アイルランド留学

ナースのアラサー留学 〜仕事のスタンス〜

こんにちは!声をロストしたMihoです!!

 

2年に1回くらいの頻度で、全く声が出ない状態まで声が枯れる現象が起こります。
体調悪いのに騒ぎすぎて、なので自業自得なんですけどね (^^;;
出かけたいけど声帯の安静を保つために部屋にこもり、ブログ書く (T ^ T)

 

前回の差別編、閲覧ありがとうございました!
正直これについては、書くのをめちゃためらいました。
留学のすばらしさをお伝えするためのブログなのに、
マイナスなところを書いて尻込みさせてどうする...

けど毎日楽しいよ!!!

さて、今回ですが...
なに書こうかめちゃ悩んだのですが、

仕事のこと書こうと思います。

 

まぁ〜〜〜とりあえず、テキトーですね。笑

そしてみんながみんな主張が激しい。
人の意見なんて聞かない。
みんな同時にしゃべる。

サンドイッチ屋なので、サンドイッチに関しては、
それぞれのメニューにチャートがあり、
どの順番でどれをどれだけのせていく
ということはきまっているのですが、

みんな慣れてくるとほぼ無視 笑

なので、
人によって具が多かったり少なかったり
ってことが起きるわけです。

ある日、あきらかに2倍以上の具を乗せてい作っていた同僚に聞いてみると、
「だって彼、すてきじゃない〜〜〜。」
あ、そ。笑
試しに、
「例えば、あなたは毎回すごく多く具を乗っけて作ってるけど、毎回そのお客さんのサンドイッチをあなたが作るわけじゃないじゃん、次の時に作った人のが正しいチャートなのにお客さんに『具が少ない』って言われたりしちゃうかもじゃん。チャートに沿って作ろうとは思わないの?」
と聞いてみました。
すると、
「なに言ってんのMiho、あの人はそんな文句言わないよ〜〜」

知らねーし 笑
ってかあなたも知らんでしょうよその人のパーソナリティ 笑
ってかそもそもその人だけの話してるわけじゃないんですけど...

こりゃダメだと思い、諦めました (^^;;

このチャートの件については、
わたしはいつもいつもチャートに忠実に作っていたら、ある日、
スーパーバイザーが
「No.NO.NO.こうじゃなくてこう!!いつもそうして!!」と言われ、
仕方なくその方法で作っていたら、
本部監査の時にヘッドオフィスから来た指導員から全員の前でダメ出し。
そのスーパーバイザーはいつも言うことが違っており、
それで何回も衝突しました (^^;;

 

あとは大体みんな、
自分が好きな仕事しかしないし、基本人を手伝ったりしません。
メンバーによりますが、お客さんが来ても奥でしゃべっていて出てこない時すらあります。

メンバーシップがあるようで、無い...

会話しているときは楽しいんですが、
看護師というスーパーシビアな職業環境で教育されてきたわたしにとっては全てが適当に見えてしまいます。

 

そして基本、古いものから先に消費
観念が薄い.....
例えばポテチなんかを品だしする時、
残ってるものを手前に持ってきて、
新しく補充するものは後ろに...
っていう観念がほぼない.....
なので、配達されてきた飲み物のケースや、
チキンやハムのパックも、
どんどん手前に補充。

見てられません。

ベーグルをコンテナに補充するときも、
いつも同じ場所に同じ数だけ充填すればいいのに、
みんな自分が好きな配置で好きな数だけ充填するもんだから、
新しい古いがごっちゃごちゃになり、
「ベーグルが固い」
というクレームに。

しまいにゃ、
一回に補充したベーグルを全種類売り切るまで補充しない
っていうルールになりました 笑
なので6種類あるベーグルが、
1日の終わりには2種類とかになっちゃって、
お客さんにお断りする事態に。あせ

なーんか、もう、

効率わりーなー

感がすごい。

 

看護学校を卒業して、仕事に就いてから一番がなくやっている仕事は看護師なので、
看護師としての動きが身に付きすぎているってのもあるかもしれません。
看護師は、一人の患者さんだけを見ているのではなく、
同時に何人もの患者さんを看なければならない場合が多く、
それぞれの患者さんの病気から予定から治療から清潔の介助まで、
一分もムダにできない過密なスケジュールで働いています。
この回り方の途中でこれを準備してこの人のところに行った後にその人のところに行った時には点滴が終わっていて、次に検査があるから次の人のところに行く途中にあっちの人の指示を確認して.....
が働いてる間中ずっと。
その教育をずっとずっと受けていれば、
ものすっっっごい効率的な人間の出来上がり。

さらに自分の仕事が終わったってみんなに声かけて終わってない人のお手伝いをするオマケ付き。

ちょっと疑問に思うことも多いけど、
とりあえず今の日本の看護はそんな感じに回っています。

比べる対象があまりにも違いすぎますが、
ダブリンの、サンドイッチ屋の、多国籍の環境では、
いろんな人がいて当然。

なるべく目立たないように、
しかし主張すべきところはしっかりと、
ダブリンの世を渡っていきたいと思っています。

 

上のエピソードはほんの一部 笑

すごいストレスに感じることも多いけど、
仕事があることがただただありがたいので、
しっかりやっていきたいと思います。


関連記事

  1. ◆婚活ナカダ、カナダでヨガ+英語◆
  2. ヲタクOne(8)シンプルにCNE1寮を紹介と、球技神経ない芸人…
  3. 英会話超初心者!の私がよく使う英語フレーズ5選!
  4. 【ずぼらワセジョのキラキラ(?)フランス留学】Vol.12 オラ…
  5. royal tyrrell museum カナダ留学〜ロイヤルティレル古生物博物館〜
  6. TESOL留学〜打倒IELTS6.5〜CNSⅡを覗いてみた〜
  7. 「ありがとう」を2万5000回言ってみた!!
  8. ナースのギリホリ留学 〜外国人登録編part 1〜

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学GEAR

おすすめ記事

夕陽を見ながらVenice beachでビール

金曜日は午前中に学校が終わったので、友達とベニスビーチまで行ってきました ;-) 💕シトラスカ…

日本の3倍の大きさ!cheesecake factory!

月曜日はチーズケーキファクトリーへ行ってきました :-D 💕チーズケーキの種類はメニュー表2ペ…

PAGE TOP