アメリカ留学〜オールドタウン歴史公園〜

アメリカのカリフォルニア州にあるサンディエゴのダウンタウンから約3マイルほど北西に行った所に歴史公園があります。それがサンディエゴ発祥の地として有名な「Old Town」です。1769年、スペイン人のセラ宣教師がカリフォルニアで最初の伝道所をこの地に建立し、入植当時の町並みが再現されている。スペインの植民地開拓者がサンディエゴに入ったことをきっかけに、ヨーロッパからの入植者によって作られた集落です。町の歴史を紹介するオールドタウン州立歴史公園には1829年に建てられたレンガ造りの家が残されています。1821年にはスペイン支配下のメキシコが独立戦争に勝利し、サンディエゴはメキシコの領地となります。その後、48年にアメリカ領となり、メキシコとアメリカの文化が混ざり合いながら、Old Town を中心にサンディエゴは栄えていきました。現在では1800年代当時の街並みが再現された歴史公園となっています。オールドタウン東のプレシディオ・ヒルに1769年に建設された伝道所、サンディエゴ・ミッションは小さな教会で、サンディエゴの代表的な風景となっています。

留学ギアの奨学金情報はこちら