ネイティブが話を続けるテクニック!

ネイティブが会話をしてる時によく使う言い回しを少し紹介します!

これを知っておけば会話を途切れさせず、流れのある会話ができるかも?

 

 

まず、

英語の会話をしてるとき話しかけられることとかは無いですか?

流石に無視はしないと思います。

少し脱線した時には、As I was saying,~という言葉を使います。

 

例えば、AさんとBさんが話しているときに、Cさんが「ここにおいてた○○知らない?」と聞いてきたとします。

Aさんが、「知らないよ」と答えたあと、Bさんとの会話に戻ります。

その時に、As I was saying, ~ .と会話を再開します。

意味合い的には、「さっき話してたやつだけど、~。」といった感じの意味合いです。

 

 

次に、

世間話をしてる時は、話題が次々に変わっていって最初何話してたか分からなくなることってないですか?

実は無意識に、話の中からトピえばックを拾って次のトピックに移ってるんです。

これは英語でも同じです。

 

“Speaking of ~ , ~. ”という表現があります。

(Aさん)I ate pizza last night.  (Bさん) Speaking of pizza, ○○restaurant is good.

 

日本語で言うところ、「~といえばさぁ、~だよね」といった感じですかね

関連する言葉を引っ張ってくる時に使います。

 

 

 

これもよく使うフレーズですね!

That reminds me,~ そのまんまですけど、「それは~を思い出させる」「~を連想させる」

外からの情報がなにかイメージを頭の中に描かせるといった感じです。

That reminds me, when i was child.

私の子供時代を思い出させる。

 

 

ちょと似てますけど

Come to think of it, ~というのがあります。

会話してる時に、「あ!やべっ!~するの忘れてた!」っと突然忘れてたことを思い出すことがあると思います。

そんな時にコレを使います。これは、必ずProblemやQuestionなどのネガティブなときにつかいます。

 

 

 

That とThis を使ったよく使うフレーズ!

 

This is it.

「まさしくコレ」といった感じで重要なことを説明するときに使います。

 

This and that.

まったく重要じゃない、くだらない、言う必要もないくらい要らない情報の場合

名に話してたの?「This and that」くだらない話だよ

 

That’s it.

個人的にこれはよく使います。それが最後、終了、やめた、関係が終わったといった具合に色々使えます。

レストランで、ほかに注文はいかかですか?と聞かれて「That’s it!」

仕事を終えるときに「That’s it!」

彼女とはまだ続いてるの?と聞かれたら「That’s it!」 ← もう終わったよ!といった感じですね

会社を辞める時も「That’s it!」 ← これでおしまい

といった具合に、色々な意味があるんでニュアンスで覚えて下さい。

 

That’s that

最終的な結果が出てしまってたり、終わってしまっていて変更できないときに使います。

「それが結果だよ」といったニュアンスです。

 

 

 

どうでしたか?

これを使いこなせれば、会話の流れが一気にスムーズになりそうじゃないですか?

あと、昨日もいいましたけど、

単語を一つの意味で覚えるのではなくニュアンスで大体こんな感じの意味とイメージで捉えるようにしてみてください!


関連記事

  1. 学校初日!入学の流れ
  2. ヲタクOne(3)フィリピン留学の魅力「妄想先走ってフェードアウ…
  3. 過酷!ミャンマーへ陸路入国①「宿がない!!!?」~国境の町に深夜…
  4. 〜旅×留学×看護~旅するパワースポット菜穂の正体とは?!
  5. 【スカンジナビア横断31日目】ロラン島のど真ん中!!マリボってこ…
  6. とにかく寝たかった留学1年目の過密スケジュールとは?!
  7. ナースのギリホリ留学 〜go!go!マレーシア!!準備編part…
  8. 引っ越しました!いえーい

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

この私をコーヒー飲める体にしてくれたトロントのおすすめカフェ

こんにちは!実は私、コーヒー飲みません。飲め…

佐々木ゲイにもてすぎ問題

佐々木、可愛いらしい。(ゲイ的に)ゲイに受ける体つき、顔らしく、すげえもてる。佐々木のモテモ…

PAGE TOP