その他

コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜マルチーノイングリッシュの真実〜

英語と言ったら、映画でよく聞くアメリカ英語が想像されがちですが、世界には多様な英語があります。

 

 

例えば、定番でいうとイギリスで使われるブリティッシュイングリッシュ、とは全然違います。

 

 

ハリポッターの英語が聞き取りにくいと思ったら、ブリティッシュイングリッシュに慣れていないということです。

 

 

そして、ぼくが二年前に滞在していた、アイルランドでは“アイリッシュイングリッシュ”という、独自の英語が話されています。

 

 

オーストラリアも、ニュージーランドも

 

 

国ごとによって、まったく英語の音は違うんですね。

 

 

ぼくがいるマルタでは

 

 

マルチーノイングリッシュ”という、マルタの英語が話されています。

 

 

どんな英語なのかというと

 

 

イタリア語訛りの英語

ような感じ。

 

 

あまりうまく表現できませんが  笑

正直、かなり聞き取りやすいです!!!!

 

 

アメリカやアイルランドと違って、比較的ゆっくり話しているように聞こえるし、とにかく一つ一つのアクセントに抑揚があって、とってもクリアーです!!

 

 

また、マルタは世界中から人が集まっているので、

 

 

様々な英語を一度に学べるということが、

 

 

語学学校はもちろん、店の店員の人や、屋台の人は、大概他の国からきている方です。

 

 

例えば、ぼくが学校の通勤で毎日買う、フレッシュジュースを販売しているお姉さん

 

チリ出身で、アメリカで幼少期を過ごしたそう。

 

すんごく聞きやすい、アメリカ英語で話してくれます。

 

また、ぼくのよくいく、ホストファミリーの家から歩いてい2分のところにあるU Bistroというお店の店員は、アイルランド人。

なつかしい、抑揚のないすばらしく早い英語でしゃべってくれます 笑

 

 

このように語学学校だけじゃなくて、そこから中で多様なネイティヴ英語が練習できる!!!

 

よく、他の国に留学に行った人からは

”ネイティヴの友達が作れなくて、なかなか英語が上達しない”

 

との声が寄せられますが、この前の記事でも書いた通り

 

本当に1日でネイティヴの友達ができちゃいます。笑

 

そして、もちろん語学学校は非常にインターナショナルな環境です。

 

僕のクラスは

日本、トルコ、ロシア、ドイツ、スペイン、イタリア、と非常にバラエティー豊かな英語が飛び交ってます。

 

このように、マルタ留学の一つの主要な強みは

 

non-nativeの多様な英語だけでなく、

いろんなnative英語も毎日学べる

 

ことです。

 

 

”いや、でもなぜそもそも、いろんな英語を勉強しなあかんねん、逆に混乱してしまうわ”

 

 

と、思うかもしれませんが

 

 

今後、求められる英語のスキルだからだと思うんですね。

 

アメリカ英語だけ聞けて、話せても、正直まったく意味がありません。

 

 

例えば、僕がアイルランドに留学に行く前、必死にアメリカ英語のリスニングを勉強したのですが

 

現地のアイリッシュイングリッシュには歯が立ちませんでした。

 

また、ベトナムで幸運なことに

 

デンマーク人とベトナム人とお仕事をさせてもらう機会があったのですが、

 

 

ここでも最初は本当に聞き取るのに一苦労

 

 

留学帰りで、英語にはすごく自信があったのですが、なかなかうまくできませんでした。

 

 

 

僕たち、日本人にとっては、アメリカ英語がスタンダードになっていますが

 

世界にでてみたら、国によって英語は変わります

 

 

オーストラリアは、オージーイングリッシュ

イギリスは、ブリティッシュイングリッシュ

シンガポールは、シングリッシュ

マルタは、マルチーノイングリッシュ

 

人間の個性とおんなじように

 

英語も国によって個性があります。

 

その一つ一つ一つの個性に対応できるような”インターナショナルイングリッシュ

 

これこそが、最も留学中に鍛えるべき分野だと思います。

 

そして、それを学べる国こそが、マルタ共和国なのではないかと思う!!!

 

 

 

 

*宇野ちゃん(宇野 魁人)

大学生1回生の時に、ALTへの恋がきっかけという、粋な理由から英語を本気で勉強。

京都駅、観光地、様々なところで外国人をガイドし、そんなワイルドな勉強法が認められ、外務省主催のプロジェクトに参加し、アメリカへ渡る。

さらなる、英語力の飛躍を求め、フィリピンの山奥、日本人の誰もいないド田舎、アイルランドへ2カ国留学。

帰国後は、ベトナムでのビジネスコンテストに出場し最優秀賞を獲得、

トビタテ留学JAPAN7期としての選抜、フリーでTOEIC900点講師としても活躍。

現在では、教育業界で注目を集めるEdtecを利用した英語講師として、アメリカの学者とともにオンライン英会話教室の運営に携わっている。

18年春から、銀座で未来のグローバル教育に向けたコンサルタントとして教育系大手企業に新卒入社。

生粋の英語好き、様々な留学スタイルを経験してきた宇野ちゃんが、留学における英語学習に役立つ情報、また関西人の代表として地中海のおかしなところをどんどんツッコんでいきます。


関連記事

  1. ナースのアラサー留学 〜go!go!Portugal!!前泊編〜…
  2. ナースのギリホリ留学 〜PPSナンバー〜
  3. ギネスビールの秘密
  4. One Project応募のきっかけ
  5. アメリカ留学の楽しみ~イベント編~
  6. Loopが考える【エージェントを選ぶための注意点】
  7. ハワイのサメ 【気になる】ハワイでサメに捕食される確率は何%?
  8. オーストラリア留学〜蝋人形館マダムタッソー・シドニー〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダに住む人々の性格・特徴

こんにちは!Tomoです!こないだ、本当に久しぶりにプールに行き、また水泳の…

【エストニア入国】ヘルシンキからタリンへ行くフェリーが豪華すぎ!!

やっと!!やっっっっっっっと!!!!物価お化け…

PAGE TOP