アイルランド留学

海外体験記〜『人生の夏休み』〜

Nick Name:Yuさん
場所:アイルランド
目的:大学留学

日本人がほとんどいないアイルランド。その国での1年間の留学、そしてインターン。英語という言語の違いだけでなく、食生活、気候環境など日本とは大きく異なるこの国でどのような経験を積んだのか。

なぜ留学、なぜアイルランドに行きたいと思ったんですか?


通っていた学部の必修で留学プロがラムがあったんです。そのプログラムでアイルランドへ1年間(交換留学9ヶ月、インターン3ヶ月)行きました。実際プログラムの期間は1年よりも短いのですが、インターンなどでより豊富な経験を積みたいと思い、延長して滞在していました。

旅行がとても好きで、1カ所にずっといるのではなく、他の国にも行きやすい国がいいと思っていました。そうして探してみると、世界最大のLCC、Ryan airの拠点がダブリン空港であり、格安でヨーロッパの各都市に行けることを知ったのが最大の決め手でした。また、日本人が少ない英語圏かつその国の首都に行きたかったこと、当時の知識では一番イメージがわかない国がアイルランドだったため、どんな国なのか見てみたいと思いました。

実際に行ってみてどうでしたか?

一言で言うと「北海道みたい」というのが感想です。1日のうちでも天気の変化が激しいのが特徴で、青空が見えたと思ったらそのあとすぐに雨が降ってくるなんてこともあります。

アイルランドはバス社会なので、時間通りにいかないことも多いです。そのため時計に依拠しない生活になり、のびのび暮らすことができました。

アイルランドの人々はお酒が本当に大好きで、酔っぱらうととても話しかけてきて一緒に盛り上がります。ダブリンの中心街は路上ミュージシャンが多いため音楽に溢れているし、緑や花が多いから天気がいいととても気持ちがいいです。

ちなみに、LCCは本当に安くて(LCCが故の不便さもあったけど)、大活躍でした。最初こそなかなか発言できなかったのですが、徐々にそれにも慣れてきて、議論に参加できるようになってから、どんな時でも自分の考えを伝えることの大切さを理解することができました。

イメージと違ったところはありましたか?

アイリッシュ=陽気な人というイメージで語られることが多いですが、いわゆるラテン系の国のような陽気さとは異なっていました。何が違うかというと、アイリッシュは日本人と感覚が近く、内・外の意識が強いため、一度友達になればとても陽気に接してくれるのですが、初対面や一期一会のシーンではこちらから積極的にコミュニケーションを取った方がいいと思います。

悩んでいる人に一言


なんでアイルランドなのか、せっかくアイルランドという少し変わった選択をして、そこで何がしたいのか明確にしてから行かないとなにも得られません。珍しい選択を存分に活かせるよう、目的意識は一貫することをおすすめしたいです。


関連記事

  1. Language school-SEDA
  2. ナースのギリホリ留学 〜go!go!マレーシア!!KL編〜
  3. ナースのギリホリ留学 〜仕事探しpart 1〜
  4. アイルランド留学〜テンプルバー〜
  5. ナースのギリホリ留学 〜go!go!チェコ!!飛行機編〜
  6. 世界一周体験記〜現地の保育士に聞いた!!アイルランドの保育事情ま…
  7. アイルランド留学〜語学学校の国籍割合〜
  8. ナースのギリホリ留学 〜Ennisの音楽祭part 2〜

ピックアップ記事

  1. 海外コンセント、プラグ

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

納豆をカナダ人とメキシコ人とアルゼンチン人に食べさせてみた。~婚活看護師ナカダのネバネバ編~

ホントはね、JBにお土産で「くさや」を持っていったんだけど、食ってくれないのよね。いや、もう「く…

エストニアの幼稚園、プレイルーム、子ども向け博物館に行ってきた。

エストニアにの滞在予定は3〜4日。その間に子育て…

PAGE TOP