【スカンジナビア横断31日目】ロラン島のど真ん中!!マリボってこういう街〜旅する保育士のToyBlog〜

 

 

 

今日はヒッチハイクで連れて来てもらったマリボという街の外れにあるビーチの前で野宿をした。

 

 

昨日の夜ごはんを食べてなかったので、お腹がぺこりのすけ。
マリボのシティセンターのスーパーマーケットにレッツラゴンタロー。

 

 

マリボはそんなに大きな街ではないが、セナ湖に面している綺麗な街だ。

 

訪れたのは平日の1時くらいだったが、規模はそこまで大きくないものの、街は活気が溢れていた。

 

 

 

 

 

若者がライブをしていたり、

 

おじいちゃんがチェスの挑戦を受けていた。
青空チェス。

 

 

道路では、フリーマーケットが開かれていた。

 

これ誰が買うねん。っていうものも結構あったけど。

 

 

このおばあちゃんは手づくりの子ども服を売っていた。
店番してる時も編み編み編み編み、、、

 

 

 

 

 

子ども用のぼよんぼよんバルーンの遊具もあった。

 

 

街中には観光用の馬車も走っている。

馬車が走っているから、馬のうんこもぼとぼと。
いつも思うけど、こういううんこってどうなるんだろう。
自然に消えるのを待つのか、誰かがいつも片付けに来ているのか。

 

まあ、そんなうんこの話しは置いといて。

 

今日はなんやかんやの流れで、デンマークの森の幼稚園を見学出来ことになったので、バスで森の幼稚園にレッツゴンタロー。
今日決まったので、テントも荷物もデンマークの治安を信頼して置き去りにして出発。
基本移動はいつもヒッチハイクだけど、閉園時間が迫っているので、さすがに今回だけはバスを使った。

 

 

最寄りの駅を降りてから約3㎞ほど歩いた。いなか〜。

 

森の幼稚園の見学の様子は別の記事で詳しく。

 

 

森の幼稚園見学を終えて、ヒッチハイクでマリボの街へ戻る。

 

 

マリボの街から、ロラン島で一番大きいというニュークビンという街にヒッチで向かう
あ、ちなみにテントも荷物も無事だったよ。

 

 

園見学の後だったから、夜も遅かったので、なかなか車が捕まらない。
しかし、今までの経験からなんとなく分かる。
簡単にヒッチハイクが捕まらない日はなにかが起こる。

 
なので、場所も時間もそんなに良くないのもあり、捕まらないのもしょうがないなーと思って、今日はマリボの隣の街まで歩いて進んで、そこで寝ることにした。

 

 

しかし、問題が1つ。
今日の深夜からバリバリの雨予報なのである。

 

 

僕のテントはへろへろなので、雨振ると浸水するし、次の日乾かさないといけないから面倒くさい。
なんとか、屋根のあるところかつ、寝れそうな場所を探していると、立派な駅を発見。

 

 

待ち合い室があったので、さすがに閉まっているかなーと思いつつも、恐る恐る開けてみると、なんと開いてる!
暖房もついてるし、電源もある。最高過ぎるところを見つけてしまった。
これから雨が振った時の参考にもなる。

 

椅子は木製の固い椅子しかないが、手すりの無いタイプの長椅子だったので、マットと寝袋を使えば快適に眠れるはずだ。

 

とりあえずそこに荷物を置いて、周辺がどんな場所なのか、危なくないか確認しようと外に出ると、誰かに声を掛けられた。
多分デンマーク語で、何言っているか分からなかったけど、こんな深夜に大声を僕の方を見て、何かをしゃべっている。

 

 

返事をして近づいていくと、僕を呼んでいる彼が、白杖を持っていることに気づく。

 

彼は多分僕が近隣住民だと思っているので、僕が旅行者で英語しか話せないことを伝えると、英語に切り替えて話し始めた。
名前はラースと言って、デンマーク人ではなく、グリーンランド人だと言う。
軽度知的障がいの挙動と重なるところが見てとれる。
ラースは初めて日本人に会ったらしく、僕も初めてグリーンランド人に会ったので、なんか分からんけどすぐに意気投合した。

 

 

僕がいつもテントで寝ていることを話すと、

 

「もしかしたら助けられるかもしれない。うちにおいでよ。」

 

と、言ってくれた。
やっぱり、今日は何かが起こる日だった。

 

というよりもまず深夜12時に1人で散歩していることが心配だった。
しかも、話しをしていると、こんな時間に散歩したのは今日が初めてらしい。

 

そして、彼は驚愕の一言を僕に告げる。

 

 

 

 

「僕の家どこ?」

 

 

 

 

しらねぇぇぇぇぇぇぇぇえええええええええ!!!!!!!

 

 

 

果たして、僕は盲目の彼を自宅まで連れて帰ることが出来るのか!?

 

 

 

次の記事に続く !

 

 

 

 

【スカンジナビア横断30日目】ランゲラン島から自然エネルギー自給率600%のエコロジー世界最先端のロラン島へ!!〜旅する保育士のToyBlog〜

**********************************

筆者プロフィール

原田智広

1994年3月3日茨城県生まれ。関東学院大学人間環境学部卒業。高校時代に「俺、大学に入ったら辞めそうだな。」と、せめて興味のある子どもに関する大学に行こうと消去法で進学するが、想像以上に保育にはまってびっくりする。その後、自身の生い立ちや大学時代の1人旅の経験から、世界中老若男女問わず、誰でも保育園に遊びに来れる保育園×ゲストハウスを考案。大学4年時、その保育園とそれに基づく世界一周プランを延べ2000人以上の前でプレゼンし、保育ドリームプランプレゼンテーション共感大賞、TABIPPO世界一周コンテストDREAM最優秀賞受賞。現在は世界一周中。


関連記事

  1. ナースのギリホリ留学 〜リングオブケリーpart 2〜
  2. 世界一周体験記〜はやく世界一周行きたい〜
  3. ナースのギリホリ留学 〜go!go!チェコ!!飛行機編〜
  4. ナースのギリホリ留学 〜語学学校のススメpart 3〜
  5. アメリカ育ち宇多田ヒカルNHK主題歌決定!!!
  6. 世界一周体験記〜SIMカード買うの思っていたより簡単過ぎた〜
  7. 語学留学は就活に有利なのか
  8. フィリピン留学!〜CNE1について〜

ピックアップ記事

  1. 農家
  2. 海外コンセント、プラグ

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

日本で英語の勉強~ゲストハウスに住む~

語学の勉強って地味ですよ。聞き流すなんてもってのほか。英語の下手な留学生同士で、また…

◆カナダでヨガ+英語◆

語学学校に行くだけでは、物足りなく有り余るエネルギーをどうしていいかわからないので、趣味のヨガをカナ…

PAGE TOP