フィリピン留学〜ルソン島〜

みなさんこんにちは。

ルソン島は、フィリピン諸島のうちで最も面積の大きな島です。

面積はおよそ10万4688km²。フィリピンの総面積の35%を占め、

世界で17番目に大きな島であり、世界で4番目に人口が多い島でもあります。

首都マニラやフィリピンで最も人口が多いケソン、

およびそれらを包括する首都圏メトロ・マニラが同島に所在しており、

フィリピンの政治・経済で特に重要な位置を占めています。

ルソン島は全体に山がちで、火山地帯でもあります。

フィリピンで二番目に高い標高2,922mのプラグ山や、

その優美な形で有名な火山マヨン山はルソン島にあります。

島の北部はフィリピン最大の山地、コルディレラ・セントラルとなっており、プラグ山もここにあります。

コルディレラ・セントラルの東部はフィリピン最長の川カガヤン川の流れる盆地、

カガヤン・バレーがあり、その東には太平洋沿いにフィリピン最長の山脈、シエラマドレ山脈がそびえています。

ルソン島は農業・林業・工業・サービス業などにおける、フィリピンの主要な産業地域です。

この島での米の生産高は国全体の60%を占め、とりわけ中央平野やカガヤン平野がその中心で

南部ルソンやビコル半島はココヤシの栽培が盛んで、世界で最大規模のプランテーションがみられ、

生産されるコプラはフィリピンの重要な輸出品となっています。

首都圏メトロ・マニラはフィリピンの主要な企業のほとんどが集積し、

サービス業や製造業の中心地となっています。

留学ギアの奨学金情報はこちら