IELS

コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜地中海の通学路と日本とは真逆のマルタの国民性〜

2日目は, クラス分けテストのため7:30に学校にはつかなくてはいけず、早めに起床。

 

 

 

ホストファミリーもぼくのためにはやく起きてくれて、学校までの道を教えてくれます。

 

 

歩いて、約25分ほどの場所に、ぼくがいく学校はあるみたい。

 

すぐさま準備をして出発。

 

 

 

 

朝のマルタ。

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ綺麗。

 

 

 

 

これが通学路というのは、なんとも贅沢。

 

 

 

しかも、日本のように湿度は高くないので、気温は高いが、風もいい感じに吹いていて、本当に居心地がいい!!!

 

 

 

ぼくは、アイルランドにも留学に行っていたのですが、寒くて、雨がよく降って、晴れの日が少ない環境でした。

 

 

 

1日目ではありますが、この経験もあって、過ごしやすさ抜群です!!!

 

 

 

しかし、見事に道に迷い、7:30がっつりすぎてしまう。

 

 

そこで、迷っていたら、同じく迷っていたドイツ人の生徒たちと交流。

 

 

ドイツ人は、日本人とひじょうに考え方が似ていて、時間にはかなり厳しい。

 

 

三人とも汗を流しながら、必死になって探しました。

 

 

こういうと突然の出会いですんごい仲良くなれるんですよね。

 

 

 

学校のスタッフが立っていたので、なんとか学校に到着。

 

 

1日目は、placement test(レベル分けテスト)で、軽い文法のテストと面接を受けます。
(レベルとしては、高校でやるような文法の4択問題、面接は“趣味や地元のこと”など、シンプルな問題に答えるだけです。)

なんとか、一番上のクラスの一つ下、Upper-intermidiateに。
(授業の特徴などは次回に書きます)

 

 

 

授業の時間割が渡され、僕の授業は基本的に午後からということがわかりました。

 

 

 

その間に、必要なものを買い出しへ。

 

 

 

いったのですが、もう迷う迷う。

 

 

特に、ホストファミリーの家へ帰る時が一番迷いました。

 

 

 

しかし、この迷ったおかげで、マルタ人の国民性に触れる機会にもなったんですね。

 

 

マルタ人の性格は、“非常に親切ですが、適当”

 

 

 

道を歩いていて、目を合わせれば必ず笑顔で返してくれる。

 

 

 

また、道を尋ねるとほとんどの人がある程度までついてきてくれて案内してくれる。
(マルタ人は、おしゃべりも大好きなのですので、案内してくれる時もひたすら喋りまくれます)

 

 

 

しかし、何度も違う道を案内されて逆に迷わされました。笑

あの人たち、絶対にしゃべりたかっただけやなーーー

 

 

 

そして、驚くのはそれだけじゃなく、急に話しかけられることも何度かありました。

 

 

 

例えば、道にすれ違うおばあさんに声をかけられる。

「あなたは留学生かい?いいかい、スリには絶対気をつけなさい。マルタは昔とは変わったよ。。。。。。。」

急に昔のマルタのことを30分くらい語り出したり

 

 

 

 

またまた、夜に学校のwelcome partyがあり、23時くらいに帰り道を一人で歩いていたら、若い女性の方が、どこからきたの?

 

 

と声をかけてくれて、年齢も近かったからこそ話もめちゃくちゃ盛り上がりました。

 

 

クラウディアという方で、フィンランドからマルタにきて、1年たつのだそうです。そして、おもしろいことに ITベンチャーでばりばり働くビジネスウーマンの方でした!!

 

 

 

「マルタに来てから、自分の人生は変わったの。
フィンランドの国民性とは真逆だからね。
ここは、世界中から人が来ているから、人も適当だから、本当になんでも受け入れられるのよ。」

 

 

と、マルタのぼくがまだ知らない側面をたくさん語ってくれました。

マルタ、いろんな可能性を持っている国やなーーー

 

 

 

とまあこのように、マルタの人たちは、非常にフレンドリーです。

 

 

 

よく、留学先で、“ネイティヴの友達ができずに困っている”と聞きますが

 

 

 

ここマルタでは、1日でネイティヴと友達になれます。笑

 

 

 

英語力もそら伸びるわ、と思いました。

 

 

 

また、みんな自分の好きなことばっかり話します。

 

 

日本のように

 

 

「今、これ言わないほうがいいかな」っていう変なプレッシャーをまったく感じません。

 

 

自分探しの旅にも、このマルタは最高の国かもしれません。

 

 

ぜひ、この最高通学路と、最高の国民性に触れに、マルタへ来てください!

 

*宇野ちゃん(宇野 魁人)

大学生1回生の時に、ALTへの恋がきっかけという、粋な理由から英語を本気で勉強。

京都駅、観光地、様々なところで外国人をガイドし、そんなワイルドな勉強法が認められ、外務省主催のプロジェクトに参加し、アメリカへ渡る。

さらなる、英語力の飛躍を求め、フィリピンの山奥、日本人の誰もいないド田舎、アイルランドへ2カ国留学。

帰国後は、ベトナムでのビジネスコンテストに出場し最優秀賞を獲得、

トビタテ留学JAPAN7期としての選抜、フリーでTOEIC900点講師としても活躍。

現在では、教育業界で注目を集めるEdtecを利用した英語講師として、アメリカの学者とともにオンライン英会話教室の運営に携わっている。

18年春から、銀座で未来のグローバル教育に向けたコンサルタントとして教育系大手企業に新卒入社。

生粋の英語好き、様々な留学スタイルを経験してきた宇野ちゃんが、留学における英語学習に役立つ情報、また関西人の代表として地中海のおかしなところをどんどんツッコんでいきます。

 

 


関連記事

  1. アイルランド留学体験記③授業開始!え・・・公園!?
  2. アメリカ留学〜ピザ〜
  3. 笑顔で心も身体も健康に!!
  4. フィリピンで病院に行く〜フィリピン・アイルランド2カ国留学〜
  5. ナースのギリホリ留学 〜ダブリンでの家探しpart 3〜
  6. インドネシア男児×USA美女 ~日本人もまけるな!お似合いな国際…
  7. 留学2週間前!モチベがアップした出逢い。
  8. ヨーロッパの学生が多い!!という特徴の本当のメリット

ピックアップ記事

  1. ハワイのバス

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

カナダに住む人々の性格・特徴

こんにちは!Tomoです!こないだ、本当に久しぶりにプールに行き、また水泳の…

【エストニア入国】ヘルシンキからタリンへ行くフェリーが豪華すぎ!!

やっと!!やっっっっっっっと!!!!物価お化け…

PAGE TOP