フィリピン留学〜コルディリェーラの棚田〜

フィリピン・コルディリェーラの棚田群は、

フィリピンのルソン島北部の中央山岳地帯の主に東斜面に広がっている棚田地帯のことです。

棚田の規模としては、世界最大ともいわれているほど広大です。

歴史的価値も高く1995年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

フィリピンのルソン島の北部中央に広がるコルディレラは、

標高が1,000メートルを越える峰々が多数存在します。

コルディレラは、スペイン語で山脈という意味で、この山域でもバギオという街は避暑地として有名です。

このバギオの東北にあるバナウェでは、大規模な棚田を見ることができます。

また、バダットやボントックも大規模な棚田が広がっている地域です。

コルディリェーラの棚田は、天国へ昇る階段とも比喩されるほどで

棚田の総延長は20,000kmを越えるとも言われています。

そして1995年にユネスコの世界遺産に登録された際は、日本の棚田保護政策のきっかけになったと言われています。

近年は、若者の都会流出による人手不足によって耕作放棄された田や、

水の流れを無視した住居の建築も増え、景観の維持が課題となっているので

これを踏まえ、2001年にユネスコの世界遺産の危機遺産へも登録されることになりました。

留学ギアの奨学金情報はこちら