旅人

【スカンジナビア横断13日目】スウェーデンの別荘地でのんびりお散歩。〜旅する保育士のToyBlog〜

 

 

 

 

昨日泊まったハンブルガーというノルウェー寄りの海沿いの街で、おばちゃんの別荘でシャワーも洗濯もしてもらい、ふかふかなベッドで爽快な朝を迎え、

 

 

さらには朝ご飯までごちそうになってしまった。

パンとハムとチーズ、キウイとスイカ。
ハードブレッドっていうかりかりのパンも頂いた。

 

 

朝ご飯を食べ終わったら、昨日とは違うルートでわんちゃんの散歩。

名前はタックスでおじいさんみたいなひげあるけど3歳。

 

今日は海沿いに向かって散歩。

 

 

 

 

 

 

海沿いにはボートハウスが連立してた。


 

 

でも、ボートハウスの基礎が地震来たらあっという間に壊れそうでびびる。笑

この辺は全然地震来ないらしいから大丈夫らしいけど。
日本人みたら「これ、大丈夫か?」ってなるよね。

 

 

海の水もかなりきれい。
もう少しすると、ここにサマーハウスを持つ人はここに来て、人でもっと賑わうらしい。

 

 

おばちゃんが「撮ってあげるよ。」って撮ってくれた1枚。
完全にピントが海。笑

 

 

のんびりと散歩をした後、家に戻って支度をして、ヒッチハイクがしやすそうなガソリンスタンドまで送ってくれた。

しかも、ダンボールに僕の行き先を書いてくれた。

 

 

ガソリンスタンドからヒッチハイクしても良かったのだけど、まだデンマークに行くには早かったので、もう少し歩くことにした。

 

そしてこの日、ショッピングモールでテントを購入。

寒過ぎるのと、雨に対応出来ないので買ってみた。
5000円くらい。
スウェーデンで1泊野宿すれば元とれる。

 

 

テントを買って歩いていると、たまたまオートキャンプ場を見つけたので、はじめてオートキャンプ場なるものに泊まってみた。
1泊2000円だった。
テント買っといて金払ってるじゃん!とも思ったけど、テント泊最初だからまあよしとする。

 

 

シャワーはコインで5クローネ必要だったのだけど、キャンプ場のおじさんが優しくて5クローネくれた。
現金ないとも言ってなかったのに。。。

 

 

そして、初めての慣れないテント設営をしていたところ、隣のドイツ人ファミリーが一緒に手伝って色々教えてくれた。
多分、ここに泊まっておいて良かった。

 

 

ところどころ相変わらず助けられまくってる。。。
肝心のテントはこちら。

安物でぺらっぺら。
雨対策で買ったけど、雨には耐えれそうにないかもしれない。笑

 

 

 

 

というわけで、初めてのテント泊。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

前回の記事

【スカンジナビア横断10〜12日目】初めてのクルド人の友達!スウェーデンの別荘地でお泊まり!〜旅する保育士のToyBlog〜

 

 

**********************************

筆者プロフィール

原田智広

1994年3月3日茨城県生まれ。関東学院大学人間環境学部卒業。高校時代に「俺、大学に入ったら辞めそうだな。」と、せめて興味のある子どもに関する大学に行こうと消去法で進学するが、想像以上に保育にはまってびっくりする。その後、自身の生い立ちや大学時代の1人旅の経験から、世界中老若男女問わず、誰でも保育園に遊びに来れる保育園×ゲストハウスを考案。大学4年時、その保育園とそれに基づく世界一周プランを延べ2000人以上の前でプレゼンし、保育ドリームプランプレゼンテーション共感大賞、TABIPPO世界一周コンテストDREAM最優秀賞受賞。現在は世界一周中。


関連記事

  1. アイルランドのフォトジェニックな場所。
  2. 日々を何となく生きないことのおもしろさ。
  3. 過酷!ミャンマーへ陸路入国①「宿がない!!!?」~国境の町に深夜…
  4. 語学学校紹介⑤Language Schools New Zeal…
  5. 【スカンジナビア横断初日&2日目】オスロを抜け、次なる街…
  6. バギオの魅力お伝えします!
  7. ナースのギリホリ留学 〜Meetup part1〜
  8. 癌と申告され最後まで教壇に立てるかどうか。。。~余命わずかの先生…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

婚活看護師ナカダの夢とおすすめの奨学金ブロガー

ナカダ人の皆様、こんにちは。今回は趣向を変えて、ナカダのおすすめブログを紹介します。Tomo…

【ずぼらワセジョのキラキラ(?)フランス留学】Vol.7 Day trip to Albi

最近アルファベットにすっかり抵抗がなくなったちんともです!日本にいる間は、「まぁた英語のメールか…

PAGE TOP