アイルランド留学

ナースのアラサー留学 〜日本人のお仕事〜

こんにちは!ダブリンはどんどん日が短くなって、長い冬の訪れに憂鬱気味なMihoです!!

 

前回の2度の入国審査突破編、閲覧ありがとうございます!!
イミグレーションで交わす会話もだいぶ慣れては来ましたが、やはり聞き返すことはまだまだ多いです。

勉強、がんばろ。

 

さてそんな意気込みをみせる今回は、
みなさんが気になるトピックでしょう、お仕事について。

 

以前もブログで書いたことがありますが、
参照URL →http://ryugaku-gear.com/whatdoidorecently/

わたしは仕事を探し始めて1ヶ月
web20くらい、直接10くらい、履歴書を配ったところで、去年の11月末に採用されました。

シティセンターど真ん中のショッピングセンター内にある、デリ形式のサンドイッチとコーヒーを提供するお店。


仕事始めたころのブログ読み返してみると、
その時の不安がよみがえって胃が痛いです (^^;;

今はもちろん仕事にも慣れ、開店準備からレジ閉めまで、覚えなければならない仕事のほとんどを覚えることができ、毎日それをこなしています。

Instagramなどで頂く質問に、
アイルランドでの日本人ワーホリ、どのくらいの人が仕事見つけられてるのかな?!
というものがよくあります。

わたしはエージェント勤務でないため、実際のパーセンテージは分かりません。
ですが、わたし個人がこちらで知り合いになった日本人の(人づてに聞いたもの含む)印象は...

 

ほとんどみんななにかしらの仕事に就いてます。

 

そのバリエーションは、
日本食レストランのホール・レジ・キッチン・ディッシュウォッシャー
ホテルバイキングのホール
イタリアンレストランのキッチン
韓国料理レストランのホール
語学学校の有給インターン
おしゃれ雑貨屋のカフェセクション(これはわたしが履歴書を出しにいった時、そのカフェで受け取ってくれたのが日本人でした)

日本人の友達数人しかいないのでかなりバリエーション少ないですが、
学生ビザとワーホリビザを保有しているみんなはだいたい同じ感じで働いています。

しかし、
仕事が見つからず、ビザ期日だいぶ前に帰国した例も少なくないようです。(伝え聞いた話)
厳しい現実。

 

上記の働き口で働いているみんなの英語力は、だいたい似たような感じで、

来た当初Pre-Intermediateで学校に通いIntermediateで卒業

来た当初Intermediateで学校に通いUpper-Intermediateで卒業

パターンが多いと思います。

中には全く語学学校に通わなかった友達もいますが.....スゴイ。

しかーーーーーし!!!

問題は英語力だけではないのです!!!
ここが今回のキモ。

まず、
アイルランドではアジアの国々の知名度がものっすごく低くて、「日本人の評判」がありません。

見た目で言えば、みんな中国人と思っています。

アメリカやカナダでは、現地で活躍している日本人も多く、
「日本人はまじめで勤勉、お金をごまかしたりしない」
という良い評判が存在し、
「ぜひ日本人を雇いたい」という意見もよく耳にしました。

しかし、アイルランドではそのようなアドバンテージは存在しません。

世界中でいいイメージを持たれていることの多い日本人ですが、それが通用しないのは残念です。

そしてもうひとつ、
採用が決まって働き始めても安心はできません。

バイトとはいえ、すぐにやめさせられます。

わたしが今のお店で働き始めて、覚えているだけでも
9
やめさせられてます。

理由は至極まっとうな理由なんですが.....
仕事が覚えられない
容量が悪い
一つのことに集中しすぎて周りが見えておらず他の人の仕事が増える
チームワークが保てない
お客さんの英語が理解できない
シフトが入っているのに来ない
遅刻が多い
お皿集めやキッチンの仕事はできるけどお客さんの前に出ることに恐怖心がありサンドイッチ業務ができない
などなどなどなどなどなど

 

日本なら根気づよく注意して(または今の時代守ってあげて)
仕事ができるように育てていきそうな風潮ですが、

こちらは
ばっさり。

実際なんて言われてるかは知りませんが、マネージャーから「次のシフトから来ないでいいです」という感じのことを伝えられているみたいです。

シフトは毎週更新なので、
今週言われたら来週はもう無職です。

トライアル(採用前の試用。2、3日期間をとるところが多い模様)で判断されることも多いようです。

このような環境の中、
やめさせられる事態も経験せず、1ヶ月に及ぶ一時帰国も承諾してもらい、同僚とも良好な関係を築いて楽しく騒いで働けているわたしは幸せです。

そんなわたしの経験から、大事なことを2つお伝えしたいと思います。

笑顔でいること

英語で分からないことがあっても、その聞き方がとっさに出てこなくても、
必ず聞き返して自分の解釈が合っているのか確認すること

笑顔でいることは、
自分も相手も嫌な気持ちにならないようにするように。

英語が分からなくても、それを承知で雇ってくれているのだから、怖がらずに聞き返す。
分からないまま、曖昧なままやっていると、その場はよくても
必ずどっかで歪みが生じます。

生じてからでは遅いし、
自分も辛くなってしまいます。

わたしは職場で
”クエスチョンガール”
って呼ばれてるくらい質問します あせ

これからこちらへ来る方、
または今職探しをしている方へ、参考になれば幸いです!

長々失礼しました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました \(^o^)/

また次回もよろしくお願いします おじぎ


関連記事

  1. フィリピン留学〜打倒IELTS6.5〜4ヶ月目終わり〜
  2. ◆カナダでAIKIDO(合気道)を習う◆
  3. TESOL留学!打倒IELTS6.5〜フィリピン到着!〜
  4. 人生最高の瞬間!?世界で一番盛り上がる年越しinタイムズスクエア…
  5. フィリピンで病院に行く〜フィリピン・アイルランド2カ国留学〜
  6. ナースのギリホリ留学 〜仕事探しpart 2〜
  7. TESOL留学!打倒IELTS6.5〜一週目終わり〜
  8. Sanra Monica brewing Works&BJ…

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

婚活看護師ナカダの夢とおすすめの奨学金ブロガー

ナカダ人の皆様、こんにちは。今回は趣向を変えて、ナカダのおすすめブログを紹介します。Tomo…

【ずぼらワセジョのキラキラ(?)フランス留学】Vol.7 Day trip to Albi

最近アルファベットにすっかり抵抗がなくなったちんともです!日本にいる間は、「まぁた英語のメールか…

PAGE TOP