オーストラリア留学〜ニューサウスウェールズ州〜

ニューサウスウェールズ州は、オーストラリア連邦東南部に位置する州で、

オーストラリア最初の英国入植地です。州都は最大都市のシドニー。

オーストラリアで最も人口が多く、最も工業化された州でもあります。

1770年、ジェームズ・クックが初めて上陸し、ニューサウスウェールズと命名して英国領有を宣言しました。

1788年に最初の植民団がボタニー湾に到着、アーサー・フィリップを初代総督とする流刑植民地が創設されます。

19世紀に入ると自由移民も増えてきたため、1840年に流刑中止が決定されました。

1851年にバサーストの近くで金鉱が発見されてゴールドラッシュとなり、移民が世界各地から殺到することに。

1855年にニューサウスウェールズ植民地政府が樹立され、

1901年にオーストラリア連邦成立にともない州となりました。

留学ギアの奨学金情報はこちら