャーチとかパパッと見に行くことが出来ます。

 

そしてTrinity collegeにも案内してくれるので、この時にぜひ学生証を作りましょう。

私はこれがないことで何度苦戦したことか。

どこに行っても学生証はある?

あるなら学生料金だよって言われますし。節約にもなります。(笑)

私はたった2週間だしと思って15ユーロかかる学生証を作りませんでした。(笑)

 

そしたらLuasでの事件が起こりました。

たまに乗り合わせてくるLuasのセキュリティスタッフみたいな人に捕まるという泣

学生料金で乗ってるくせに、学生証を提示できなく個人情報を聞かれました。(笑)

 

実はLuas事件は先日書いた記事では、入学許可書をメールで送れば解決すると書きましたが、実は解決してなかったのです。。。。。

 

あのあと、Luasの職員からメールで返信が来て、

学生書を提示できないなら、罰金40ユーロですと言われたのです。

結局私は必要に迫られ、45ユーロを払うよりは15ユーロで学生証を作ったほうが安上がりだと判断し作りました。泣

たった2週間でもみなさん学生証は作りましょう!!!!!!!!!!!!!

 

しかし私はラッキーなので、ポケットの中に忘れかけた5ユーロを発見したのです(笑)

15ユーロかかるところを10ユーロで買えたってことにしました(笑)

010b48dc3e0b70dac7e8cc7c5324359046ebe83acc

 

日本人スタッフの備前さんがいなかったら完全に対処できませんでした。

本当にありがとうございます。

もう一度!皆さんお願いですから、学生証は2週間の滞在だったとしても買いましょう!!!!

 

 

さてさてこの後の記事は

私のフェアウェルパーティーですよ。ぜひぜひ。

幸せな瞬間でした。

留学ギアの奨学金情報はこちら