カナダ留学〜ビクトリア〜

こんにちは、Yukaです。

よく名前をきくビクトリア。

カナダ・バンクーバー島の南端に位置するブリティッシュコロンビア州にあります。

街の歴史は1843年にハドソンとベイ社が西部地方の毛皮貿易の拠点として

砦を築いたことに始まります。

 

以来ここは毛皮貿易の商用港として、またイギリス海軍の前線基地として発達しました。

1849年にはイギリス領植民地となり、当時のイギリス女王の名をとり

「ビクトリア」と名付けられたそうです。

ビクトリア

当時アメリカのカリフォルニアはゴールドラッシュに沸き立っており、

一攫千金を目論む人々であふれていたようです。

 

それが下火となり、ブリティッシュコロンビア州のフレイザー川や

カリブー地域に金鉱が見つかると、多くのアメリカ人はビクトリア経由で北へ渡りました。

これによりビクトリアでのアメリカの影響力が強くなったようです。

 

危機感を抱いた植民地の総督ジェームズはバンクーバー島と

コロンビア植民地と宣言し、さらなる植民地かを推し始めました。

1862年には都市へと昇格し、1871年にはイギリスより自治権を得たカナダ連邦に加盟。

 

アメリカの脅威を感じながら長きに気にわたりイギリスの統治下におかれたビクトリアは

今もアフタヌーンティーやガーデニングなど英国風の生活週間を色濃く残しています。

留学ギアの奨学金情報はこちら