イギリス留学〜大火記念塔〜

1666年9月2日にPudding Ln.から出た火の手がロンドン市全体を襲った。
焼けた家は1万戸以上で面積で言うと東京ドーム35個分が灰になった。
奇跡的には被害者数は死者9人であった。
中世史の中でペスト大流行と並んで忘れられない大事件として知られている。

出火原因はパン屋のかまどから出たものとされている。
そこからの復興を記念して造られたのがこのモニュメント。
塔の内部に入ることができるが、311段もの階段を登る必要がありかなり疲れてしまう。
場所は地下鉄のMonument駅から東に進んで徒歩2分ほどで塔を見つけることができる。

スクリーンショット 2016-02-24 15.15.52

設計したのはセントポール大聖堂と同じ大建築家クリストファー・レン。
塔の高さは62メートル。この長さはこの地点から出火原因のPudding Ln.までの距離と同じ。
当時は家のほとんどは木造で道も狭かったため瞬く間に火が広まってしまった。
復興後は木造建築が禁止となり、レンガもしくは石を用いて造らなければいけないと定めれられた。

Address: Monument St. EC3R 8AH
TEL: (020)76262717
www.themonument.info
9:30am ~ 5:30pm
休: 12/24 ~ 26, 1/1
料金: 3ポンド

留学ギアの奨学金情報はこちら