Rose of York

Rose of Yorkイギリス留学〜ヒースロー空港到着、入国手続〜

Hi Fujiです

マルタからイギリスはヒースロー空港へ向かっております。イギリスでももちろん語学学校をいくつも訪問する予定でぎっしりです。その中でもRose of Yorkという英語だけでなく、英語を使って何をするのか、という英語のその先の目的に焦点を当てた学校をメインで訪問します。

イギリスと言えば、年々ビザが厳しくなっており、ヒースロー空港に到着しても、入国を許可されず、そのまま日本に帰らされるということも珍しくありません。「なんでそんなこと起きるんだ!学校にもお金を払っているんだから対応してよ!!」と言いたくなると思います。しかしながら、イギリスのビザの規則として、語学学校や留学エージェントからビザのサポートはしてはいけないことになっています。じゃあ誰がサポートしてくれるのか。それはビザのサポートのプロフェッショナルのみとなっています。

Rose of Yorkの素晴らしいところはその授業の質だけでなく、サポート面にもあります。なんとビザサポート専門の企業と提携し、その企業を通してイギリスビザのサポートも提供しているんです。通常、イギリスのビザサポートには数万円普通にかかります。しかしながら、Rose of Yorkはこのビザサポートを無料で提供しています。そのかいもあって、Rose of Yorkへの留学ではビザ発給が100%通っています。安心です。

さて、そんな入国に厳しいイギリス。その入国ではいったいどんなことが起きるのかとドキドキしていました。

%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b9rose_2152

ヒースロー空港に到着すると、このようにEU圏のパスポートなのか、その他の国のパスポートなのかで分けられます。もちろん日本から留学の方はAll other parrportsになります。

そちらに進んでいくと、門番みたいな人達が数人立っていて、入国に必要なフォームを渡されます。

%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b9rose_6540

こういうフォームです。特に難しい部分はないですが、よく質問に出てくるのは「Port of Last departure」ですね。これは「どこの国から来たの」ということです。自分であればMaltaですね。

このフォームがすべて記入できたらとうとう入国審査官との一騎打ちです。

自分は20カ国以上訪れているのですが、イギリスが最も多く質問されました。

どこから来たの。
なんで来たの。
なにするの。
どれくらい滞在するの。
どこに滞在するの。
次どこ行くの。

などなど。英語が多少話せる人であれば特に問題はありません。慣れていない人はあらかじめどのように回答するか練習していたほうがベターです。こんな入口でもたつくのはイヤですからね。

自分は、「留学エージェントでイギリスの語学学校を訪問しにきたよ。どこの学校?いっぱいだよ。Rose of York, Avalon,Kaplan,とかたくさんだよ。そのあとはスリランカに行くよ。スリランカの目的も同じ語学学校訪問だよ。そうだねー、いろんな国、いろんな学校に直接行っていい学校かどうか確かめないといけないんだよ。」という感じの会話をして無事に入国OKとなりました。

留学生の方で「まだ英語が苦手だ!とても答えられる自信がない!」という人は語学学校の入学許可証をさっと渡しましょう。ほぼ問題なくこれでわかってもらえます。

大げさではなく、イギリスはどんどん厳しくなってきているので、油断せずに練習して入国しましょう!

see you soon

留学ブログ奨学金


関連記事

  1. カナダに来て1ヶ月。英語力、上がってる気がする!?!?!?!?
  2. 女子必見!オススメのシャンプー選び
  3. イギリス留学〜セブン・シスターズ〜
  4. イギリス留学〜ロンドンの名言〜
  5. The Last Day in Dublin
  6. イギリス留学〜ソールズベリ〜
  7. イギリス留学〜ギルドホール〜
  8. Ms. BIZEN

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

フィジーvsフィリピン 留学比較

皆さんこんにちは、arianeです早速ですが今回のブログでは、前回のブログで言っていた通り、…

トロントの家が決まったーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

こんにちは!!!オシャンティビール今日はテンションが高いです!なぜなら!…

PAGE TOP