ナースのギリホリ留学 〜go!go!イギリス!!生活編〜

こんにちは!きゅっと絞ったロンドン生活エンジョイしてます、Mihoです!

観光編の写真、お楽しみ頂けたでしょうか。

毎回、閲覧ありがとうございます!

こんな友達が読んでくれているのかな〜、あの人も読んでくれているのかな〜と、わたしも妄想するのが密かに楽しいです 😳

 

 

前回はロンドンの街並や公園など、観光を楽しんだ回だったのですが、今回は生活編。

 

友達の部屋にステイしてるって、どうゆうこと?!

どんな生活してるの?!

 

の部分です。

 

 

以前のブログにも書きましたが、今回はありがたいことに

 

カナダでできたスイス女子友達のドイツ男子友達に日本で初めて会ってイギリスのシェアハウスに泊まらせてもらった

 

という経緯です。

 

彼は学生です。

当然シェアメイトもいます。

フランス女子、スイス女子、スイス男子のシェアメイトと友達になることができました 🙂


この環境、アイルランド留学本番前からかなりの勉強になるシチュエーションです。

 

 

海外旅行ではなくて、ある程度の期間そこで生活することは本当に自分の視野を広げます!

 

Let’s broaden your horizons !!!!
(視野を広げよう)

 

そして彼らはロンドンで学校に通い、生活をしているので当然いろいろなコミュニティーを持っています。

 

全くのぼっち旅であるわたしを、いろいろなアクティビティに誘ってくれます♡

 

例えば…

EURO2016


準決勝、決勝をパブで一緒に観戦⚽️

パブは毎回パンパン🇫🇷 🇩🇪  🇬🇧   🇮🇪


一緒にピクニック


お家の庭でBBQ!!!


もちろん、日本人は一人もいません。
しかもやや人見知り気味なわたし…

 

毎回どきどきです 笑

 

BBQでは前菜に、鶏のてりやきを作ってみました。


日本人のいないシェアハウスには、もちろんみりんや料理酒などないので、しょうゆと砂糖とはちみつだけの簡単なものですが ^^;

 

日本に行ったことがない友達ばかりだったので、かなり心配でしたが

 

てりやきは万国のみなさまに受け入れ好評でした\(^o^)/

 

 

と、こんな感じに暖かく受け入れてくれて、楽しい時間を過ごすことができたわけですが…

 

 

やはり感じる英語の壁 (T ^ T)

 

 

普段、シェアメイトと1対1で話している時は、相手もこちらのレベルを知っているし、ゆっくりはっきりと、難しい表現は避けて話してくれているので、おおかた理解できます。

 

しかし、それが大人数が集まり…

しかも初対面ともなると…

 

相手はもちろんわたしが当然、問題ないくらいのコミュニケーションがとれると思い普段通りの会話をしてきてくれる訳なんですが,,,

 

全然わかりません、ハイ。

 

授業で先生の言っていることを聞く状況ではなく、若者たちが集まって楽しくチャッティングしている会話です。

 

ほーーーーんとに聞き取れないことが多い (T ^ T)

 

 

日本でなら、大声で友達と大爆笑して楽しむことが多いわたしですが、

 

そんな場面を知っている友達はこんなわたしを想像できないでしょうというくらい静かな姿 🙁

 

 

悔しいです。

 

 

自分の思っていることを表現できない悔しさ。

 

 

この思いを胸に、留学生活を送っていこうと再決心させられました。

 

 

 

とまあ、悔しいながらも楽しいロンドン生活の中で生きた英語を話す聞くことができ、留学前のいい刺激になりました!!!

 

 

今回も長々失礼しました。

 

次回は,たまにはナースっぽいことを…💉

 

おもしろい博物館に行ってきたのでその話をしたいと思います!


関連記事

  1. 夏だ!ビーチ!へ セブからGO!
  2. 世界一周体験記〜日本人初潜入!?アイルランドでたった1つの森の中…
  3. アイルランドワーキングホリデー~海外に住んでいて一番辛いこと~
  4. アイルランドワーキングホリデー~到着~
  5. アロハシャツ 【柄まで!?】意外と知られていないハワイの正装、アロハシャツ
  6. ⭐️女子のバックパックの中身大公開⭐️
  7. セブで友達がスラれました(セブ情報
  8. Trinity college

ピックアップ記事

ブログ奨学金留学ギア

おすすめ記事

何で最近皆フィリピン留学すんの???

こんにちは、arianeです。ブログを書くのは、これで二回目ですがまだまだ書くのに慣れず緊張しま…

【スカンジナビア横断5日目】北欧の公園の遊具はこんな感じ〜旅する保育士のToyBlog〜

スカンジナビア横断が始まってから、1日思い荷物持って…

PAGE TOP