イギリス留学〜ドックランズ〜

ロンドン塔の東のセントキャサリンズ・ドックからグリニッジへと続く地域をドックランズと呼ばれている。
かつては閉鎖されたドックが立ち並ぶ更新的な地域であったが、再開発の結果ロンドンで最先端の地域へと大きく変わった。
ロンドン中心部やグリニッジからはドックランズライトレイルウェイで簡単にアクセスできる。

過去20年間でドックランズの人口は2倍以上になり、交通も便利なビジネスの中心地となっている。
日本で言う東京のようなイメージだろうか。
ドックランズのほとんどの古い倉庫は撤去されたが、いくつかは改修されて住宅などとして使われている。

ドックランズの中心はCanary Wharfと呼ばれ高層ビルが立ち並ぶオフィス街となっている。
ビルの中にはショッピングモールやレストランがありとても便利。
ロンドンの中でも人気の地域となっている。

ドックランズは再開発によって大変便利なビジネス地となったのだが、
大規模な家賃の上昇によって元々住んでいた人々が出て行かなくならなければいけなくなり、
新しく来る人と古くからいた人の間で大きな摩擦をよんだ。
これがイギリスの多くの場所で見られる不一致現象である。
不一致現象とは高級なビルが荒廃した住宅の側に建っていることを言う。
ロンドンからも近いのでぜひ時間を使って行ってみよう。

留学ギアの奨学金情報はこちら