ビジネス英熟語!

【職場で使う英熟語】

 

all in a day’s work

「普段やってることだからどうってことないです」ってなニュアンスです。まったく当たり前の。珍しくもない

I don’t particularly like to cook, but it’s all in a day’s work.

私は、料理をするのは好きではないですが、これもいつものことです。

 

the bottom of the ladder

役職・立場が下の人

 

the top of the ladder

役職・立場が上の人

 

fill in (for someone)

「空欄を埋める」「空所をみたす」

仕事の穴埋めをする。かわりに短期間仕事をする。

fall in an opening in one’s schedule. スケジュールの空いた時間を埋める

fill in a form 書式に書き入れる

She filled in for me while I had lunch. 彼女は、私が昼食の間代わりをしてくれた。

 

farm out

下請けにだす。仕事を人に振る。怠け者の上司みたいですね。

 

fall down on the job

仕事を失敗する。(能力を発揮せず)いい加減にやる。といった意味合いです。

The chief reprimanded Tom for falling down on the job.

部長はトムに仕事をいい加減にしているといって叱った。

 

go over someone’s head

直属の上司を通さず上に話す。

上司がちょっと問題があるときは使えそうですね。

 

 

【仕事が忙しいとき】

roll up your sleeves または roll your sleeves up

「さぁやるぞ!」ってときに袖をまくるしぐさをするのは日本の表現にもありますね!

Let’s roll up our sleeves!

「気合い入れて行くぞ!」ってな感じです。

 

do the dirty work

人の嫌がることをひき受ける

 

get your hands dirty または dirty your hands

きちんと仕事をこなすこと

“I think he was a good boss as he got his hands dirty.”

「いい上司だったよ。自分で汗を流して働いてくれた。」

 

have your work cut out for you

沢山の仕事がある。(難しい仕事を抱えている)

 

 

 

【仕事以外で】

all work and no play (makes Jack a bull boy)

働いてばっかりで遊んでない。→ 「良く学び、よく遊べ」という意味なんですが

誘っても断られるようなシチュエーションで

仕事ばかりしてて、面白みのない人になるから、働いてばっかりないで出かけようぜ!っていう感じで使います。

 

knock off (for a day)

「やめる。打ち倒す。中止する」と、いった意味です。

Knock it off!  You’re making too much noise. やめろ!うるさくし過ぎ!

We knocked off work at 5 o’clock 仕事を5時に終えた。

 

talk shop

仕事以外の場所で仕事の話をすること

I don’t want to talk shop right now.

今は、仕事の話はしたくないよ!

 

 

また使えそうなのがあったらあげていきます。


関連記事

  1. 引っ越しました!いえーい
  2. アイルランド映画The guard
  3. アメリカ留学〜Going-to-the-Sun Road〜
  4. オーストラリア留学〜蝋人形館マダムタッソー・シドニー〜
  5. ナースのギリホリ留学 〜外国人登録part 2〜
  6. フィジー留学〜ラグビー〜
  7. 世界一周体験記〜ロンドンにある先生も子ども達も日本人の幼稚園〜
  8. ナースのギリホリ留学 〜ホームパーティーpatr 1〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

【スカンジナビア横断30日目】ランゲラン島から自然エネルギー自給率600%のエコロジー世界最先端のロラン島へ!!〜旅する保育士のToyBlog〜

デンマークという国は、世界地図を眺めていると分かりに…

世界で1番幸せな共生社会を実現しているデンマークの教育システムまとめ〜旅する保育士のToyBlog〜

日本では消費税が8%に引き上げられたことが記憶に新し…

PAGE TOP