オーストラリア留学

【ワーホリ税】世界屈指のワーホリ人気国、オーストラリアに新税制導入

みなさんこんにちは!留学ギアの管理人アギです。当初より留学ギアのスタッフに留学に役立つ情報や、国ごとの魅力を発信してもらっていました。ですが、今回から管理人の私自身も、ぜひ皆さんに役立つ情報を発信していきたいと思い、スタッフブログに参入しました。どうぞよろしくお願いしますm(__)m

【超絶ワーホリ人気国オーストラリアの魅力】


食卓を囲む光景


オーストラリアは数多くの世界遺産があり、広大で美しい自然の広がる素晴らしい土地です。そのため旅行などで楽しいひと時を過ごす上でも非常に良い場所なのですが、ワーキングホリデーをする上での魅力もそれに劣らぬほどのものがあります。

簡単にですが4つのポイントをまとめてみたので、ダイジェストでご紹介いたします!

  • 平均20ドルという高時給
  • 日本人という強みを生かせるジャパレス
  • 他国にないセカンドワーキングホリデー制度
  • 豊富な語学学校

平均20ドルという高時給


紙幣


オーストラリアはとっても時給の高い国なんですよ!みなさん知ってましたか?ワーホリ滞在者に優しい(優しかった?)国であるオーストラリアは、平均時給がなんと20ドルもあります。日本の時給と比べてもすごく高いですよね。なかなか日本から出稼ぎに出れる国はないですし、もしお金にあまり余裕がないという方であれば、日本でお金を稼いでから留学やワーキングホリデーの準備をするよりもはるかに効率良くお金を貯めることができます。これってすごいことですよね。

日本人の強みを生かせるジャパレス


image


ワーキングホリデーをしてみたいけれど、英語がまだまだ苦手で海外で働くことへの不安を感じる方も多いと思います。そんな方にオススメなのがジャパニーズレストラン、略してジャパレスです。日本食はオーストラリアでも人気の料理で、都市部や田舎を含めてジャパレスがいろんな場所に存在します。そしてオーストラリアは日本語が意外と通じる場所が多いですので、ジャパレスそんな場所の代表格です。英語ができない日本人もスタッフとして働いているケースが多いです。もちろんお客さんは英語しか話せない人も多いので英語の勉強もできるのでご安心を。

他国にないセカンドワーキングホリデー制度


595358-7ca6987e-3eb5-11e4-984a-3af64847c70c


そして他国とのワーキングホリデーの一番の違いは、合計で2年間のワーキングホリデーを経験できるという点です!!これこそがオーストラリアワーホリの最大の魅力といっても良いかもしれません。2年間も合法的に英語の勉強をしながら、自分のやりたいことをしながら、お金を稼ぐことができなんてすごすぎますね。もちろん条件はあり、決められた地域での3ヶ月以上の農作業従事の経験があれば2回目のビザの申請をすることができます。

豊富な語学学校


10613140_10152652531617277_


オーストラリアは世界でも人気の留学国の一つとして知られています。その中でもとくに日本人からの人気が高い国でもあります。そのため現地ではどれほど田舎に行ったとしても、日本人のスタッフが語学学校に在中してサポートをしてくれるケースが多いです。語学学校の数も豊富で各学校に特徴があるので、自分に合った学校を選ぶことも比較的しやすい環境があります。

【2016年7月からのワーホリ税の導入】


backpacker_1434253624-e1434253690304


今まではオーストラリアは本当に働きやすくて、お金も稼ぎやすい天国みたいな国だったんです……ですが、オーストラリア政府が2015年5月予算案の中で、国内で働くワーキングホリデーの利用者に税制の改正案が提出されました。この「ワーホリ税」は、バックパッカーを狙った「バックバッカー税」とも呼ばれています。簡単に要約すると、2016年7月以降、すべてのワーキングホリデービザを保有する外国人で、年収80,000万ドル以下の人々に対し、32.5%の所得税が課せられるという衝撃的な内容でした。

これにより、今までのような高時給での労働ができなくなったと言っても過言ではありません。ですが、それでも日本であるバイトをする以上にもらえるところも多くありますので、一概に全然お金を稼げなくなったとは言えない面もあります。ですのでオーストラリアでのワーキングホリデーは間違いなくまだまだ人気を博し続けるでしょう。もちろん7月前にワーキングホリデーで滞在できる期間もまだありますので、ぜひぜひ早めに行ける人はオーストラリアにて働いてみるのも良いでしょう。


関連記事

  1. 無料留学 One project フィリピン留学楽しいですが何か…
  2. オーストラリア留学〜モーニントン半島とワイン〜
  3. オーストラリア留学~国内の旅行シーズン~
  4. フィリピンで〇〇を食べたら、あとでとても後悔した話。
  5. それでは聴いてください、「生きがい〜my life depend…
  6. オーストラリア留学〜語学学校の国籍割合の実態〜
  7. CNE1の各コースについて
  8. イタリア散歩①~本場ボロネーゼ&突然のイタリア語レッスン…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

日本で英語の勉強~ゲストハウスに住む~

語学の勉強って地味ですよ。聞き流すなんてもってのほか。英語の下手な留学生同士で、また…

◆カナダでヨガ+英語◆

語学学校に行くだけでは、物足りなく有り余るエネルギーをどうしていいかわからないので、趣味のヨガをカナ…

PAGE TOP