フィジー留学〜フィジアン儀式カバ〜

こんにちは、ギアです。

フィジーで有名な『カバ』についてまとめてみます。

南太平洋諸島地域で飲まれるカバは、特にフィジーではいろいろな儀式で飲まれることで有名です。

堅苦しい儀式から、誰かがやってきたときのおもてなしの儀式に至るまでと

フィジーに滞在中現地生活に溶け込めば溶け込むほど、カバを飲む機会は増えていきます。

カバとは

カバとは、南太平洋一帯に生える胡椒科の木のことです。

カバの儀式では、この気の根を乾燥させて、パウダーになるまで突き砕きます。

それを水で濡らし、絞り出した汁を飲むようになっている。

最近では、マーケットや商店でカバの根を石で砕いて粉末にしたものが売られています。

簡単な式ではこれを溶かして飲む場合があります。

留学ギアの奨学金情報はこちら