珍獣ハンターNobu!(笑)

こんにちは。珍獣ハンターNobuです。

フィリピン南部で、イスラム系武装集団が駐在米国軍・フィリピン軍との戦闘を繰り広げていますが

セブは変わらず平和です。

 

今回、珍獣を求めボホール島に行ってきました。そこにいたのはスターウォーズのヨーダ(笑)

朝、4時半に学校を出発!(昼間かなり人が多くなるので早めに行きます。)

まずは、ターミナル1の外(港に向かって左手前)にDRAGON STAR HIGHWAYというのがあります。

右側のそれぽいところは1000ペソとか言われますが

そこは、ビジネスクラス250ペソ ツーリスト300ペソで

学生証を提示すると255ペソで乗れます。

出発はターミナル2からです。(間違えないように! ゲート入って左に500mくらい行くとあります。)

港では、ターミナル使用料25ペソを払います。

1時間一本くらいありますが、6時発に乗りました。

朝日がキレイ

1時間くらいの船旅でボホール島(Tubigon)に到着。

港には、客引きがちらほら

乗用車2500ペソ、ハイヤー3500ペソで、車一台借りれるそうです。

値切り交渉して、3000ペソと提示してみたら

あっさり通ったので、きっともうちょっといけます。

5人なんで一人600ペソ。一日かりて600悪くないか

 

ちょっと間、車に乗ってると

く、くさいな・・・

2人ほど靴底になにかついてるし(笑)

運がついてきた

いい旅になりそうだ(笑)

 

ハイヤーは、ぐんぐんスピードを上げていき

やばい!怖い!酔う!

どんどん追い越していき、カーブはセンターライン上

遠心力でひっくり返らないのか心配

 

 

なんとか1時間のドライブで、チョコレートヒルズ(世界遺産)に到着!

乾季にはチョコレート色になるのだそうです。

不思議な山が乱立していますが、未だにどうやって出来たかは不明だそうです。

山の部分でもかつてサンゴ礁だっただろう岩がちらほら

昔は、海底だったんだろうな。

 

入場料が50ペソ

まず、車を止めて

バギーを楽しむことに! 30分 450ペソ。

ちょっと強気な値段設定です(笑)

ルートが色々あるらしく、1時間とかにするとチョコレートヒルズにも登れるのだとか?

 

運転はブレーキとアクセルだけな簡単なものでした!

泥だらけになるので覚悟を!最後に井戸で洗えます。

30分だけでもかなり満足です。

その後、何故かまた入場料50ペソ

バギーが敷地外から内に入るから?

まぁいいや

 

次は、車で坂道を5分ほど

何やら長い階段が見えてきました。

もちろん上がります。

展望台が見えてきました。

 

チョコレートヒルズは、正直そんなに期待はしていなかったけど

ちょこちょこ飛び出るチョコレートヒルズは不思議な光景

心配していた天気も、なかなか良い具合!

ドローンも、飛ばしてみました!

 

その後は、この旅のメインである

世界一小さなメガネザル ”ターシャ”

なにこの手のひらサイズの小さな生き物!

可愛いな! ヨーダっぽい(笑)

残念ながら触ったりはできません。

手もなんか可愛い!

癒される(笑)

ちなみに入場料は、50ペソ

 

その後は、何故かヘビと蝶が一緒に飼育されている施設へ

こっちも意外と可愛い。

ヘビは、ほんとにヘビ皮の財布みたいな手触り。少し”しとっ”としてました。

しかも、わりとおとなしい。

入場料は90ペソ

 

フェリーで、4時半ごろにセブに帰ってきました。

帰りのフェリーは、255ペソ(謎の+5)

良い運転主で、チケット買うのに代わりに列に並んでくれました。

自分たちは、その間マックでご飯食べてました。

あと、ターミナル使用料20ペソ

 

トータルで2000ペソ(4400円)くらい。

なかなか満足なセブ島から行ける旅でした。

時間があれば綺麗なビーチもあるそうなので行ってみてください。

 


関連記事

  1. 「ウワオ!」「出た!」岡田の英語力
  2. あっちゃんの世界ウルルン滞在記〜水牛づかいになるの巻〜フィリピン…
  3. ナースのギリホリ留学 〜go!go!ドバイ!!買い物編〜
  4. フィジー留学〜ラグビー〜
  5. カナダ留学〜キャンレイルパス〜
  6. ニュージーランド留学〜北島①〜
  7. ナースのギリホリ留学 〜ダブリン夜遊び事情〜
  8. フィリピン&マルタ留学〜島留学比較〜

ピックアップ記事

  1. 常夏の島
  2. オーストラリア,La Linguaポイント

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダの家! Move for new house

こんにちは。Nobuです。カナダ生活、3日目!昨日、ホテルから一週間お世話になるお宅に引っ越し…

カナダに入国!イミグレカードの書き方・VISA受け取り方

こんにちは。Nobuです。にぎやかだったフィリピン生活から一転、一人になったのでなんだか寂しさを…

PAGE TOP