Tomohiro Harada

【スカンジナビア横断5日目】北欧の公園の遊具はこんな感じ〜旅する保育士のToyBlog〜

 

 

 

スカンジナビア横断が始まってから、1日思い荷物持って長距離歩いてる割には、1日3時間くらいの睡眠と、途中1時間くらいの昼寝いしかせず、体はだるいわ、目は真っ赤に充血していたので、今日は昨日到着したアルビカで1日ゆっくりすることにしました。

 

なんで、「全然ブログ書くことねーなー。」って思って困ってました。笑

 

そこで、スウェーデンにある公園の遊具が、あまり日本では見かけないものが多く、子どもの身体的な発達を促すような、体をうまく使わないと遊ばなそうな遊具や、単純におもしろいアイデア!と思った遊具を見つけたので、それを今回はちょっと紹介しようかなと思います。

 

 

 

まずはアイキャッチにもあるこちら。

デザインもなんだか北欧っぽいボルダリングの遊具。
1つの大きさが大体直径150〜160cmくらい。
右上に1個乗っかっているのが難易度高そうです。

 

次にこちら。

これは見ての通り、ドーナツ上で少し傾いています。
この上に乗って歩くと、中華円卓みたいにくるくる回るので、バランス感覚が鍛えられそうです。
これも年中くらいから大きな子向けだと思いますね。
円状になっているので、友達とも一緒に遊べるのが良い。

 

 

これからはブランコ編。


これはぶらぶら部分が、お皿のような形になっていて、子どものサイズであれば、ハンモックのようにもなるし、友達と一緒に乗ることも出来ます。
5歳くらいの子なら最大4人は乗れそうな大きさ。
日々幼稚園で起こる、子ども達のブランコ取り合い戦争に終止符を打つブランコかもしれません。

 

 

 

これはぶらぶら部分がひょうたんみたいな形になっています。
下の黒い部分に足をかけ、抱きつくようにして乗るブランコです。
これも、何人か一緒に遊べるのが良いです。

 

 

ちなみに、これまで紹介した遊具の下はコンクリートではなく、少しクッション性のある柔らかい素材になっていて、思いっきりこけても大けがはしないようになってます。

 

 

次はもっと小さい子向けのブランコ!

こんな感じで四方が囲まれていて、赤ちゃんでも乗れるブランコです。
これ、すごくシンプルなアイデアだけど、あんまり日本では見たことないような気がする。

 

 

次はこちら。
これもブランコですが、なんでこんな形か分かりますか?

左側はさっきと同様、赤ちゃんでも乗れるようになっています。
そして、右側はよく見かける一般的な板を1枚つけただけのブランコ。
それが合体してるブランコなんですね。
つまり、赤ちゃんとお母さんやお父さんが向かい合って乗れるブランコなんです!
これめっちゃ良いと思いました。
普通に作れそう。

 

 

3歳くらいまでの小さい子向けのアスレチックです。

ここにもボルダリングついてますね。
これは、日本でもよく見るような型。

 

 

 

番外編でノルウェーで撮った公園も!

 

 

 

でました!

ノルウェーにも同じやつあるんですねー。
これは1個だけのタイプ。

 

 

こちらはもうちょっと本格的なボルダリング。

こうやって、ボルダリングはほぼ確実ってくらい公園に置いてありますね。

 

 

次はこちら。

雲底と登り棒が一体になったような遊具。
しかし、ひもで出来ているのでもっと不安定。

 

 

この公園も同様に床が柔らかい素材になってます。

それと、もう1つこの公園で面白いところが、このような山がたくさんあって、床がでこぼこしてるところ。
よちよち歩きの小さな子どもは、この小さい山を一生懸命に登って、それはそれは愛くるしかったです。笑
下もクッション性が高いので、小さい子には良いトレーニングになりそうです。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
これからも、面白い遊具や、子ども関連で気づいたことがあればどんどん発信して行きます!

 

 

明日から次の町まで80㎞歩きます!泣

 

 

 

それでは!!泣

 

 

 

 

前回の記事

【スカンジナビア横断4日目】ついに国境越え!昼寝してただけでいつの間にかスウェーデンに〜旅する保育士のToyBlog〜

**********************************

筆者プロフィール

原田智広

1994年3月3日茨城県生まれ。関東学院大学人間環境学部卒業。高校時代に「俺、大学に入ったら辞めそうだな。」と、せめて興味のある子どもに関する大学に行こうと消去法で進学するが、想像以上に保育にはまってびっくりする。その後、自身の生い立ちや大学時代の1人旅の経験から、世界中老若男女問わず、誰でも保育園に遊びに来れる保育園×ゲストハウスを考案。大学4年時、その保育園とそれに基づく世界一周プランを延べ2000人以上の前でプレゼンし、保育ドリームプランプレゼンテーション共感大賞、TABIPPO世界一周コンテストDREAM最優秀賞受賞。現在は世界一周中。


関連記事

  1. 世界一周体験記〜【留学生向け】アイルランドでのシェアハウスを探し…
  2. 世界一周体験記〜アイルランドの日常生活で使う39品の価格まとめ〜…
  3. ナースのギリホリ留学 〜Skin Care事情part 2〜
  4. 世界一周体験記〜レイキャビク滞在におすすめしたいバスホステル〜
  5. ナースのギリホリ留学 〜お国柄part 2〜
  6. ナースのギリホリ留学 〜ピースと裏ピース〜
  7. 世界一の星を探しに②
  8. ナースのギリホリ留学 〜go!go!イギリス!!移動編part …

ピックアップ記事

  1. フレンチフライ

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

この私をコーヒー飲める体にしてくれたトロントのおすすめカフェ

こんにちは!実は私、コーヒー飲みません。飲め…

佐々木ゲイにもてすぎ問題

佐々木、可愛いらしい。(ゲイ的に)ゲイに受ける体つき、顔らしく、すげえもてる。佐々木のモテモ…

PAGE TOP