になのアイルランド留学体験談

■名前

黒瀬 仁那

■ニックネーム

にな、ニーナ、にゃお、になせ

■年齢

21歳

アイルランド留学先学校

ATC Language school

アイルランド留学期間

12週間

■なぜアイルランド留学をしようと思ったのか

【英語を習得したい+それを使って生活してみたい】
わたしは横浜市国際学生会館という外国人留学生のための寮に、彼らの生活をサポートする日本人スタッフとして住んでいました。一年間過ごしてみて、言葉という壁を越えて意思が通じたりともに笑ったり、たくさんのかけがえのない瞬間を経験することができたと思います。しかしその一方で、もう一段階先ヘ進むためには、もっとおのれの英語を磨かなければならないと改めて感じました。会館に住めるのは最大2年間であり、「この一年で見つけた課題をクリアするためには修行する必要がある。行くなら今しかない!」と思い、必死で探した結果アイルランドでのワーキングホリデーが決まりました。

【なぜアイルランドでワーキングホリデーなのか???】
実はつい一年前まで奨学金を仕送りだと思っていました。そのくらい、公的手続きや自分の人生の選択肢はいつまでも親が用意してくれるという感覚で、21歳だという自覚もなく過ごしていたのです。そんな自分に喝を入れるべく、「日本人の少ないアイルランドで、自分で履歴書を配り歩き、仕事を得、その十分な収入で生活したい。」と思い、ワーキングホリデーに挑戦しようとしています。

■どんな留学にしていきたいか

いろんなことにチャレンジして理想に向かって努力し続ける留学にする。ここに私が思う最強の困難を二つ詰め込みました。それが「ちょっとした勇気」と「継続」です。誰かと友達になるとき、なにか人にお願いしたいとき、新しいことに挑戦するとき、必要なのは「ちょっとした勇気」ですが、それがとても恐ろしく感じることがあります。(まして英語に自信のない人にとってのそれはなおさら)
また、目標に向かって行動するときに最も難しいのが「継続」だと思います。「果たして効果はあるのか。なぜこんなことをしなければならないのか。」など、いろんな言い訳を見つけて辞めてしまいがちです。しかし私の場合、ワーキングホリデーは有限です。つまり、どんな苦難が待っていようとも、終わりの日になればすべて終わってしまうのです。そこをポジティブに捉えて、限りあるその生活を謳歌し、凱旋したいと思います。


おすすめ記事

オーストラリア留学〜天空の城◯ピュタ?!〜

みなさんこんにちは。この施設は1930年代にスペイン人移民ホゼ・パロネラによって建設されました。…

フィリピン留学〜クーポンタクシーってなに?〜

フィリピンには移動手段として様々な乗り物があります。そんな中で今日はクーポンタクシーについて取り…

【スカンジナビア横断14〜15日目】適当に歩いてたら世界遺産発見。〜旅する保育士のToyBlog〜

初めてのテント泊の感想。最高。…

アメリカ留学奨学金実情 アメリカ留学奨学金事情

Hi Fujiですアメリカと言えば留学先として多くの人が憧れを持つ国の1つですね。それは日本だけ…

イギリス留学〜バッキンガム宮殿〜

Hi Fujiです世界で最も有名な宮殿と言ってもいいレベルの宮殿がイギリスのロンドンにあります。…

ゴープロの奇跡

Edinburghにいると不思議とあれ?佐々木イケメンじゃね?と思えます。街が美しいから。…

アメリカ留学〜トビタテ!留学JAPAN〜

こんにちは。こんばんは。タフです。みなさん、アメリカ留学の際に色んな奨学金の仕組みがあることをご…

ブログ奨学金留学ギア

アーカイブ

PAGE TOP