その他

デンマークで盗難に遭ったことから見えたサザエさんが素足でドラ猫を追いかけていることについての一考察〜ぼくは保育士になるから旅をする〜

 

 

 

どうも!
世界一周中のともひろ(@tomtomtomohiro)です!

 

 

 

みなさんデンマークといえば、観光地意外になにが有名かご存知ですか?

 

 

 

じつは、デンマークは世界幸福度ランキングで何度も世界のトップにランクインしていて、2017年度の平和度指数でも去年より順位は下がりましたが、それでも163ヶ国中の5位。
世界で5本の指に入る平和な国家というわけです。

 

 

その順位は僕らが住んでいる日本よりも高い。

 

 

実際、僕は約1ヶ月間ヒッチハイクと野宿だけでじっくりとデンマークを縦断しましたが、危険な目にあったこともありませんし、ヒッチハイクなんて初めて5分くらいでとまってくれるなんてこともザラにありました。

 

 

「いやー、平和だし、人も優しいし、デンマークさいっこう!!」

 

 

 

デンマークの縦断を終えて、旅の思い出に浸りながら、市内にある観光地を巡ったり、図書館でのんびりしたり、コペンハーゲンで優雅なひとときを過ごしていました。

 

 

 

しかし、優雅といってもビンボーはビンボー。
その日の夜は、いつものようにコペンハーゲンでもテントを張って野宿をしたのでした。

 

 

 

 

明日もいつものように、平和なコペンハーゲンを回ることを夢見て。

 

 

 

 

 

 

しかし、それは叶わぬ夢となるのでした…

 

 

 

 

 

目を覚ました瞬間。
その瞬間は、どうして自分が目を覚ましてしまったかなんて理解は出来ません。

 

 

野宿と言っても寝心地はそんな悪くない。
気温は適温、とくに騒音があるわけでもない。
なにか外的要因で目を覚ましたわけではなく、朝だから自然に目を覚ましたんだと思いました。

 

 

 

しかし、次の瞬間。
なぜ僕が目を覚ましたのかが分かりました。

 

 

 

寝起きで夢うつつな僕の目に飛び込んで来たのは、見知らぬ誰かの腕。

 

 

 

その腕が僕のテントのなかをまさぐっているのです。
夢うつつな僕は、これは夢かとも思いました。

 

 

 

しかし、その腕をたどっていくと、ついにその見知らぬ男と目が合ったのです。

 

 

 

その瞬間、僕も、そして彼もこう思ったでしょう。

 

 

 

「これはヤバイ!」

 

 

 

それまで僕を起こさないように慎重にさぐっていたであろう動きが一変し、その男は僕が起きた瞬間に、強引に僕のサブバックごと持ち去り全力疾走で逃げて行ってしまいました。

 

 

 

そりゃあ僕も反射的に飛び起きます。

 

 

 

しかし、やっぱり寝起き直後って体が思うように動かないんですよ。
しかも、すっぽりと寝袋に包まれて寝ていたから、寝袋から抜けるためにも少し時間がかかります。

 

 

それでも僕はあきらめず、靴も履かずにテントから飛び出しました。
素足で、必死に犯人を追いかけたのです。

 

 

 

 

そう、素足で…

 

 

 

 

素足…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか。

 

 

 

 

分かる。

 

 

 

 

 

今なら分かるよ。

 

 

 

 

 

君の気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

サザエさん。

 

 

 

 

 

 

 

君はこんなに取り返したかったんだ。

 

 

 

 

 

おさかな。

 

 

 

 

 

 

きっとあのドラ猫はお腹が空いて仕方なく、人間というこの世界を征服せんとする欲望にまみれた恐ろしい生物からおさかなを決死の思いで略奪に踏み切った。

 

 

 

相当な勇気をふりしぼったことだろう。

 

 

 

そんなことも構わず、君は家族のために、お魚を取り返したかったんだね。

 

 

みんなにも笑われて、お日様にも笑われて。それでも君は追いかけた。
愛する家族で囲む食卓に、そのお魚を提供したいその一心で。

 

 

 

 

…いや、果たして本当に愛だろうか?

 

 

 

 

僕は今、なにかへの愛情で犯人を裸足で追いかけているのだろうか?

 

 

 

否!!

 

 

 

僕の今の気持ちは「あのバッグを盗まれたらヤバイ!!」というもの。

 

 

そう、自分への不利益に対して怯えている。

 

 

これが、僕が今裸足で犯人を追いかけている理由。

 

 

ここで1つの仮説が生まれる。

 

 

「サザエさんは何かに怯えていたから、素足になってまでドラ猫を追いかけていた。」

 

 

一体なにに怯えていたのだろう。

一般的に怯えるといえば、自分の立場が危うくなる状況や、自分よりも目上の人間に脅されることによって抱く感情だろう。

 

 

とするならば、サザエを脅かしている容疑者の特徴は、

 

・サザエよりも立場が上の人間であること。
・ドラ猫が咥えているお魚を食べる可能性のある人物。

 

 

ということは、このことからリストアップされるのは磯野家のこの3人。

 

・フネ
・波平
・マスオ

 

この3人がサザエを何かしらの理由で脅かしている可能性がある。

 

 

ここで容疑者を絞り込むために、もう一度サザエさんの様子を思い返してみよう。

 

 

サザエさんが必死に取り返そうとしているもの。
それはお魚である。

 

 

お魚を取り返さねば、サザエさん何かしらの脅威にさらされると考えて良いだろう。

 

 

つまり、お魚となにか関連の深い人物。
お魚をどうしても必要としている人物。

 

 

我々は以下の研究結果を目の当たりにし、容疑者をついに特定した。

 

 

 

 

 

『漁師にハゲが少ない理由は魚食にあった』育毛情報局

 

 

 

 

 

そう。
どうやらお魚には、育毛成分が含まれているようだ。

 

 

このことから、サザエさんを脅かしている人物は…

 

 

 

波平

 

 

彼しかありえないのである。

 

 

このことから、毛を増やしたい波平が、サザエにお魚料理を毎日出すように裏で命令しているという磯野家の裏事情が推測できる。
ここまで必死なサザエさんを見ると、隠れて暴力もふるっている可能性も考えられる。

 

 

もしかしたら、サザエさんのあの髪型は、頭のたんこぶをカムフラージュしているのかもしれない。
たんこぶで膨れ上がった部分で髪を留め、あたかも髪型として周囲に認識させているんだ。

 

 

さらに気になるのが、あのサザエさんのオープニングの異様な陽気さだ。

 

 

ドラ猫を追いかけるサザエさんをわざとらしく陽気と形容し、みんなもおひさまも笑うと言う、もはや世界平和的な世界観を過剰演出している。

 

 

これも、波平による事実の隠蔽工作かもしれない。

 

 

しかし、これに関してはまだ十分なデータが得られていない。

 

今後、我々研究チームは、波平が黒幕であるというさらなる証拠をつかみ、日本国民の知らない磯野家の実態を明らかにし、被害者と家庭される専業主婦を救うべく、有効な対応策を考えていきたい。

 

 

 

この研究によって、1人の専業主婦が救われるきっかけになれば幸いである。

 

 

 

 

 

 

参考文献

・育毛情報局(2017)『漁師にハゲが少ない理由は魚食にあった』http://tbabulya.com/zatsugaku/ryousi.html

 

 

 

 

 

 

p.s

 

パスポート、クレジットカード、現金、カメラ、iPad盗まれました。

 

 

 

**********************************

 

 

筆者プロフィール

 

 

原田智広

 

 

1994年3月3日茨城県生まれ。関東学院大学人間環境学部卒業。高校時代に「俺、大学に入ったら辞めそうだな。」と、せめて興味のある子どもに関する大学に行こうと消去法で進学するが、想像以上に保育にはまってびっくりする。その後、自身の生い立ちや大学時代の1人旅の経験から、世界中老若男女問わず、誰でも保育園に遊びに来れる保育園×ゲストハウスを考案。大学4年時、その保育園とそれに基づく世界一周プランを延べ2000人以上の前でプレゼンし、保育ドリームプランプレゼンテーション共感大賞、TABIPPO世界一周コンテストDREAM最優秀賞受賞。現在は世界一周をしながら「子ども好きにきっかけを。」をテーマにブログ更新中!!


関連記事

  1. スペイン最高説
  2. 英語学習!〜To不定詞と動名詞〜
  3. ナースのギリホリ留学 〜税金払い戻し〜
  4. あっちゃんの世界ウルルン滞在記〜水牛づかいになるの巻〜フィリピン…
  5. Air asiaの悲劇〜フライトキャンセル〜
  6. 世界一周体験記〜人生で初めて旅動画作ってみた〜
  7. アイルランドワーキングホリデー~仕送り~
  8. 赤裸々に語るトークライブ開催!

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

婚活看護師ナカダの夢とおすすめの奨学金ブロガー

ナカダ人の皆様、こんにちは。今回は趣向を変えて、ナカダのおすすめブログを紹介します。Tomo…

【ずぼらワセジョのキラキラ(?)フランス留学】Vol.7 Day trip to Albi

最近アルファベットにすっかり抵抗がなくなったちんともです!日本にいる間は、「まぁた英語のメールか…

PAGE TOP