マルタ留学

マルタ共和国とは

マルタ共和国とは

こんにちは。大人の方々から圧倒的な支持を得ている留学国があります。それが、ヨーロッパのリゾート地であるマルタです。

マルタ発祥

小型犬マルチーズの発祥の地でもあり、猫で溢れかえっている国なんです。マルタの基本的な情報をまとめてみたいと思います。
・国旗

マルタ国旗

白と赤の二色旗で左上に十字のマーク。キリスト教の象徴であります。この十字架は、マルタ騎士団、聖ヨハネ騎士団が使っていたものと同じになります。
・正式国名

マルタ島 人気留学

マルタ共和国 Republic of Malta/Repubblica ta’Malta
・国歌
マルタ讃歌Innu Malta

・面積
5つの島で形成されています。本島のマルタ島。西のゴゾ島。コミノ島。そして2つの無人島。総面積は316km2ほどです。
・人口
約40万人ほど。東京の葛飾区の人口と同じくらい。
・首都

マルタ島 大人留学
ヴァレッタ Valletta
・元首/マリールイーズ・コレイロ・プレカ
・政体/共和制
・民族構成/マルタ
・宗教/キリスト教(カトリック)
・言語/マルタ語・英語・イタリア語

地中海の果物と野菜

マルタ共和国があるのは、まさに地中海です。地中海と聞くとどこかおしゃれなイメージが浮かんできます。マルタ料理はまさに地中海の果物や野菜を使った地中海料理です。マルタ料理は乾燥トマト、バジル、地元産のヤギのチーズ(プレーンと胡椒風味の2種類ある)、野菜のピクルス、さいの目切りあるいは酢漬けにした玉ねぎ、にんにく、ツナフレークなどのように、定番の材料を特色としています。昔から農家の人々が耕した肥沃な土地は、果物や野菜といった新鮮なマルタの食材を豊富に生みつづけています。そしてどこの町・村でも目抜き通りやにぎやかな場所にしばしば売り場を設ける生鮮食料品業者が、比較的低価格で売るのです。マルタの食材はレモンやオレンジのような、おいしいかんきつ類があることで有名です。じゃがいもやトマトのような他の産物もたいへん人気が高く、輸出もされています。ほかにもうさぎ料理などもよく食べられるそうです。日本人からすると馴染みのない食材になるので、抵抗があると思いますが、やはり食文化を知ること異文化理解に大きく繋がっていきます。留学ギア奨学金として留学の費用を一部サポートさせてもらっているので、日本では味わえない食にも触れてみてください。

電圧とプラグ

海外に行く際に、電気製品持ってかない人はいないですよね!?誰もが持ってくところで言えば”携帯の充電器”でしょうか。あとはPCバッテリー、デジカメ、ドライヤーなどなど・・・たくさんあると思います。海外と日本だと電圧が違うので、日本製品を海外で使うと壊れてしまった><なんてことはよくありました。でも、最近の製品のほとんどが変圧変換される仕組みになっているので変圧器を買わなくてよくなりました!!!記事をみていただいている人の中には、変圧器!?ってなっている人も多いかと思います。家電量販店に行くとまだ売っていると思います。だいたい3000円-5000円くらいで購入できます。
少し前まではこれは海外へ行く際の必需品でした。それはいまでは・・・・・便利になりましたね。ただし、古い製品、あまり認知されていない激安の製品に関しては変圧変換の機能が付いていない可能性が考えられます。必ず確認するようにしてください。
変圧器は要らないのですが、変換プラグは必要です。コンセントの差し込み口が国よってまちまちなので、その準備だけはしておいた方がいいです。
<マルタ電圧とプラグ>
・電圧は230ボルト(日本の電気製品は100-240ボルトまで対応しているのが一般的です)
・プラグはBFタイプが主流(B3タイプ、Cタイプも普及している)必ずプラグだけは用意してくださいね。

人気の秘密

社会人の留学に一番と言っていいほど、注目されているマルタ留学。留学でマルタ??なんで大人にマルタが人気なの??マルタ聞いたことあるけど、、、どこ!?って思うあなた!!!

マルタ
<google mapより抜粋>
ブーツの形をしているイタリアのつま先にある小さな国なんです。地中海に囲まれたリゾート国です。ここがなんで人気なのかってことを伝えていきますね。まず国の情報から見てみましょう。
国名/マルタ共和国(首都:バレット)・欧州連盟加盟国 ・通貨/ユーロ
・公用語/英語、マルタ語
綺麗な色合いとこれぞヨーロッパといった景観。日常の日本社会からリフレッシュで行きたくなるのも頷けます。

地中海のリゾート、マルタ共和国

海に囲まれていることから、シーフード料理が充実しています。また、ダイビングスポットも有名なところがいくつかあります。
・綺麗な街並み
・食文化(シーフード)の充実
・マリンアクティビティのスポット
・ヨーロッパきってのリゾート地
簡単にまとめると、この四つが大人から支持をされている理由のようです。
大人の留学を検討されている方には、太鼓判を押してお勧めしたい国の一つです。是非検討してみてくださいね^^

キャットコロニー、動物の島

リゾート留学として30歳,40歳の留学先として人気が高まっているマルタ国ですが・・・猫の楽園だったんです!!!国中にキャットコロニー、つまり猫の集落が多く存在します。なんと人口よりも猫の数の方が多いとか^^誰が調べたかわかりませんけど、人口の倍以上いるとも言われています!町を歩けば、のんびりと寄り添って歩く猫がいたり、車の下で寝ていたり、木陰で涼んでいる猫がいたり誰かが与えたエサを食べていたり…いろいろな猫がいます。マルタの生活中に意識してみると相当な猫と遭遇するはずです。

マルタの動物園『バードパーク』

マルタに動物園があるのかと先日留学生から質問をもらったので、ちょっと調べてみました。日本のような動物園ではないようですが、鳥専門の動物園があるようです。マルタの北部にあるようで、鳥がメインなのですが、やっぱりここにも猫がいます。やっぱりかーー!鳥以外にも小動物が少しいるようです。カンガルー、ワラビー、ミーアキャットもいるようです!入場料金は€8するそう・・・ちょっと高いかも・・・w

c98399035a53d1fa5fbd7a78619bd56c_s

ボランティア団体

動物園でも会うことができるほど、猫にあふれた国というのはご理解いただけたと思うのですが、全ての猫が飼い主に飼われているのが望ましいですけど、そんなことはないわけで、多くの猫が野良猫になっています。首都のヴァレッタの郊外に約400匹の野良猫を世話するボランティア施設が存在します。

CAT CAFE

6adb9b83ef9f5ebb117aa7e58c5aa761_s

猫に餌をあげる施設が日本で数年前から流行っていますが、マルタでも猫に会えて餌をあげられるお店、施設が存在するようです。とは言っても一面猫だらけなので、価値があるかはわからないですねw

飲料水

海外へ行った際に体調を崩すと、病院へ行ったり、計画が台無しになってしまったりと、大変です。せっかくの時間を作ってたのに勿体なくなってしまします。よく体調を崩す原因の一つに水があります。国や地域によって水道水が飲めるところ飲めないところがあるので、必ず確認するようにしてくださいね。マルタの水道水は、基本的には飲んでも問題はないです。ただし、海水から作られている為、塩分が強いです。シャワーやお風呂を入れると、少し濁っていることがありますが、心配はないです。
マルタは島国なので、水が大変貴重なので、心の中で節水を忘れないでくださいね。ミネラルウォーターはイタリア産のものが主に流通しています。街の各所で売っているので、入手困難ってことはまずないです。

税金

日本の消費税が段階的に上がってますね。昔の3%の時代と比べると・・・頭が痛いですね><でも世界の国々と比べるとまだ、低いほうかなとも思います。それだけ日本の経済も苦しいってわけです。マルタの税金に関して紹介します。

<マルタ税金>

マルタで買い物などする際にほとんどの場合IVAと言われる付加価値税が付いています。この付加価値税が18%ほどかかります。EU以外の居住者は1店舗€154.94以上の買い物をし、所定の手続きさえすれば、手数料などを引いた税金が還付されるシステムがあります。買い物をする時や帰国後には、忘れずに手続きするようにしてください。そうしないと、もったいないです!!!

主食

短期留学であればそこまで意識しなくてもいいかもしれませんが、長期留学を検討されているのであれば、食文化についても事前に調べてみてください。日本のように米が主食の国は思うよりも少ないのです。留学国のほとんどは小麦、芋が主食になっていることがほとんどです。マルタに関しても主食はパン。つまり小麦です。
マルタのパンは有名でマルタ人にも観光客にも人気があります。典型的なマルタのパンは皮が硬く、中はとても軟らかくてふわふわしています。地元のパン屋さんが車でパンを売り歩き、顧客に新鮮なパンを届ける町や村も多いです。パン好きの人にとっては毎日の食事が楽しいそうですね。逆に、米が大好きの人にとっては少し寂しくもあるかもしれません。でも、日本のパンとはまた一味違う味わいがあるので、意外とパン好きになってしまうかもしれませんよ。硬いマルタのパンを楽しむ方法はいろいろあります。コンサルバ(トマトペースト)、オリーブオイルを塗り、塩・こしょうで味を付けます。新鮮なトマトをパンにこすりつけるのもやはり典型的な食べ方です。パン屋さんも多いので、留学ギア奨学金で食べ歩きしてみてくださいね^^

うさぎ料理

小学校で誰もが世話をしていた動物、うさぎ。世界の中にはこのうさぎを食用に飼っている国があるそうです。留学国の中でいうと、マルタもその国のひとつです。ウサギの肉?どんな味なの?って思う方が多いと思います。僕も、まだうさぎ料理は食べたことないです。
というか、なんか抵抗感が・・・・w比較的、鶏肉の味に近いと感じました。とてもおいしいのでマルタに訪れた際は食べてみてください。マルタの多くの場所で食べられます。マルタの人々の文化・伝統の一部であるマルタ料理について触れずに、マルタを語ることはできませんね。マルタの料理文化は、昔からの方法で調理したマルタ料理、調理法、しっかりと結びついた家族やコミュニティの人々のための食事会を催すことなどから成っています。マルタ料理は、他のことと同様島を支配した文明の影響を受けています。地元の料理には、アラブ、シチリア、イギリスの影響が見られます。年月を経るうちに、外国の料理の要素が吸収され、形を変え、伝統的なマルタ料理として取り入れられたものになります。
うさぎ調理は、通常特別な機会、日曜日、または社交的な集まりのときに食されるそうです。揚げる、シチューにする、オーブンでローストポテトや野菜と一緒に焼くなどするそうで、肉はとてもやわらかく、チキンと似ています。
留学ギア奨学金をうまく使ってうさぎ料理食べてみてください。

入出国

マルタ留学をする人の中にはリゾート留学として3ヶ月以内の方が多いかな思いますので今日は3ヶ月以内の留学の出入国時の注意事項をお伝えします。大きく2点です。

<ビザ>

3ヶ月以内の留学であればマルタのビザを取得する必要は一切ありません。

<パスポート>

入国の際に、原則として有効残存期間が3ヶ月以上必要です。マルタへの飛行機の中で入国カードが配られるので、それを記入すれば問題ないです。3ヶ月以内の場合、パスポートの確認だけしてもらえれば、とりわけ手続き上で大使館などに出向く必要はありません。簡単ですね。4ヶ月以上の留学についての手続きは、別の時にご案内します。

ダイビング

地中海に浮かぶ小さな島マルタ。ヨーロピアンのリゾートアイランドで有名なこの国はヨーロピアンダイバーや世界各国からダイバーが多く集まるダイビングの聖地になっています。そのため、ダイビングショップなどの関連店も50以上もあり、島の海岸線にはダイブサイトが多く点在しています。そんなリゾート地のマルタ共和国はマルタ本島をはじめ映画のトロイの舞台となったコミノ島が非常に有名です。またギリシャ神話で有名なゴゾ島で形成されています。この3つの島からなるマルタの海は地中海でもトップクラスの透明度の高さがあると海好きからは人気の声が高い。その透明度はなんと30mの深さまで抜けてるところもあるほどです。他の国のダイビングスポットではあまり見られない、沈船や沈飛行船、銅像、多種の海洋生物などを透明度の高い幾つもの表情を持つマルタの海を見ることができます。これはマルタならではのダイビングの楽しみ方になっています。また後日、ビギナーから上級者まで楽しめるヨーロピアンダイバーの聖地マルタのダイビングをご紹介していきますね。留学の奨学金でダイビングをチャレンジしてくださいね^^

買い物

旅行でも、留学でも、未知の土地へ出向くと、今まで知らなかったものに出会います。海外ではそんな初めてに連発することも珍しくありません。僕が海外へ行って欠かせないのが、街探索です。ただ単に街を歩くのではなくて、商店街などへ出向き現地の人と話し、現地のものを教えてもらいます。そうすると、その国の人たちの話し方が分かったり生活について分かることも多いです。
マルタだとジャム、はちみつワインとか、あとはアクセサリーもお土産におすすめです。お店が開いている時間については

<マルタの商店>

9:00-13:00,16:00-19:00が一般的です。
夏季になると観光客が増える為22:00まで営業する店も出てきます。

<デパート・スーパー>

7:30-19:30頃までの営業となり、日曜祝日は時短での営業になります。

シーフードが目白押し

マルタは島国のため、日本と同様、魚や魚介類が伝統的なマルタ料理の大部分を占めているのです。家庭での毎日の食事はもちろんのこと、レストランのメニューでも魚が中心になることが多いです。レストランの中には、様々な種類のおいしい魚やシーフード料理に力を入れているマルタ料理専門店もあります。マルタを訪ねたら、マルタ南部に古くからある漁村マルサシュロックで毎週日曜日に開かれる魚市場にいらしてみてください。そして人気のメカジキ、タコ、マグロ、ランプーカ(シイラ)などをぜひお試しください。
おすすめのお店を紹介します

Bouquet Garni

4, Gorg Borg Olivier Street, Mellieha, Island of Malta, MaltaTEL 356 2152 2234、地元の人々で毎日ごった返しています。

Zonqor Point Restaurant

4, Gorg Borg Olivier Street, Mellieha, Island of Malta, Malta、TEL 7970 4560、何といっても食材が新鮮!!!
留学ギア奨学金で行ってみるのもアリだと思います。本物の地中海料理を堪能してください。

通貨と為替ルート

社会人の人でも短期留学をしたり、休職して留学を検討してる人本当に増えてますね。問い合わせいただくなかで学生よりも社会人の方が最近目立ちます。理由をお伺いしていると、多くはサラリーマン生活に疑問を抱いていたり、キャリアアップのために、語学習得を目的に留学を考えている人が増えているみたいです。終身雇用も終わりを迎えてますし、日本社会のなかでこのような20代、30代は今後増えていくのではないでしょうかね。
終身雇用って実は、アメリカの制度を持ってきたのって知ってましたか!?詳しくは今は省きますが、アメリカで終身雇用のイメージを持たれる方は少ないと思います。数十年後、いや数年後には今のアメリカのような、ある意味働き方が自由な未来がくるはずです。
そのためにはやはり・・・語学力なのかもしれません。とは言っても、いきなり留学は・・・こわいなって、不安だな、ついていけるかなって人多いですよね。そんな方にオススメなのがマルタです。今、主に30代の方々の留学先として人気が爆発しています。理由は、リゾート気分&費用の安さです。※猫好きには堪らない猫大国でもあります。

マルタ 猫

通貨に関しては、欧州連合(EU)に加盟しているため€(ユーロ)になります。紙幣は€500,€200,€100,€50,€20,€10,€5硬貨は€2,€1,¢50,¢20,¢10,¢5,¢2,¢1為替は€1=130円ほどです。(2016年現在)EUに所属しているので、ヨーロッパ諸国への旅行も簡単にかつ格安でいけるのがさらなる魅力です。

マルタの食事

国ごとの独自性が垣間見られるのがまさに食文化。ヨーロッパの国々の食事はどこか華やかで上品なイメージを持たれる方や、逆に、日本の食文化のような繊細さはなく、食文化が意外と発達してないなどという人いる。そんな中で、マルタの食事はどうなのだろうか。

マルタの海鮮料理

マルタの人々はマルタの郷土料理を中心にイタリア料理、中国料理、インド料理、ファストフードなど世界中の食文化が共存している。旅行中も食べることに飽きることはなさそうだ。庶民にはスナック・バーが非常に人気となっており、庶民的な雰囲気で旅行者であっても気軽に立ち寄りやすい。店先にはピザやライスコロッケなどを並べているのでそれを目印としてお店を探してみるといい。同時に楽しみたいのはカフェ・ライフ。小洒落たデザートなど、また違った雰囲気で食事を楽しめる。

マルタのデザート

もちろん街中を歩いていると、マクドナルドやピザハットなど世界展開するファストフード店の看板も目立つ。マルタの食事で知っておきたいのが、ホテルでの食事である。どのランクのホテルにおいてもほとんどレストランが併設されている。ちょっと、外での店選びが難しい人は、まず滞在先のホテルのレストランから挑戦してみるのもいいかもしれない。

海水浴

大人のリゾート国となり始めてるマルタ。旅行のみならず、この地を留学先として選ぶ人も少なくない。この数年で一気に人気が急上昇した。それだけ、30代以上の人々にも見えないところで英語習得の重要性を感じているのかもしれない。

マルタの海

とは言っても、このマルタという国で留学を経験できればリゾート気分で語学習得もできるというこれ以上ないくらい最高の留学スポットと言えるのではないでしょうか。そんなリゾート地であるマルタに行ったら、外せないのは何と言っても海でしょう。マルタの海水浴シーズンは5-11月。海に囲まれているマルタだが、砂浜は少ない。海水浴場として、首都ヴァレッタから一番近いスポットがスリーマ。他にも数多くの湾が存在する。有名なところでは、ゴールデン湾、メーリッハ湾あたりである。メーリッハ湾はゴゾ島に向かうフェリー乗り場の手前に位置し、バスの窓からもよく眺められる。マルタの透き通った海を一度見てしまうと、もう他の国の海では満足できなkなってしまうかもしれないくらい本当に綺麗な場所である。マリン好きであればしっかりとシーズンを狙って旅行なり、留学なりの計画を立てるといいのではないか。

マルタ湾

無料留学相談
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

生年月日

住所

メールアドレス

電話番号

予定出発時期

予定留学期間

留学検討中の国

希望カウンセリング方法

備考

内容を確認
 


関連記事

  1. One project 選考突破への道 はろブログ
  2. マルタでSIMを買ったら….でびっくりーALL IS…
  3. マルタの歴史⑦ーマルタ騎士団ー【Tales of Letters…
  4. 留学に興味をもったきっかけ No.16
  5. 旅行好き,フォトジェニック好きへ贈る!フォトブックのすすめ-しま…
  6. One project~8代目マルタOneに選ばれました
  7. [また食べたくなる😌] ダブリンでの美味しい出会い♡あなたはどれ…
  8. 【道産子おちほがゆく!】①One Project-7代目マルタO…

ランダム 運命の10記事

【保存版】 オンライン英会話 まとめ♪ by Aika

オンライン英会話体験レッスン特集がいっぱい更新されたのでまとめておきます(*^ー^)ノ♪…

アメリカ留学〜ブライス・キャニオン国立公園〜

アメリカにあるブライス・キャニオン国立公園はザイオン国立公園の近くのユタ州南西部にある国立公園で公園…

【いつ行く?再就職は??】渡航日の決め方(3か国留学)

 みなさんこんにちは、Keiです。 ちょっと久しぶりの更新。 最近嬉しいことがありま…

ロストバゲッジに注意!

こんにちは:)GWも終わり気付けば5月も半ば。暑かったり寒かったり不思議な天気が続きますね。そんな今…

英語の伸ばし方[留学一ヶ月目]

レストランで「トイレ貸してください」というつもりで言ったら「トイレを借りて持って帰りたい」と…

無料留学 One project アイルランドってどんなところ?

たなかです。アイルランドに行ってくるよ、というと大抵、こう言われます。アイルランドという…

[KIMIKADOOR] きみちゃんのオンライン英会話② ~hanaso編~

Hi! 9代目フィリピンOneのきみちゃんです🇵🇭最近本当に暑くなってきましたよね!…

世界を股にかけるシュンペーのすべて!

協賛×企画~ユニクロの本社でプレゼンしてみた!そこで得た4つの教訓~先日六本木のミッドタウン…

3代目one ティーミオもブログ移行するよ!

どうもティーミオで〜す!いつもみてくれてありがとうございます。基本は自分の記録や振り返りのた…

ヲタクOne(39)ついにヲタクがフィリピン初上陸。合わないのはmy eyesだけだ。

時差ボケかな。時差1時間だけど。どうも、6代目フィリ…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

campaign One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. M.I.Aになりたい。

    ”KARA”が発売された時(2007) 私は当時高校生で、これまで全くhip-hopを聞いて育って来ないちゃったので。   ...

  2. ワセジョ、羊飼いになる??? -Part 52 ブログの収益はベジマイトいくつ分???-

    こんにちは、Kanarisaです( *´艸`)💛 よくインスタグラムやTwitterで質問があるブログの収益について 今回はお話しようと思います!...

  3. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  4. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  5. [#留学] 夏休みの宿題を溜め込むタイプは留学で失敗する

    Hi     オクラは英語でOkraなのが可愛いと思うKetaです   前回、前々回と「ラ...

  6. ブログの収益ってどのくらい🧐

    アイルランドに来てあっという間に半年経ちました🇮🇪 東京で暮らしているベースと何ら変わって居ないので(レコ屋行ったり映画館行ったりな毎日) ...

  7. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  8. スペイン美男美女問題!!

    こんにちは RIKA です!!     留学に=ではない記事ですが。   私が外人好...

  9. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  10. 【渡航前に…】場面緘黙症について

    ニュージーランドへ行く前に、 遅ればせながら、私の場面緘黙症を患っていた小学生時代について記事にしたいと思います。 今回のメインテーマである「場面...

PAGE TOP