マルタ留学〜喫煙〜

こんにちは!ギアです。

この前、留学関連の企業の上の方とお話しをしてきたのですが、
その際にタバコの話になりました。最近の若い人でタバコを吸う人が減っているみたいですね。
街でもタバコを吸えるスペースは年々減ってますし、吸わない(吸えない)僕からすると非常に嬉しいです。
でもその方いわく、タバコミュニケーションが取れないから仕事がやりにくいとのことでした。
確かにタバコを吸う人たちって目に見えない結束感があるなと思います。
ちょっとしたリラックスの中で絆が形成されているんでしょうか。
そう考えると、タバコも悪いものではないのかもしれませんが、やっぱり健康被害があるので
健康第一、体が資本というように僕は吸うことはないかなと思います。

タバコを吸わなくても、コミュニケーションは全く問題ないと思ってます。
ただその分色々な人とあって色々な情報を教えてもらって、考えを口に出してみる。
これを繰り返しているうちに様々な知見が付いて来れば、どんな人とでも話せるなって思ってます。
その分、フットワークを軽くしないといけませんが、その方が僕には合ってます。

って、自論で爆走しすぎちゃいました。
海外は本当にいろいろな情報に出会えます。そこが一番の魅力ですね。

本題のマルタ国のタバコ事情についてお伝えします。

<マルタ 喫煙>
マルタ共和国の公共の場では全面禁煙です。
やはりアジア圏と比較してもヨーロッパは禁煙文化が進んでいます。
公共の場というのは、美術館、博物館、レストラン、カフェなどのすべての屋内も含みます。

吸えるところが全くないわけではありませんが、自由に吸える環境ではないことはしっかりと頭に入れてください。

それでは!

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考