フィリピン留学〜ビサヤ族〜

フィリピンの主要民族の一つにビサヤ諸島(セブ島、パナイ島、レイテ島、サマール島)を中心として、

ルソン島からミンダナオ北部にかけて居住する新マレー系住民のビサヤ族がいます。

オーストロネシア語族に属するビサヤ諸語を話し、人口は2000万を超えると推定されますが、

政治的に、社会的地位は、タガログ族が圧倒的優位を占めています。

但し、一言にビサヤ族と言えど、実際には多数の部族が存在しているのが実情です。

ビサヤ族の最大の部族はセブアノ族であり、セブアノ語を話し、セブ、シキホール、

ボホール島などの各島に居住し、1200万人の人口を誇っています。

2番目の人口を有するヒリガイノン族の人口は約700万人であり、ヒリガイノン語を話し、

パナイ、西ネグロス、南ミンドロなどの各島に居住しています。

3番目にはワライ族であり、人口は約310万人。

ワライワライ語を使用し、サマール、東レイテ、ビリランの各島に居住し、

おもな生業は水田耕作による水稲栽培であるが、一部は漁労や商業にも従事しています。

主食は米、魚、野菜、果物です。

留学ギアの奨学金情報はこちら