★オーストラリアのワーキングホリデービザとは

オーストラリアのワーキングホリデーは日本国籍をお持ちの方(年齢規定あり)に最大1年間オーストラリアに滞在をすることができるプログラムです。ワーキングホリデープログラム中の期間は語学学校に通うことも、働くことも、遊ぶことも、旅行することも、滞在することも可能なビザです。そしてオーストラリアにはセカンドワーキングホリデービザというのもあり以前オーストラリアのワーキングホリデービザで3ヶ月以上働いた経験がある方は再び取得することができます。(証明書が必要)

★オーストラリアのワーキングホリデービザの申請の前に確認すること(1回目)

・申請資格を確認しましょう

1.申請する日とビザの発行日どちらもオーストラリアの国外にいる方。
2.ワーキングホリデービザを以前取得したことがない方
3.申請時の年齢が18歳〜30歳の間の方(申請時に30歳であれば問題なく、入国日は31歳になってもOK)
4.12ヶ月の滞在で帰国(国外)に出る意思がある方
5.扶養家族、子供が同行しないこと。
6.オーストラリアのワーキングホリデープログラムを受けることが出来る有効なパスポートを持っていること。
7,健康体であること。 (必要に応じて健康診断書が必須となる場合があります。)

・申請する前に用意しておくもの

・1年間以上の有効期限のあるパスポート
・クレジットカード
・携帯では不具合を起こしやすくなってしまうので、パソコンのメールアドレス
・申請する際に携帯だとできない場合があるのでパソコンを用意しておきましょう
・ビザの申請料金 440オーストラリアドル(約3万5千円前後)

・オーストラリアのワーキングホリデービザの申請期間

いつでも申請することができます。

★オーストラリアワーキングホリデー申請ステップ

・申請書類の作り方

オーストラリアワーキングホリデービザの申請はすべてオンライン上で完結します。なので出来る限りパソコン上で作成しましょう。
Australian Government Department of Immigration and Border Protection
まずはビザ申請のためのアカウントを作成し申請書を製作しましょう。15分くらいで申請書が完成します。

・早速申請してみましょう

メールに届くURLから、ワーキングホリデービザの申請フォームに行きましょう。職業や住所などの個人情報を入れ、医療関係のお仕事をされている方は日本国内での健康診断を受け診断書が必要となります。申請書の書き込みが終わると、申請料の支払いに移ります。440オーストラリアドルの申請費用をクレジットカードで支払いましょう。ビザ取得が許可されるとメールが届きそこから2ヶ月程にGrant NotificationのPDFファイルで届きます。オーストラリアに入国する際はこのPDFをコピーして持って行きましょう!

★セカンドワーキングホリデービザとは

セカンドワーキングホリデービザとは1回目ワーキングホリデーの資格を経ていること、かつ1回目のワーキングホリデーの滞在時に最低3ヶ月の間、政府が指定した地域で就業経験があり、その証明書を持っていること。オーストラリアのワーキングホリデープログラムに2回目も行きたいと考えている方は、1回目のワーキングホリデーで働く場所や業種をしっかりと考えておくことが必要です。

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考