CNE1

ヲタクOne(6)One Project最終選考~ヲタクのプレゼンはパソコン代わりに団扇使う~

 

好きなアイドルに「君の8月の全てくれないか」と言われたら、8月全てあげちゃうよね???え???

 

 

どうも、てんです。

 

「君の8月の全てくれないか」というのは、関ジャニ∞/罪と夏の歌詞です。最近見つけてしまったアイドルのライブでこの曲を唄われて、別に彼に直接唄われたわけではないのですが、唄われた気がして、私の8月は彼に献上することとなりました。結局は妄想というオチなのですが、なんて安い私の8月。まだまだ病は続いています。

 

さて、前回のブログでは、One Projectの応募フォーム送り込み ~ 第2次のスカイプ面接までの流れをお話ししました。そしてぬわんと私のインスタ宛に、「分かりやすく書いていただきありがとうございました!」という、泣かせるメッセージが届きました。一気に天狗になりましたので今回はその続き、最終プレゼンの様子を公開しましょう。ワッショーイ。

 

 

最終選考は、Enginnier Limited東京六本木オフィスでの大プレゼン大会でした。第六回の場合、応募条件のひとつが「最終プレゼンの行われる6月17日に、六本木に参集出来ること」でした。応募の段階から決まっていますので、北海道に住んでいようが、小笠原に住んでいようが、プレゼンを披露するためにコンクリートジャングル東京に出向く必要があります。

 

スカイプの通信状況等にハラハラしない分、台風被ったらどうしようという沖縄県民特有のハラハラはありました。もちろん沖縄から参戦した私が、キング オブ ファーウェイでした。ただヲタクにとって何よりもの問題は、

 

6月17日って、二宮和也の誕生日!!!!!

しかも嵐のイベントの日!!!!!

直接お祝いしたい!!!!!

 

 

「まあでも選考されなかったとしても、嵐が待っててくれるからそれはそれで幸せか~~~」、「チケット落選したとしても、留学ゴトに集中出来るからちょうど良いか~~~」という保険をダブルでかけておきました。

 

でもそういう時ってだいたい、選考も通るし、チケットも当たるよね。知ってる。

 

 

3次通過の当選メールから最終選考までは、2週間の期間が空いていました。それすなわち、2週間でオリンピックの準備をするようなものです(大げさ)(分かりにくい)。

 

前回ちらーっとお話しした通り、2次面接を予定していた5月29日に、救急車とドクターヘリで搬送された私は、減圧症と診断されました。事故当日から一週間、毎日60km離れた病院へ治療に通いました。特殊な装置を使うので、病院が限られるのです。高速を1時間運転して、狭い装置に2~5時間箱詰めされて、また1時間かけて帰って来るという日々でしたので、精神状態は良くありませんでした。

 

しかし同時に仕事も出来ないので、時間だけはありました。ボーとしているとマイナスなことしか浮かばないので、プレゼンの構成を考えることが出来るのは、有難い希望でした。

 

最終選考ご案内メールには、このようなことが書かれていました。得意のスクショで失礼しますね。

 

私がスライドやら動画を作るとなると、1万年と2千年前から言っていただかないと間に合わないので、ためらいなく後者のホワイトボードを選びました。最終選考当日には、12名の選ばれし変態共が参集しましたが(褒めてる)、ホワイトボードユーザーは私一人でした。どっこいしょー。

 

 

・ヲタクのプレゼン持ち物

ホワイトボードを使うと言っても、書きながら話す某予備校のようには出来ないので、例のアイテムが必要になってきます。

そう、うちわ。(登場2回目)

 

ということで、私の当日の荷物を公開するとこうなります。

 

※本人は至って真剣です※

 

ホワイトボードユーザーは、ノートに言いたいことを書き殴って暗記しました。コンビニの廃棄品で貰ったポケモン学習帳を愛用する24歳社会人が、残念の極みであることは億も承知ですけれど、この紙質の書きやすさが尋常じゃないんだ。

 

ポケモン台本も作って、肩書き・ミッションうちわも作って、ダイバー大野くんも作り、アナログ小道具が揃いました。この子たちをホワイトボードに張ったり、自分の身に付けたり、うちわは手に持ったりするのが私のプレゼンスタイルでした。どうも、プレゼンでパソコン使わない系留学生、てんです。

 

 

・ヲタクのプレゼン練習場

何せあの恥ずかしい小道具を乱用しなくてはならないので、人前で練習するわけにはいきません。家族の前でも御免です。誰にも迷惑を掛けない個人スペースで、声を出してプレゼンの練習が出来る場所が求められる。

 

(BGM:いい日旅立ち)

 

カラオケボックスのここが凄い!!

・誰にも迷惑掛けない私だけの空間。

・マイクを使って練習が出来る。

・飲み物が飲み放題。

・気分転換に歌うことが出来る。

・照明落として臨場感が味わえる。

・宣伝映像が流れている中で負けずにプレゼンするという集中力が身に着く。

・動画を撮影して確認も出来る。

 

カラオケボックスのここがダメ!!

・歌うことが楽しくなっちゃう。

 

私はフリータイム6時間で入りましたが、2時間半は普通にヒトカラを楽しんでしまった気がします。それで声枯れた(おい)。あと入り口から近い部屋だと、出入りするお客さんと常駐の店員さんにめちゃくちゃ聞かれているので、個人情報の漏洩にはお気を付けください。

 

まあこうして、プレゼン練習(とカラオケ練習)はばっちりで当日を迎えることが出来ました。

 

 

・プレゼン当日

まず、二宮くんお誕生日おめでとうね!!!本日の大阪公演の私のチケットは、翌月の東京公演と交換していただきました。代わりに二宮くんファンの方が誕生日公演に入っていただけたので、それはそれはめでたい話しです。

 

東京に残った私はまず、嵐のライブDVDを見てガソリン満タンで出発。ヲタクの朝は早い。辿り着くまで何が起こるか分からないので、六本木駅には早めに向かいました。テレビ朝日のある六本木、ヲタクは幾度となくお世話になって来た場所です。TOKIOのファンクラブに入っていた時に、ミュージックステーションの観覧で来たこともあります。(そんな~時代も~あ~ったねと~…)

 

テレビ朝日の前に毛利庭園という公園があるので、そこで最後のプレゼン練習をしていました。土曜日の朝なので、人が少なくてセーフ。そして六本木のオシャレ過ぎるトイレに寄りましたら、

ブランケット、常備。

 

そしてパワーを貰うためにこちらにも寄りました。

 

だってここには、、、

おーちゃんがいるんだもの。こうしてヲタクは、るんるん最終選考へ向かうのであった。

 

 

・ライバルたちとご対面

島時間の私は、5分ぐらい前に会場入りしました。もう皆さんほとんどお揃いで、既にフィーバーされていましたね。ここ最終決戦上には、マルタ・アメリカ・アイルランド・フィリピン希望の猛者たちが、各国2~5名、計12名が参集しました。

 

始まるまでは皆でガヤガヤおしゃべりをしていて、お決まりの

皆「どこから来たんですか?」

私「沖縄でs「「「沖縄ですかーーー!!」」」

というリアクション10000%いただきました。ありがとう。

 

そしてfrom沖縄という情報しか与えてないのに、「ダイビングの仕事とかしているんですか?」「フィリピン希望ですか?」と、全てがバレる私の分かりやすさ何なのだし、Youたちの操作能力どうか他に活かして。

 

変人の集まりだからお話ししていてすごく楽しくて、でも話し過ぎるとプレゼンのネタバレになっちゃうという、もどかしさと絶妙な探りが繰り広げられていました。私がヲタクであることは、この時はまだバレずに済みました。Good job.

 

大事な大事なプレゼンの順番は、くじ引きで決まりました。マルタ→アイルランド→昼食→アメリカ→フィリピンだったと思います。私はこう見えても人前で何かするのはとても緊張するので(人前で何かする人を見る専門だから)、トップバッターでも良いからやってしまって早く楽になりたかったのですが、

 

こういう人ってだいたい大トリになるよね。知ってる。

 

 

・ドキッ!曲者だらけのプレゼン大会 ~ホロリはあるよ~

最終プレゼン、お金を払ってでも見る価値があったと思います。すげかった。ほぼ全員分のプレゼン内容、未だに覚えています。全員分の感想を挙げたいところですが、One選出者3名分挙げていってみましょう。

 

マルタOne はすみはん

トップバッターは、マルタOneのはすみはんでした。いや、トップバッターってその後の流れを作ることになるので重要ポジなのですが、彼女のプレゼンは圧力すご過ぎすぎて、引いたよね(褒めてる)。同時に、こんなにも将来のことを考えている学生がいるのかと、恐縮でした。「中国人の同年代の子と、嵐ってカッコいいよねって、国境越えて普通に盛り上がりました!」って言われて、心の中で同意しすぎてヘドバン。

 

アイルランドOne 岩石くん

もう、名前そっちのけで岩石のイメージ強し。ゆったりと面白いことを話す、岩石ヲタク。そして、スライドショーが一番分かりやすかったと思います。デザインもよく、画像の使い方もよく、お手本となるようなスライドでした。作り方教えてほしい。最終選考を終えた夜、渋谷で酔っ払いのゲイに絡まれたらしい不憫な岩石くん。

 

アメリカOne ゆっちゃん

断トツに変態でした。席が向かいだったのでよく話していましたが、事前の普段のバカっぽさと、プレゼンで解禁された本性の高低差に耳キーンなりました。真面目なバカなのか、バカな真面目なのか。でも目指すところは高くて、そこまでの準備も周到です。今後も目が離せない変態です。全体を通して、褒めていますよ。

 

 

他にも曲者は目白押し。GoProと動画編集をこなす、Theバックパッカー。群を抜いて素敵スマイルな、最寄り駅まで歩いて2時間という千葉県民。少女漫画ヲタクのデザイナーさん。見た目の可愛さからは想像も出来ない労働環境で働く、車でお越しの愛知県民。血管切れるんじゃないかってぐらいに駆け足なプレゼンをする、熱血男子。3公演ぶん課金する、ミスチルファン。スリランカ送りされた経歴を持つ熊本県民。全体的に関西人のプレゼンは面白くて、その県民性ズルい。

 

今でもフェイスブックやらインスタやらで繋がっていて、LINEのグループチャットでは近況が送られて来たりします。意識の高い良い仲間に出会えて、良い刺激を貰いました。これからも互いに高め合っていける関係性でいられたら嬉しいです。

 

非常に眩しかった最終プレゼンに参加させていただいた感想をまとめると、こうです。

 

 

いったいどんな人生を送って来たら、そんなひれ伏したくなるプレゼンが出来るのか、不思議でした。そんななかでの、大トリの私のプレゼン。一気に温度を変えました。

 

 

何も考えずに、ラフな気持ちで聞けるプレゼンだったのではないでしょうか。でも伝えたいことは伝えたよ。そして、自分のプレゼンを第三者的に見るのは難しいので、もうこの際、

 

最終プレゼン原稿を、全部載っけようと思います。

 

気付いたのです。10分にまとめたプレゼン内容、初めましての方々に全てを伝えなくてはいけなかったので、自己紹介も留学動機も夢も職業も趣味も、全部組み込まれているんですねえ。結構何日間もかけて考えた原稿が、このまま1回しか日の目を見られないのは寂しいので、このブログにデジタル化させて残しておこうと思います。私のプレゼン、現状では紙にしか残っていませんので。

 

と言いましても、流石にすこぶる長くなりますので、次回に持ち越そうと思います。どうぞお楽しみに。

 

 

 

さあ今回の更新では、最終プレゼンの構成、事前準備、練習法、プレゼン会場の様子までを公表しました。前回からの流れで、One Projectがどのように行われているか、想像つきましたかな。どうやら第七回の最終選考は、大ボスとのスカイプだと伺いました。スタイルがガラッと変わりましたので、私の経験がどこまで役に立つか分かりませんが、3ミリでも参考になれたら嬉しいです。

 

冒頭でお話しした通り、私の8月はアイドルに捧げておりますが、現実ゴトも同時進行させないと帰って来られなくなる可能性がありますので。浮かれながらも、留学ゴトに向き合っています。先日はスパイにも出掛けましたので、One Project関連が落ち着いたらスパイ業務について書きますね。でもその前に、あさっての現場が待っています(ハート)残りの8月も捧げるロマンス。

 

最近めっぽうヲタ活報告ばかりですが、インスタグラムあり〼

 

 

~ 明日の記憶 back number ~

ヲタクOne(0):六代目フィリピンOneとして選出されました。

ヲタクOne(1):アイドルヲタクです嵐ファンです。

ヲタクOne(2):自己紹介と夢と留学動機をババンと。

ヲタクOne(3):留学先にフィリピンを選んだ理由。

ヲタクOne(4):フィリピンの留学候補地。

ヲタクOne(5):One Project攻略~2次スカイプ面接まで。


Risa

投稿者の記事一覧

嵐ファン ✕ ダイバー ✕ 留学生

関連記事

  1. ちっちゃロンで、でっかロンになりそうな話〜ステイ先の食事〜
  2. 看護師ナカダの海外婚活日記8〜JBに超幻滅編〜
  3. アイルランドワーキングホリデー~Tomorrowland~
  4. コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜長期間空港滞在の過ごし方〜
  5. 留学のきっかけ
  6. 【スカンジナビア横断32日目】知的障がいの友達と共に過ごして初め…
  7. フィリピン留学〜フィリピン人の足、ジプニーとは?〜
  8. 世界一周体験記〜英語が出来ないのにアイルランド留学しに来た留学生…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダに住む人々の性格・特徴

こんにちは!Tomoです!こないだ、本当に久しぶりにプールに行き、また水泳の…

【エストニア入国】ヘルシンキからタリンへ行くフェリーが豪華すぎ!!

やっと!!やっっっっっっっと!!!!物価お化け…

PAGE TOP