ナースのギリホリ留学 〜こんなことが気になるの?〜

こんにちは!クラスの若者たちのパワーを吸収して生きています、Mihoです!!

若い子と一緒に過ごしてた方が若くいられるってほんとですね。

 

 

プレゼン授業編、閲覧ありがとうございます!

 

され今回はまたまた学校でのお話…

 

日本以外の国籍の友達から、こんなことよく聞かれるよ〜!!!

 

の部分をご紹介。

これからアイルランド、いや世界のどこかに留学しようと思っているみなさん、

 

これらの質問に対する答えを用意しておくと、グリーティングはスムーズにいくこと間違いなし!!!

 

です!

 

 

まず、一番おもしろいな〜と思ったのが、

 

「日本てさ、電車乗るとき人をぎゅうぎゅう押さないと中に入れないってホント?!」

 

ええ〜〜〜!!

 

そうだけどさ。

 

そんなこと知ってんの?! 笑笑笑

 

初めて聞かれた時は大爆笑  😆

 

そんなイメージなんですね ^^;;

 

事実ですが。 ^^;;

 

わたしはその質問に対して、高校生の時に通学で弁当箱と鏡が割れたエピソードを披露。

 

東京に住んでいると当たり前ですが、意識してみるとたしかにあれは異常ですね ^^;;

 

どこでそんな情報を得ているのか謎ですが、この質問はかなりの確率でされます。

 

 

次は、

 

「日本人てなんで床に座るの? Mihoも床に座ってるの?」

 

ええ、ええ。

 

座ってますとも。

 

うちは座卓派ですよ。

 

けどそれをなんで?!!  って聞かれても〜〜〜 (^^;;(^^;;

 

とりあえずわたしはご飯の後すぐ眠たくなるし、眠たくなったらすぐ横になれるように床に座ってますって答えときました 笑

 

日本人玄関で靴脱ぐし、毎日床ピカピカに磨いてるから床めちゃ奇麗だし。と付け加えて。

 

これは文化としか言いようがありませんが、おもしろい答えを用意しておくと盛り上がるでしょう。

 

 

お次は、

 

「日本人ってなんで全員目の色黒いの?」

 

ええ〜〜〜。

 

そんなの知らない!!!笑

 

これに対しては、島国で単一民族であり、違う色の瞳の要素を持つDNAをほとんどの人が持ってないから  と答えてます。

 

そこから、話し相手の国ではどんな瞳の色や髪の毛の色の人が多いか逆に質問してみると会話が弾むと思います。

 

 

次は番外編。

 

「お互いのホームタウンの写真を見せあおう!」

 

という話題になったとき。

 

イタリア人・スペイン人の友達はそれぞれ、信じられないくらいステキな山々や湖、奇麗な森の写真を見せてくれました。

 

わたしはといいますと、我が地元から近からずも遠からず、 三軒茶屋のキャロットタワーからの夜景を見せました。

 

 

みんな目を丸くして、

 

「どこに道があるの?!」

 

そして絶句。

 

 

うら若きヨーロピアン達には、刺激が強すぎたようで… ^^;;

 

 

ほとんどのクラスメイトは日本はおろか、アジアにすら足を踏み入れたことがない若者ばかり。

そんな彼らにはわたしが産まれて初めて関わる日本人。


そんなわたしの話しを聞いて、「ものすごい日本に行ってみたくなったよ!」と口々に言ってくれることがとてもうれしいこの頃です。

 

はじめは、20代を飛び越えて、クラスで唯一の30代かあ〜… {(-_-)}

 

と思うこともありましたが、彼らと同じクラスになれてわたしは幸せです 😳

 

 

ということでよく聞かれる質問、自分が聞かれたらどうやって答えようかな〜なんて想像してみてくださいね \(^o^)/

 

今回も長くなりましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございました!


関連記事

  1. アイルランドワーキングホリデー~Dublin Zoo~
  2. カナダ留学の魅力
  3. クーボ〜フィリピン・アイルランド2カ国留学〜
  4. 引っ越しました!いえーい
  5. 過酷!ミャンマー陸路入国②~ついに入国&ぼったくりに注意!~
  6. アイルランドワーキングホリデー~語学学校終了~
  7. 笑顔で心も身体も健康に!!
  8. フィリピン留学の前に『何もない豊かな島』カオハガン島

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

何で最近皆フィリピン留学すんの???

こんにちは、arianeです。ブログを書くのは、これで二回目ですがまだまだ書くのに慣れず緊張しま…

【スカンジナビア横断5日目】北欧の公園の遊具はこんな感じ〜旅する保育士のToyBlog〜

スカンジナビア横断が始まってから、1日思い荷物持って…

PAGE TOP