IELS

コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜ホストファミリーのはずれという考え方とマルタのホストファミリー〜

Hi, 宇野ちゃんです。

 

 

 

みなさんホストファミリーと聞くと、どんなイメージでしょうか?

 

 

 

毎晩みんなで食事をして
毎日、その国のいろんな伝統料理を食べられて
休日は一緒にお出かけして
天使のような子供がいて、大きな犬がいて

 

 

何度も留学をした宇野ちゃんから一言いうと

 

 

 

そんな期待は捨てて言ったほうがいい

 

 

 

僕は、今まで3度のホストファミリーを経験しました。

 

 

その中で、良いホストファミリーと、よろしくないホストファミリー

 

の比較を通して、現在のマルタのホストファミリー生活を赤裸々に綴りたいと思います。

 

 

 

僕が初めて、アイルランドに留学したとき、本当によろしくないホストファミリーと遭遇しました。

 

 

・wifi使うだけでお金をとってくる
・英語がわからなくて、聞き直すとキレる
・ご飯は常に冷凍食品かマクド
・若干、レイシスト

 

 

これらの項目が当てはあれば、速攻ホストは変えてください。

 

 

これは、ぼくの持論ですが、

 

 

ホストファミリーがよければ、留学は制す

 

 

とときます

 

 

なぜなら、ネイティヴの人たちと長く話す時間は、基本的にホストファミリーだからです。

 

 

また、語学学習というのは、誰と関わるかによって、非常に伸びに変化があります。

 

 

外国人の彼女ができれば、彼女のいってることを一語一句理解したい
自分の言いたいことを正確に伝えたい

 

 

そういった、コミュニケーションをとりたいという強い思いが、語学の向上に密接しています。

 

よろしくないホストファミリーに出会えば、英語を話すことが怖くなってしまいます。

 

 

なので、ためらわずすぐに語学学校の人に連絡してください。

 

ぼくは、2ヶ月間我慢したのですが、本当に何度もホームシックになってしまいました。

 

 

一方、変更した後のホストファミリーは、

 

 

“これこそが、ホストファミリーだ”

 

と言えるくらい、親切な方達でした。

 

 

最初に記述した通りのホストです。

 

 

英語学習にも非常に協力的。
自分の誕生日まで祝ってくれました。

 

 

 

では、前置きが長くなってしまいましたが、マルタのホストファミリーはどうなのか。

 

 

 

はっきりいって、“ビジネス感覚のホストが多い”

 

 

前もって、聞いていたのですが、確かにwifiや洗濯するのにも、様々な面でお金を払わなければいけません。

 

 

しかし、幸運なことにぼくのホストファミリーはとてもいい人です。

 

80歳くらいのおじいちゃんで、いつもジョークを飛ばして、よく接してくれます。

 

 

このブログを書いていて、読めもしないのに、
“this part!! This is not good”
とか言ってきます 笑

 

 

ホストファミリーには、あたりはずれがあるかもしれませんが

 

 

重要なのは、適切にあたりかはずれかを見極め、その都度どう考えて、どう行動するかが大事です。

 

 

ホストファミリーがはずれだと
よく言ってくる人たちがいるのですが

 

 

よくよく聞いてみると

 

 

・シャワーが全然出ない、シャワーの時間が短い
・白人ではなく、移民の方だった
・洗濯が、一週間に一回しかない
・ご飯がおいしくない
・ホストファミリーが冷たい

 

 

こういったことは、単に本人の勝手な期待からそれたからはずれといっているだけです

 

 

ホストファミリーに問題があるわけではありません

 

 

シャワーや、洗濯への制限に関しては、その国が日本よりも、水という貴重な資源を大切にしているから

 

 

ご飯は、その国の人たちが好む家庭料理

 

 

ホストファミリーが全然関われないないなら、自分自身がどうやったら仲良く馴れるか考えてアプローチしまくる
(ぼくは、今のホストファミリーの食器洗いをおせっかいにも手伝わしてもらって、無理やり一緒にいる時間を作ったりしています)

 

 

ホストファミリーと一緒にすむのは、ホテルよりもだいぶ値段は高くつきます。

 

 

なぜなら、その国を知ることができる、一番の手段をお金を払えば使えるからです。

 

 

留学の本質は、その国の文化を学び、自分に取り入れて、新たな自分を発見することだと思います。

だからこそ、その国の暮らしには最低限の敬意を払い、“違い”に対して寛容になることが重要ですね!!

 

 

 

 

 

*宇野ちゃん(宇野 魁人)

大学生1回生の時に、ALTへの恋がきっかけという、粋な理由から英語を本気で勉強。

京都駅、観光地、様々なところで外国人をガイドし、そんなワイルドな勉強法が認められ、外務省主催のプロジェクトに参加し、アメリカへ渡る。

さらなる、英語力の飛躍を求め、フィリピンの山奥、日本人の誰もいないド田舎、アイルランドへ2カ国留学。

帰国後は、ベトナムでのビジネスコンテストに出場し最優秀賞を獲得、

トビタテ留学JAPAN7期としての選抜、フリーでTOEIC900点講師としても活躍。

現在では、教育業界で注目を集めるEdtecを利用した英語講師として、アメリカの学者とともにオンライン英会話教室の運営に携わっている。

18年春から、銀座で未来のグローバル教育に向けたコンサルタントとして教育系大手企業に新卒入社。

生粋の英語好き、様々な留学スタイルを経験してきた宇野ちゃんが、留学における英語学習に役立つ情報、また関西人の代表として地中海のおかしなところをどんどんツッコんでいきます。


関連記事

  1. ■婚活ナカダ、カナダで野球観戦■
  2. 留学やワーホリでのお金の持って行き方。みんなは私のようにヘマしな…
  3. カナダのビザ事情。留学やワーホリ後、どんなビザが取れる?
  4. ナースのギリホリ留学 〜バンクーバーの事件〜
  5. マルタ留学〜関連事務局〜
  6. ナースのギリホリ留学 〜go!go!イタリア!!再会編〜
  7. Got to Montreal!モントリオールに到着!
  8. 世界一周体験記〜本場のセントパトリックスデーはやっぱりすごかった…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダに住む人々の性格・特徴

こんにちは!Tomoです!こないだ、本当に久しぶりにプールに行き、また水泳の…

【エストニア入国】ヘルシンキからタリンへ行くフェリーが豪華すぎ!!

やっと!!やっっっっっっっと!!!!物価お化け…

PAGE TOP